今年もよろしくお願いします。頑張って月日に追いつきま~す(笑)


by rm1015

プロフィールを見る
画像一覧

S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31

カテゴリ

全体
洋画 [あ~お]
洋画 [か~こ]
洋画 [さ~そ]
洋画 [た~と]
洋画 [な~の]
洋画 [は~ほ]
洋画 [ま~も]
洋画 [や~よ]
洋画 [ら~ろ]
洋画 [わ~]
映画 [アジア系]
邦画 [あ~こ]
邦画 [さ~と]
邦画 [な~ほ]
邦画 [ま~よ]
邦画 [ら~ ]
[過去の鑑賞記録]
みーのつぶやき

タグ

(131)
(112)
(93)
(74)
(60)
(58)
(50)
(48)
(43)
(41)
(38)
(34)
(29)
(27)
(27)
(26)
(20)
(15)
(12)
(9)

お気に入りブログ

素晴らしき哉映画人生
シネマ親父の“日々是妄言”
samuraiの気になる...
映画の心理プロファイル
Stampede
映画館の暗闇に包まれて
かたすみの映画小屋
のんびり映画日記
☆ Inusukeなブログ ☆
利用価値のない日々の雑学
MY PLAGUE
みいと塁のおっさんな毎日
映画のへや
It's a wonde...
太陽がくれた季節
KIBE.POSSIBL...
記憶の滴
Sweet* Days*...
華鈴 の blog
I'm Gonna Be...

リンク。

ブログパーツ

最新のトラックバック

『ロミオとジュリエット』..
from 【徒然なるままに・・・】
ダブル・ミッション
from piece of life ..
幸せはシャンソニア劇場から
from ただの映画好き日記
きな子〜見習い警察犬の物語〜
from ただの映画好き日記
ソルト
from piece of life ..
バウンティー・ハンター
from piece of life ..
NINE
from ただの映画好き日記
シャーロック・ホームズ
from ただの映画好き日記
それでも恋するバルセロナ
from ただの映画好き日記
ラブリーボーン
from ただの映画好き日記

ライフログ


ALWAYS 三丁目の夕日 豪華版


三丁目の夕日


パイレーツ・オブ・カリビアン デッドマンズ・チェスト スペシャル・エディション


パイレーツ・オブ・カリビアン 呪われた海賊たち コレクターズ・エディション


Shall we Dance ?(初回限定版)


フットルース


サウンド・オブ・ミュージック プレミアム・エディション


インファナル・アフェア 限定デラックス DVD-BOX


雨に唄えば


いぬのえいが プレミアム・エディション


スウィングガールズ スタンダード・エディション


十二人の怒れる男


天使にラブ・ソングを 2


パッチ・アダムス ― コレクターズ・エディション


スティング


大脱走


ミスタア・ロバーツ 特別版


絹の靴下 特別版


情婦


私を野球につれてって


第十七捕虜収容所


バンド・ワゴン 特別版

以前の記事

2012年 02月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 07月
2010年 06月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 03月
2010年 02月
2010年 01月
2009年 12月
2009年 11月
2009年 10月
2009年 09月
2009年 08月
2009年 07月
2009年 06月
2009年 05月
2009年 04月
2009年 03月
2009年 02月
2009年 01月
2007年 11月
2007年 10月
2007年 09月
2007年 08月
2007年 07月
2007年 06月
2007年 05月
2007年 04月
2007年 03月
2007年 02月
2007年 01月
2006年 12月
2006年 11月
2006年 10月
2006年 09月
2006年 08月
2006年 07月
2006年 06月
2006年 05月
2006年 04月
2006年 03月
2006年 02月
2006年 01月
2005年 12月
2005年 11月
2005年 10月
2005年 09月
2005年 08月
2005年 07月
2005年 06月
2005年 05月
2005年 04月
2005年 03月
2005年 02月
2005年 01月

検索

人気ジャンル

ファン

記事ランキング

ブログジャンル

画像一覧

タグ:戦争 ( 27 ) タグの人気記事

大脱走(午前10時の映画祭)

