今年もよろしくお願いします。頑張って月日に追いつきま~す(笑)


by rm1015

プロフィールを見る
画像一覧

S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30

カテゴリ

全体
洋画 [あ~お]
洋画 [か~こ]
洋画 [さ~そ]
洋画 [た~と]
洋画 [な~の]
洋画 [は~ほ]
洋画 [ま~も]
洋画 [や~よ]
洋画 [ら~ろ]
洋画 [わ~]
映画 [アジア系]
邦画 [あ~こ]
邦画 [さ~と]
邦画 [な~ほ]
邦画 [ま~よ]
邦画 [ら~ ]
[過去の鑑賞記録]
みーのつぶやき

タグ

(131)
(112)
(93)
(74)
(60)
(58)
(50)
(48)
(43)
(41)
(38)
(34)
(29)
(27)
(27)
(26)
(20)
(15)
(12)
(9)

お気に入りブログ

素晴らしき哉映画人生
シネマ親父の“日々是妄言”
samuraiの気になる...
映画の心理プロファイル
Stampede
映画館の暗闇に包まれて
かたすみの映画小屋
のんびり映画日記
☆ Inusukeなブログ ☆
利用価値のない日々の雑学
MY PLAGUE
みいと塁のおっさんな毎日
映画のへや
It's a wonde...
太陽がくれた季節
KIBE.POSSIBL...
記憶の滴
Sweet* Days*...
華鈴 の blog
I'm Gonna Be...

リンク。

ブログパーツ

最新のトラックバック

『ロミオとジュリエット』..
from 【徒然なるままに・・・】
ダブル・ミッション
from piece of life ..
幸せはシャンソニア劇場から
from ただの映画好き日記
きな子〜見習い警察犬の物語〜
from ただの映画好き日記
ソルト
from piece of life ..
バウンティー・ハンター
from piece of life ..
NINE
from ただの映画好き日記
シャーロック・ホームズ
from ただの映画好き日記
それでも恋するバルセロナ
from ただの映画好き日記
ラブリーボーン
from ただの映画好き日記

ライフログ


ALWAYS 三丁目の夕日 豪華版


三丁目の夕日


パイレーツ・オブ・カリビアン デッドマンズ・チェスト スペシャル・エディション


パイレーツ・オブ・カリビアン 呪われた海賊たち コレクターズ・エディション


Shall we Dance ?(初回限定版)


フットルース


サウンド・オブ・ミュージック プレミアム・エディション


インファナル・アフェア 限定デラックス DVD-BOX


雨に唄えば


いぬのえいが プレミアム・エディション


スウィングガールズ スタンダード・エディション


十二人の怒れる男


天使にラブ・ソングを 2


パッチ・アダムス ― コレクターズ・エディション


スティング


大脱走


ミスタア・ロバーツ 特別版


絹の靴下 特別版


情婦


私を野球につれてって


第十七捕虜収容所


バンド・ワゴン 特別版

以前の記事

2012年 02月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 07月
2010年 06月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 03月
2010年 02月
2010年 01月
2009年 12月
2009年 11月
2009年 10月
2009年 09月
2009年 08月
2009年 07月
2009年 06月
2009年 05月
2009年 04月
2009年 03月
2009年 02月
2009年 01月
2007年 11月
2007年 10月
2007年 09月
2007年 08月
2007年 07月
2007年 06月
2007年 05月
2007年 04月
2007年 03月
2007年 02月
2007年 01月
2006年 12月
2006年 11月
2006年 10月
2006年 09月
2006年 08月
2006年 07月
2006年 06月
2006年 05月
2006年 04月
2006年 03月
2006年 02月
2006年 01月
2005年 12月
2005年 11月
2005年 10月
2005年 09月
2005年 08月
2005年 07月
2005年 06月
2005年 05月
2005年 04月
2005年 03月
2005年 02月
2005年 01月

検索

その他のジャンル

ファン

記事ランキング

ブログジャンル

画像一覧

タグ:何度観てもすごい50本 ( 34 ) タグの人気記事

フィールド・オブ・ドリームス(午前10時の映画祭)

