今年もよろしくお願いします。頑張って月日に追いつきま~す(笑)


by rm1015

プロフィールを見る
画像一覧

S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31

カテゴリ

全体
洋画 [あ~お]
洋画 [か~こ]
洋画 [さ~そ]
洋画 [た~と]
洋画 [な~の]
洋画 [は~ほ]
洋画 [ま~も]
洋画 [や~よ]
洋画 [ら~ろ]
洋画 [わ~]
映画 [アジア系]
邦画 [あ~こ]
邦画 [さ~と]
邦画 [な~ほ]
邦画 [ま~よ]
邦画 [ら~ ]
[過去の鑑賞記録]
みーのつぶやき

タグ

(131)
(112)
(93)
(74)
(60)
(58)
(50)
(48)
(43)
(41)
(38)
(34)
(29)
(27)
(27)
(26)
(20)
(15)
(12)
(9)

お気に入りブログ

素晴らしき哉映画人生
シネマ親父の“日々是妄言”
samuraiの気になる...
映画の心理プロファイル
Stampede
映画館の暗闇に包まれて
かたすみの映画小屋
のんびり映画日記
☆ Inusukeなブログ ☆
利用価値のない日々の雑学
MY PLAGUE
みいと塁のおっさんな毎日
映画のへや
It's a wonde...
太陽がくれた季節
KIBE.POSSIBL...
記憶の滴
Sweet* Days*...
華鈴 の blog
I'm Gonna Be...

リンク。

ブログパーツ

最新のトラックバック

『ロミオとジュリエット』..
from 【徒然なるままに・・・】
ダブル・ミッション
from piece of life ..
幸せはシャンソニア劇場から
from ただの映画好き日記
きな子〜見習い警察犬の物語〜
from ただの映画好き日記
ソルト
from piece of life ..
バウンティー・ハンター
from piece of life ..
NINE
from ただの映画好き日記
シャーロック・ホームズ
from ただの映画好き日記
それでも恋するバルセロナ
from ただの映画好き日記
ラブリーボーン
from ただの映画好き日記

ライフログ


ALWAYS 三丁目の夕日 豪華版


三丁目の夕日


パイレーツ・オブ・カリビアン デッドマンズ・チェスト スペシャル・エディション


パイレーツ・オブ・カリビアン 呪われた海賊たち コレクターズ・エディション


Shall we Dance ?(初回限定版)


フットルース


サウンド・オブ・ミュージック プレミアム・エディション


インファナル・アフェア 限定デラックス DVD-BOX


雨に唄えば


いぬのえいが プレミアム・エディション


スウィングガールズ スタンダード・エディション


十二人の怒れる男


天使にラブ・ソングを 2


パッチ・アダムス ― コレクターズ・エディション


スティング


大脱走


ミスタア・ロバーツ 特別版


絹の靴下 特別版


情婦


私を野球につれてって


第十七捕虜収容所


バンド・ワゴン 特別版

以前の記事

2012年 02月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 07月
2010年 06月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 03月
2010年 02月
2010年 01月
2009年 12月
2009年 11月
2009年 10月
2009年 09月
2009年 08月
2009年 07月
2009年 06月
2009年 05月
2009年 04月
2009年 03月
2009年 02月
2009年 01月
2007年 11月
2007年 10月
2007年 09月
2007年 08月
2007年 07月
2007年 06月
2007年 05月
2007年 04月
2007年 03月
2007年 02月
2007年 01月
2006年 12月
2006年 11月
2006年 10月
2006年 09月
2006年 08月
2006年 07月
2006年 06月
2006年 05月
2006年 04月
2006年 03月
2006年 02月
2006年 01月
2005年 12月
2005年 11月
2005年 10月
2005年 09月
2005年 08月
2005年 07月
2005年 06月
2005年 05月
2005年 04月
2005年 03月
2005年 02月
2005年 01月

検索

その他のジャンル

ファン

記事ランキング

ブログジャンル

画像一覧

タグ:ロビン・ウィリアムス ( 9 ) タグの人気記事

ナイトミュージアム(2006米)

ニューヨークの国立自然史博物館を舞台に、新任の夜警となった主人公の目の前で、展示物が次々と動き出し大騒動を繰り広げるさまをコミカルに描く。
c0045529_0183929.jpg