第二次大戦中、脱出絶対不可能とうたわれたドイツの捕虜収容所から、連合軍捕虜が大量脱走したという実話の映画化
c0045529_1214962.jpg

大好きなこの映画、映画館の大画面で観ることができる日が来るなんて…
ありがとう、午前10時の映画祭♪♪

マックイーン、これも独房です。
今回は1人ぼっちで独房^^;
「パピヨン」では、隣近所に人がいたV( ̄◆ ̄)V
顔出して「おれ、元気そうか?」って聞いてたけど、これは本当に暗闇で独りぼっち。。。
ポツンと1人で壁に向かってボール投げ。

同じくこれも、どんどんきちゃなく(汚く)なって行く。
なのにかっこいいマックイーン(笑)

そしてこれはオールスター映画とも言えるほどの、豪華な面々。
Jコバーンやブロンソンなんか出てますえ。(なぜ京都弁)
まるで荒野の7人(笑)

スカッと終わらないとこが実話。
かわいそうな人も何人も。

また、バイクのシーンもしびれるほどかっこいい。
男が惚れる男、マックイーンの代表作!
あ、わしはガーナーの方が好みかも(笑)

原題:  『THE GREAT ESCAPE』
監督:  ジョン・スタージェス
キャスト:スティーヴ・マックイーン
     ジェームズ・ガーナー
     リチャード・アッテンボロー

     (by 東宝シネマズ二条 1963年作品)

[PR]
by rm1015 | 2010-09-09 23:19 | 洋画 [た~と]

キャタピラー

赤紙が届き、盛大な見送りとともに戦場へと出征していったシゲ子の夫、久蔵。だが、ほどなくして久蔵は生きてシゲ子のもとへと戻ってきた。ところが、その姿は四肢をなくし、顔が焼けただれたあまりにも無惨なものだった。
c0045529_22331486.jpg

賞を獲った、ということで大いに話題になってたこの作品、
京都に来たので観てきました。

息をのむというのはこの事ですか…
何だか恐ろしかった…
以前観た「ジョニーは戦場へ行った」を思い出した…

でもこれはちゃんと家に帰ってきて、嫁が世話をする…
ご飯も、下の世話も、あっちも…

戦争中のご帰還ってことで、軍神様と崇められ、
あれやこれや、米や野菜を施されるけど、世話をしなきゃならない嫁はたまったもんじゃない…

周りは好き放題言えるけど、実際その立場になったら…

戦争が終わってからの旦那さんの行動や気持は、わかる気がするけど…

迫真の演技に観入ってしまいました。
賞を獲った寺島しのぶもすごいけど、四肢のない旦那役の大西さんて俳優さん、どんな風に撮影したのかなぁ…(;´Д`A ```

あと、エンドロール前に流れたテーマソング、めっちゃ怖かったんですけど・・・(>_<)

監督:若松孝二
キャスト:寺島しのぶ
     大西信満

     (by 京都シネマ)

[PR]
by rm1015 | 2010-08-24 22:44 | 邦画 [あ~こ]

グリーン・ゾーン

イラク戦争開戦から4週間後の首都・バグダード。アメリカ陸軍のロイ・ミラー上級准尉は混乱の中、イラクが隠し持っているという大量破壊兵器の発見を任され、無政府状態となった街を駆け回っていた。ところが兵器は見つかる気配なし。いら立ちを隠せないミラーだったが・・・
c0045529_15194379.jpg

14日の東宝デー、休めなかったので仕事上がりに観てきた。

難しいのかな~と思ってた。疲れてるし寝るかな~とも・・・。
掴みが入りにくい雰囲気やったから・・。

それに、話始まってすぐに、急に気になりだした仕事のこと^^;
気になりだしたら最後、集中できへん(笑)
あ~・・・それでなくても、ちょっと難しげな話やのに・・・
って思ってたら、だんだんのめり込んで行った(映画にね)

すると今度は、ミラー(マット・デイモン)に指示する上司が
「オシム」に見えてきてしょうがない(笑)

笑いどころはいっこもないのに、そんなことばっかり思えて1人ほくそ笑んでました(笑)