嫁と娘の3人で暮らすレイは、とうもろこし畑を営んでいたが、ある日、「それを作ると彼が来る」という、不思議な声を耳にする。最初は信じない彼だが、そのうちその声に従い、本当に畑を潰し、野球場を造ってしまう。温かな目で見守る家族や出会う人々との優しさに触れながら、信念を守り通すレイに、不思議なことが次々起こる・・。
c0045529_19413135.jpg

「午前10時の映画祭」、おかげさまで(笑)皆勤賞です。今んとこ。

この作品も、観たことある気がしてたけど、多分レンタル店でジャケットを何度も見てたので
観た気がしてたのかも。
話知りませんでした。

いいな~。いいお話でしたよ。

何てったって、無謀なことを始めるダンナを見守る嫁がいい!
無茶なことをしてる、ってわかってるのに、その話に乗っかる嫁さん。
かわいかったな~。

作った野球場に来た彼が見える、ってのもいいですよね。
普通のファンタジーじゃ、主人公にしか見えないってのが妥当じゃね?
それが、この話では、嫁にも娘にも見える。
見えないのは、部外者だけ。

野球好きやけど、このジョー・ジャクソンってのは知らなかったよ(;´Д`A ```
ちょっと話としては古いかな~。
ま、メジャーのことに詳しい人には有名な話なんやろうけどね。八百長事件とかね。

そこここに、感動の場面があって、ちょいちょい泣きました。
急に時代があっちこっちするけど、ややこしいとは思わんかったな~。
ヒッチハイクの青年を乗せた時、娘っ子がベンチから落ちて気を失ったとき、
ジョージャクソンが「彼が来る」って言ったとき。
号泣でした。
ヒッチハイクの青年がウインクしたときは楽しかったな~♪

原題:  『FIELD OF DREAMS』
監督:  フィル・アルデン・ロビンソン
キャスト:ケヴィン・コスナー
     エイミー・マディガン
     レイ・リオッタ

    (by 東宝シネマズ二条 1989年作品)

[PR]
by rm1015 | 2010-05-09 19:55 | 洋画 [は~ほ]

ショーシャンクの空に(午前10時の映画祭)

妻とその愛人を射殺した罪でショーシャンク刑務所送りとなった銀行家アンディ。初めは戸惑っていたが、やがて彼は自ら持つ不思議な魅力ですさんだ受刑者達の心を掴んでゆく。そして20年の歳月が流れた時、彼は冤罪を晴らす重要な証拠をつかむのだが……。
c0045529_23223989.jpg

名作です。
初めて観たのは、何年前か忘れちゃったけど、
きっかけは、当時阪神にいた助っ人外国人投手の「ジェフ・ウィリアムス」が
新聞で「好きな映画は『ショーシャンクの空に』。大好きで持ってきたんだ。すごくいいからみんな観てよ」的なことをコメントしてて。
それ見てソッコーレンタルしたんでした。
その時も、感動したものです。

みんな若い。ティム・ロビンスがツルンとしてる(笑)

でも、Mフリーマン、ほんまに出てる映画で愚作ないですね。
芝居もいいけど、声もいい。
ドラマが締まります。
彼でないと!って言う役柄が多いですよね。

1度観てるので、「あ~、ここでこうなるな~。」とか、「この人がこうやったな~」とか、
成り行きはわかります。
でも、細かいところは忘れてて、「あ!?死んだっけ?」ってな調子^^;

けど、何度観てもおもしろいもんは面白い。
みんな上手いし、イヤなヤツはほんまイヤらしいし(笑)
初めて観た時のような「あ!」ってな驚きはないけど、それもまた良し。

結構ベストに入る作品。
観終わった後のスッキリ感は、何度観ても味わえますね。

(こんなん書き方して、何度も見てるみたいやけど、今日が2回目です^^;)

原題:『THE SHAWSHANK REDEMPTION』
監督:フランク・ダラボン
キャスト:ティム・ロビンス
     モーガン・フリーマン
     ウィリアム・サドラー

    (by 東宝シネマズ二条 1994年作品)

[PR]
by rm1015 | 2010-05-02 21:55 | 洋画 [さ~そ]

ショウほど素敵な商売はない(午前10時の映画祭)

モリーとテレンスのドナヒュー夫妻は、2人で舞台に立っていたが、順に産まれた子供たちも、一家の仲間として次々に舞台に立っていく。そして子供たちが成人した頃には、ドナヒュー一家として、5人そろっての舞台が実現していた・・・。
c0045529_1624446.jpg

5年ほど前に観たな~。
ここにも書いてた(笑)

同じ感想ですが^^;
Mモンロー、いるかなぁ~^^;
何度観ても、この映画に合わん気がするなぁ~。
ドナヒュー一家が芸達者なのに比べて、お色気だけのマリリン。
ティム役のドナルド・オコナーに恋するとか言っても、何だか胡散臭いしなぁ(笑)

でも、この曲いいですねぇ。
大好きです♪

マリリンと別れた後に、ティムが歌って踊るシーンがめっちゃ印象的。
銅像さん(笑)たちも一緒に踊ってくれるってのが、またかわいくってよかった♪

あと、真ん中のケイティ、歌手ですか?ダンサーですか?
うまかったな~。マリリンより歌もダンスも最高やったね。

いや、わし、マリリンがキライってわけじゃないよ。
ただ、何となく出てる映画に合わない気がするだけ。
ラストに一家が階段を下りてくるシーンも、1人浮いてるし(笑)

原題:  『THERE'S NO BUSINESS LIKE SHOW BUSINESS』
監督:  ウォルター・ラング
キャスト:エセル・マーマン
     ドナルド・オコナー
     ダン・デイリー


    (by 東宝シネマズ二条 1954年作品)

[PR]
by rm1015 | 2010-04-27 16:16 | 洋画 [さ~そ]

お熱いのがお好き(午前10時の映画祭)

 禁酒法時代のシカゴ。サックス奏者のジョーとベース奏者のジェリーは、偶然聖バレンタインデーの虐殺を目撃してしまい、マフィアに追われる羽目に。2人はフロリダを目指す女性楽団に女装してもぐりこむ。
c0045529_2124629.jpg

これ、初見やったな~。
観たような記憶もあったんですけど、やっぱり観てなかった。

いや、ほんま、ジャック・レモンは最高ですな~。
ジェリーもいいけど、ダフネが最高!
「世界で一番幸せなのはだ~れ?それは私」
傑作!

トニー・カーティスもかっこいいんですけどね。
ジャック・レモンの方が味がある。
何であの不自然な女装がバレへんの?
何であの「ダフネ」にプロポーズすんの?(笑)
それを受けるダフネにも爆笑やし( ´∀`)ゲラゲラ

Mモンローは、決して上手じゃないけど、やっぱり色っぽいですね。
「ププッピドゥ♪」
が似合うのはやっぱりモンローだけかな。

オチのあと、2人はどうなったのでしょうかね(笑)

原題:  『SOME LIKE IT HOT』
監督:  ビリー・ワイルダー
キャスト:ジャック・レモン
     トニー・カーティス
     マリリン・モンロー

    (by 東宝シネマズ二条 1959年作品)

[PR]
by rm1015 | 2010-04-20 21:18 | 洋画 [あ~お]

アパートの鍵貸します(午前10時の映画祭)

出世の足掛かりにと、上役の情事のためにせっせと自分のアパートを貸している会社員バクスター。だが、人事部長のシェルドレイクが連れ込んで来たエレベーターガールのフランは、バクスターの意中の人だった……。
c0045529_1651209.jpg

何度もBSやCSで放送してて、録画もしてたのに、結局観る間なくHDD買い換えて(笑)
何年越しでありましょうか。
やっと鑑賞できました。
それもうれしい大画面。
この企画に感謝です。
思えば、見逃しててよかったかも(笑)

Sマクレーン、ほんとにかわいいですね。
ずっとショートヘアのままやったんやね~。

しかしこれ、有名な映画やけど、こんな話やったのね。

この時代でこのアパートで、テレビはリモコンやし、やかんのお湯が沸いたら「ピ~!」って鳴るし、
すごい最先端なんじゃない?
そういえば、食事に「冷凍ピザ」食べてたな(笑)
当時の日本には、もちろんなかったよね。

ジャック・レモンの芸達者さには恐れ入ります。
決してイケメンじゃないけど、本当に味のある俳優さんですよねぇ。

いや~、しかし、上司の情事に(いや、シャレじゃなく)手を貸したら出世するのか。
今も?
ないよな( ´∀`)ゲラゲラ

でも、とっかえひっかえ女性を連れ込んで・・って思われてるバクスターは気の毒。
出入りを誰も見てへんのかい!