アメリカの悪役、もっと「ギャフン」と言わせてほしかった。
女記者が、もっと活躍するのかと思ってた。

ちょっと肩透かし^^;


原題:  『GREEN ZONE』
監督:  ポール・グリーングラス
キャスト:マット・デイモン
     グレッグ・ギニア
     ブレンダン・グリーソン

    (by 東宝シネマズ二条)

[PR]
by rm1015 | 2010-05-14 15:13 | 洋画 [か~こ]

ハート・ロッカー

死と隣り合わせの日常を生きるアメリカ軍爆発物処理班の男たちの姿を力強く描き出した緊迫の戦争アクション。
c0045529_2358531.jpg

上映開始日がわかったときに、「休みなので10日に観よう」と決めてたのですが、
「プリンセスと魔法のキス」を観た後、「作品賞は『ハート・ロッカー』」という携帯のニュースを発見。
おいおい、混むで、水曜日やで!
というわけで、すぐに座席をGET。
大正解でした。全席完売(笑)

そして予定通り鑑賞。

一言で言うならば・・・

「女性が撮る男の映画」

いや~、女っ気なし(そらそうか^^;)

戦争の恐ろしさを改めて実感。
そんなに昔じゃないのに、ってところが怖いですよね。

しかし、この映画、決して楽しくない。
ま、戦争ですからね・・・。
増して、観てる間の緊張感ときたら・・・^^;

ドドッと疲れが来ます。

何せ、ずっと「え~、爆発するんちゃうん???」って思わせる・・。

何といっても、ほとんど知らない俳優さんなので、
正直誰が主役かわかんない。

だから、よくある映画の「この人は主役やから爆死することはない」
って安心感がないんですよ(笑)

あー、しんどかった(;´Д`A ```

いい映画かも知れないけど、私は「インビクタス」が好きです。

原題: 『THE HURT LOCKER』
監督: キャスリン・ビグロー
キャスト:ジェレミー・レナー
     アンソニー・マッキー
ブライアン・ジェラティ

(by 東宝シネマズ二条)

[PR]
by rm1015 | 2010-03-10 23:54 | 洋画 [は~ほ]

カティンの森

第二次世界大戦中、ソ連の秘密警察によってポーランド軍将校が虐殺された「カティンの森事件」を、ポーランドの巨匠アンジェイ・ワイダ監督が映画化した問題作。
c0045529_023155.jpg

この監督がこの事件でお父様を亡くされているそうです。
最初、この主人公の娘がそうなのかと思っていました。

難しい・・・。
歴史を勉強しないと・・(;´Д`A ```

いろんな家族が出てくるけど、この人がこの人の嫁で、この人がこの人の親友で
この人はこの人とは接点がない・・

とか(笑)

え~っと・・え~っと・・・と考えながら観るのはしんどかった^^;

話自体はわかりやすく作られています。
その点は助かりました。

暗くて重いけど、勉強したらもっともっと深く理解できるような気もします。
勉強してもう一回観たいです。

原題: 『KATYN』
監督: アンジェイ・ワイダ
キャスト:マヤ・オスタシェフスカ
     アルトゥル・ジミイェフスキ


(by 京都シネマ)

[PR]
by rm1015 | 2010-01-14 21:20 | 洋画 [か~こ]

戦場でワルツを

元兵士のアリ・フォルマン監督が、自身の経験を基に製作した自伝的なドキュメンタリー・アニメーション。
c0045529_22103493.jpg

これを観に行く前に、レバノンのことを勉強した方がいいのかも・・・と思ったけど
結局そのまま観に行った・・・。

正直、アニメということで少々見くびってたかも。
結構難しかったし、「自分が経験したことなのに、人の意見で思い出すなんてことがあるのか?」とも思った。
でも、衝撃的すぎて、覚えていたくないことが多すぎて、
記憶が飛んでたってことですね。
監督自身の記憶をたどった物語です。

話を聞いてるうちに、本当に「思い出話」に付き合わされてる自分がいて、
眠くなっちゃったけど、
ちょいちょいと、衝撃的なシーンを挟んでくる。
やっぱりアニメでないとできなかったかな。

この「思い出話」で思い出したことは、「言われたからそんな気がしてきた」だけじゃないのか?とも思えてきたし、
「俺はそこにいたか?」「いたよ」
これだけで、「そうか・・俺もいたんだ」で済む話なのかなぁ・・・。
本当に記憶を取り戻したとは言えないんじゃないのかな・・・

アホな私には難しすぎる^^;

原題『VALS IM BASHIR/WALTZ WITH BASHIR』
監督:アリ・フォルマン


      (by 梅田ガーデンシネマ)

[PR]
by rm1015 | 2009-12-09 22:07 | 洋画 [さ~そ]

縞模様のパジャマの少年

ナチス将校を父親に持つドイツ人少年と強制収容所内のユダヤ人少年との友情と哀しい運命を描いた心揺さぶる人間ドラマ。
c0045529_0114528.jpg


早く言えば「ドイツ人のええとこのボンと、ユダヤ人の少年の禁じられた友情」

哀しかったな・・・。

ダ~っと泣けるってのではなくて、「え?え?え~?そんなぁ(>_<)」って哀しさ・・・。

パパがここに異動にならなかったら・・・
友達にならなかったら・・・
少年がブルーノの家に働かされに来なかったら・・・

だって子供やもん、わからなくても仕方ないよ!

ブルーノがパパたちの映画鑑賞を盗み見した後、キュッと抱きついた時、
胸がキュンとなった・・・
ママがだんだん、お化粧もしなくなり、落ち込んでいく姿に人間性を感じられた。
それにおばあちゃんも、実は反対だったし・・・・。

パパは、もうあの仕事をやめたかな・・・

残虐なシーンはモロには見せないけど、こんな後味悪い映画は数少ないと思います。
「ミスト」も最悪やったけど^^;
でも、見る価値ある作品です。
人間の、戦争の愚かさと哀しさを、ここで訴えてます。

しかし「ワルキューレ」にしろこれにしろ、英語ってのがなぁ・・・^^;


原題:  「THE BOY IN THE STRIPED PYJAMAS」
監督:  マーク・ハーマン
キャスト:エイサ・バターフィールド
      ジャック・スキャンロン
      アンバー・ビーティー

         (by 梅田ガーデンシネマ)


余談ですが。
[PR]
by rm1015 | 2009-09-09 00:01 | 洋画 [さ~そ]

真夏のオリオン

第二次世界大戦末期、アメリカ海軍駆逐艦と日本海軍潜水艦の乗組員たちが過酷な戦況下で戦い抜く姿を描いた戦争ドラマ。
c0045529_01378.jpg

試写会に当たったので、仕事帰りに観てきました。
何回か当たりましたが、久しぶりです。
今回が一番たくさんの入りやったと思われます。

お金出して観るつもりはなかったこの作品、せっかくなので観て来ましたよ。

で・・・・。

ん~・・・
戦争映画っちゅうか、何か戦争時代ってのがあんまり感じられない作品やったな~。
海軍の方って、真夏は半ズボンなんですか?
大人の半ズボンって、今は勝俣かジャルジャルの福徳くんくらしか見ないんですけど~。

ほとんどが潜水艦の中なので、あんまり戦争って感じがしなかったのかな。
緊迫感ってのもあんまり感じなかった。
「ありえないでしょ」的なシーンが多々あったし。
そんなモールス信号送っちゃ場所ばれちゃうでしょ。

日本が作った戦争映画だけあって、アメリカの方も何か日本を悪く言わないねんな~。
絶対ないよね。「誇り高き日本が・・・」なんて(笑)

ま、個人的には玉木宏も北川景子も苦手なので、お金出して観ないつもりだったわけです^^;
よくある「えげつない」シーンはまったくないので、よけい戦争映画っぽくなかったのかも知れないけど
見やすくはありました。
ハーモニカのシーンは、ちょっとジーンときました。

堂珍さんは俳優さんには向いてないと思います。

監督: 篠原哲雄
キャスト:玉木 宏
      北川景子
      堂珍嘉邦

      (by 東宝シネマズ二条)