という突っ込みは置いとこう(笑)

原題:『THE APARTMENT』
監督:ビリー・ワイルダー
キャスト:ジャック・レモン
     シャーリー・マクレーン
     フレッド・マクマレイ

    (by 東宝シネマズ二条 1960年作品)

[PR]
by rm1015 | 2010-04-12 23:46 | 洋画 [あ~お]

フォロー・ミー(午前10時の映画祭)

会計士のチャールズは、妻のベリンダの行動に疑問を抱いていた。彼は私立探偵に、妻の行動を探るように依頼する
c0045529_1422418.jpg

この作品は、正直知らなかったです。
ビデオ化もされてないらしい。

最初は「辛気臭い話?眠くなる系?」って思ってたんですけど、
面白かった。

正直、「こんなにバレバレの偵察ってどうなん?」
ストーカーって言葉がなかった時代やけど、行動はそれそのもの(笑)

でも、このだんなってバカですね。
妻の気持ちに気付かなかったんですね。
そんな妻が寂しくなるのは当然ですね。

かわいい奥さん役のミア・ファロー、とってもよかったです。
表情と仕草とか、すごいかわいかった。
ウディ・アレンのパートナーやったとか、その前はFシナトラの元嫁なのか~。
世間は狭いね(笑)

原題:  『THE PUBLIC EYE』
監督:  キャロル・リード
キャスト:ミア・ファロー
     トポル
     マイケル・ジェイストン
   
    (by 東宝シネマズ二条 1972年作品)

[PR]
by rm1015 | 2010-04-05 14:17 | 洋画 [は~ほ]

チャップリンの独裁者(午前10時の映画祭)

1918年、第1次世界大戦の末期、トメニア軍陣地では1兵卒であるユダヤ人の床屋が奮戦していた。しかし、敗色は濃く、前線では敗退がつづき、上層部ではひそかに平和交渉が始められていた。何も知らぬ将兵は勝利を信じてた戦った。トメニア軍の空軍将校シュルツは敵に包囲され、危ないところを床屋に救われた。傷ついたシュルツを助けて2人はトメニアに命からがら逃げかえったが、その時すでに戦争には負けていて…。

c0045529_23244187.jpg

これはすごい。
すごく素晴らしいものを観た、って感じ。
1940年にヒトラーを完全に茶化した作品を作ってるんですねぇ。

ギャグもコントも、ドリフや吉本の原点って感じで、
この時は本当に爆笑モンやったんやろなぁ。
現に、これを観てる時もゲラゲラ笑ってるおっさんいたし(笑)

ヒンケルを暗殺する人を決める時のクジや、
街に屯するドイツ兵を懲らしめる場面、
床屋が音楽に乗って散髪するシーンなんか完全にドリフは真似てるね(笑)

ラストの床屋の演説なんかは、今でも世界中に配信したい言葉が語られてます。
笑いあり涙あり、素晴らしい作品やと思います。

原題:『THE GREAT DICTATOR』
監督:チャールズ・チャップリン
キャスト:チャールズ・チャップリン
     ジャック・オーキー
     ポーレット・ゴダード
 
    (by 東宝シネマズ二条 1940年作品)

[PR]
by rm1015 | 2010-03-30 23:17 | 洋画 [た~と]

ライムライト(午前10時の映画祭)

カルヴェロはミュージック・ホールの道化師で、かつてはイギリス最大の芸風を謳われたが、中年をすぎた今はすっかり落ちぶれてしまった。ある日、彼が酔ってアパートに帰ってみると、美しい女が自殺を企てて意識不明になって倒れていた。カルヴェロは大急ぎで医者を呼び彼女を手当てする・・・。
c0045529_22212599.jpg

チャップリンの映画は、多分「黄金狂時代」だけ観た記憶があります。
それも3年くらい前(笑)
でも「例の格好」のチャップリンしか知らなかった。どっかで素顔の彼を見たことあるんやけど、
忘れてたし。
だから、この映画見て「いつ出てくるのかな」(笑)
冒頭から出てるのに( ´∀`)ゲラゲラ