[PR]
by rm1015 | 2009-06-04 23:51 | 邦画 [ま~よ]

レッドクリフpartⅡ未来への最終決戦

 三国志の有名なエピソードを基に、日本をはじめアジア各国で大ヒットを記録したジョン・ウー監督による
スペクタクル巨編「レッドクリフ」の後編。

c0045529_22305866.jpg

1は、字幕吹き替えと、2回鑑賞。
(吹き替えは、フリーパス期間だったので。お金出すなら1回しか観ない人です^^;)

正直、歴史が苦手です。
三国志も、ゲームさえもわかりません(笑)

でも、この映画は観る前に「少し、三国志を勉強しといたほうがええで~」という声を無視して
無知のまま観た。
「難しいから吹き替えがいいかも」っちゅう声も無視して、一回目は字幕。

さすがに最初は、「あん?誰?これは誰?さっきの人は?」
ってな感じで、金城武の「諸葛孔明」しか覚えられなかった。
「インファナル・アフェア」でお気に入りになったはずのトニーレオンでさえも、
「え~っと。。。。しゅうゆ?」ってな具合(笑)

バカなくせに観たい人なのである。
でも、わからんけど面白かった。
1回目より、2回目のほうが飲み込めたし(当たり前か^^;)
2回目は吹き替えやったから、字幕追わないでよかったし(笑)

でも、今回の「パート2」は、やっぱり俳優の声が聞きたいので字幕。

さて、肝心の感想でありますが・・。

個人的には、「パート1」のほうが面白かった感アリ。

歴史ものなので、結果は読めてるけど、
今回のは、ちょっと「??」ってのが多かった。

尚香はあまりにも無鉄砲すぎる。そんな簡単に潜入できるのか?
友達となった兵士にも・・・「???」

小喬の行動にも「はあ?」いらんことすんなや。邪魔やねん。

曹操にも・・・・^^;黙ってお茶飲みますか(笑)


でも、諸葛孔明はかしこいな~。矢の件は観ながらほくそ笑んでしまいました(笑)
じっと動かず、頭脳勝負。
頭いいって特ね~。
この「赤壁の戦い」のあとも、孔明は生き延びて、確かじいちゃんまで・・・やったんでしょ?

個人的には周瑜。
かっこええな~。
娘は「ゴリに似てる」と言ってましたが(笑)


原題:  『赤壁』 『RED CLIFF: PART II』
監督:  ジョン・ウー
キャスト:トニー・レオン
      金城 武
      チャン・フォンイー

       (by 東宝シネマズなんば)

[PR]
by rm1015 | 2009-04-27 22:26 | 映画 [アジア系]

ワルキューレ

第二次世界大戦時に実際にあったヒトラー暗殺計画を題材に、トム・クルーズが主演を務める戦争サスペンス。
c0045529_039537.jpg


またまたすっかい放置してしまいまして。
ってか、パソコン(いうか、キーボード)のご機嫌があまりよろしくなく・・・。
なんか、まったく書き込めないことがしばしば。。。

っちゅうても、いろいろばたばたして、立ち上げない日も多いんですが。

でも映画は観てますよん。
溜まりすぎて忘れるかも(笑)

さて。
ドイツ語の一切出てこないドイツ映画(笑)
オチを言っちゃうとネタばれやけど、これはもう歴史やからねぇ。
こうなることはわかってるし・・・。
フィクションなら、あんなとこに仕掛けても・・・とか思うけど、
実際こうやったんでしょ?
「死んだ。殺せた。」って信じてたんでしょ?
なら仕方ない(笑)

でも義眼姿のトムには、反対の意味で違和感が・・・。
普通や~ん!

あ、そうそう。劇場予告のこの映画。
BGMが「SAW」シリーズやった∑( ̄ロ ̄|||)!?
でも本編では一切流れませんでした(笑)

原題  『VALKYRIE』
監督:  ブライアン・シンガー
キャスト:トム・クルーズ
      ケネス・ブラナー
      ビル・ナイ

[PR]
by rm1015 | 2009-03-24 23:19 | 洋画 [わ~]