素敵なお話ではあるけど、出来すぎな気もしますな。
いくら命を助けられたからって、好きになるには・・・ねえ(笑)
だって好きな人いたんでしょ?
その人にもまた逢えたんでしょ?
ふつ~そっちに傾くでしょ。

チャップリンの息子、男前ですな(笑)

原題:  『LIMELIGHT』
監督:  チャールズ・チャップリン
キャスト:チャールズ・チャップリン
     クレア・ブルーム
     バスター・キートン

    (by 東宝シネマズ二条 1952年作品)

[PR]
by rm1015 | 2010-03-26 22:13 | 洋画 [ら~ろ]

追憶(午前10時の映画祭)

1937年、大学のキャンパス。
政治運動に没頭するケイティにとって、育ちが良くハンサムなハベルはひそかな憧れの対象だった。
やがて二人は、第二次世界大戦中のニューヨークで再会、いつしか愛し合い結婚する。
ハリウッドでの生活は平和で幸福そのものだったが、幸せは長くは続かなかった…。

c0045529_0171177.jpg

この企画で、初めての「観たことなかった映画」です(笑)

ん~・・・。好き嫌いがはっきり出る作品やと思いますね。
私はこの類は苦手^^;

主題歌はめっちゃ知ってました。コーヒー(?)か何かのCMソングですな。

レッドフォードはめっさ男前なんですけどヒロインが・・・^^;

確かに曲は素晴らしい。歌も素晴らしいけどそれだけじゃなぁ~・・・。

歌だけ歌ってもらうわけにはいかなかったんでしょうかね(^^ゞ

話の内容も、レッドフォード演じるハベルに、めっちゃイラついた。
「はっきりせーよ」と(笑)
「結局結婚までしてんのかい!」
「子供できたのに生まれる前に何で?」

こんな女もイヤだ~(;´Д`A ```と思いながらちっとも共感できずに観終えました(笑)

原題:  『THE WAY WE WERE』
監督:  シドニー・ポラック
キャスト:バーブラ・ストライザンド
     ロバート・レッドフォード
     ブラッドフォード・ディルマン

    (by 東宝シネマズ二条 1973年作品)

[PR]
by rm1015 | 2010-03-16 21:52 | 洋画 [た~と]

刑事ジョン・ブック/目撃者(午前10時の映画祭)

ペンシルベニア州の片田舎に住むアーミッシュ(厳格な規律を守る超保守的なキリスト教の一派)の少年サミュエルは、母レイチェルとともに叔母を訪ねて旅に出る。その道中、サミュエルは駅のトイレで殺人事件を目撃してしまう。
c0045529_23451416.jpg

何年か前に、レンタルで鑑賞しました。劇場ではもちろん(笑)初めてです。
ハリソン・フォードが若い!

レンタルした当時、「何かアメリカのテレビドラマみたいなタイトルやなぁ~。続きいっぱいありそうな感じ」って思ったものですが、
これしかないんですよね。
マジで「刑事ジョンブックシリーズ」があるのかと思ってました。

なかった(笑)

初めて観た時も、オチはすぐに読めたけど^^;
それでもトウモロコシが降ってくるシーンとかはハラハラしたな~。

危険ってわかってて匿ってくれる民族のおじさんとか、
いいですよね。
自分も危なくなるのに。
でも、納屋を建てるために村人総出なんて、ありえない~!
1日潰して報酬もなしにご奉仕。
すごい民族ですね。
離婚すんなよ(笑)

この時のケリー・マクギリスは、「トップガン」のときより綺麗ですね(笑)
あの映画は「ヒロインがな~。顔でかいよな~」って思ったけど、
これはそんなことなかったしV( ̄◆ ̄)V

サミュエルかわいかった。
今も俳優さんで頑張ってるんですかね。
あんまり聞かないな~。調べてみたけど、知ってる映画にはあんまり出てなかった。残念だ。

犯人が、「SAW」のタップ刑事やった。「2012」の大統領でもあり(;´Д`A ```

原題:  『WITNESS』
監督:  ピーター・ウィアー
キャスト:ハリソン・フォード
     ケリー・マクギリス
     ルーカス・ハース

    (by 東宝シネマズ二条 1985年作品)

[PR]
by rm1015 | 2010-03-08 23:36 | 洋画 [か~こ]