早速行ってきました。

楽しかった~。
夫婦で行きましたが、これは小さい子供でも安心して見せられますな。

最初観る前に楽しみやったのはロビン・ウィリアムスを観ることと、
「ザッツ・エンターテイメント」でしか観たことなかったミッキー・ルーニーが見られること(笑)

でも、観たあとで気づいたんですけど、
あのトリオ・ザ・じーさんのボス(っていうのかな)はディック・ヴァン・ダイクなんですね。
あの「メリー・ポピンズ」の(゚◇゚;)!!!
何か見たことあるし、すごい「ええ声」やな~って思いながら観てたんですけどね。
c0045529_0292274.jpg


子供の頃に、「こんなことがあったらすごいよな~」って、多分誰もが1回くらいは思ったことがあるようなことが
現実に起こる、みたいな、
正真正銘のおとぎ話なんやけど、
これが大人が見ても笑えて楽しかった。

しかしやっぱり、ロビン・ウィリアムスはうまい。
観てるうちに、川谷拓三に見えてきた・・・( ̄Д ̄;;

エンドロールも楽しかったっす♪

原題:  『NIGHT AT THE MUSEUM 』
監督:  ショーン・レヴィ
キャスト:ベン・スティラー
      ディック・ヴァン・ダイク
      カーラ・グギーノ

[PR]
by rm1015 | 2007-03-19 00:29 | 洋画 [な~の]

グッドモーニング,ベトナム(1987米)

監督:  バリー・レビンソン
キャスト:ロビン・ウィリアムス
      フォレスト・ウィテッカー
c0045529_1295032.jpg      チンタラー・スカパット
1965年、サイゴンにやって来た米軍放送の人気DJを通して間接的にベトナム戦争を描いた人間ドラマ。

ロビン・ウィリアムスが芸達者やとはわかってましたが、
この役はすごかった。
DJ役とはいえ、喋る喋る!!
よくもまあ、こんなに喋り倒して、舌がもつれたりせーへんなぁ~と
感心するばかり・・・

喋ってることは・・・アメリカ人なら受けるのかな。
これがいわゆる、アメリカンジョークってヤツね。
ちょっとお下品で、下ネタ爆裂で^^;
なんか、もひとつ笑えんかった・・・

それよりも、クロナゥアー(Rウィリアムス)の喋りを聞いて、
笑いをこらえるのを我慢してる同僚を見てるほうが楽しかったかも。

一応戦争ドラマやけど、ちょっと視点を変えて、
戦地での米軍放送のDJから見た悲惨なベトナム戦争を描いてる。
主人公が戦争で傷つけられるのではなく、
ラジオで人気者になったクロナウアーを妬んで潰そうとする点なんかは、
もう戦争映画じゃなくて、人間ドラマかも。

戦争映画っていうのは、大体にして「アメリカ万歳」的な映画が多いけど、
これはベトナム側からも見てる。
ベトナム人を小ばかにしてる、って声も上がってたみたいやけど、
それもアメリカが描いた映画なので仕方ないのかも。
英語を教える場面も、馬鹿にしてるってよりも、
「仲良くなりたい」って気持ちやったんじゃないかなぁ。

こんな無意味な戦争はない、って言われたほどの悲しい戦争・・・

イラク抗争へ赴いた自衛隊が傷つけられる・・・

この映画が、先に語ってるかも・・・
[PR]
by rm1015 | 2005-10-13 01:30 | 洋画 [か~こ]

デス・トゥ・スムーチー(2002米・未公開)

監督:  ダニー・デヴィート 
c0045529_16325683.jpgキャスト:ロビン・ウィリアムズ
      エドワード・ノートン
      キャサリン・キーナー
[ストーリー]
スキャンダルを起こして番組を降板させられた男がその代役への暗殺を謀るサスペンス・コメディ。


ロビン・ウィリアムスの映画には、「はずれ」が少ないと勝手に思い、
まったく知らないのに「冒険」してレンタルしてきた作品(笑)
あとで見ると、「ストーカー」「インソムニア」と並ぶ、「できの悪い3部作」と、ロビン本人が嘆いていたらしい(全部悪役だからか?)

でもまあしかし、絶賛するほどではないにしろ、
そこそこ楽しめた作品でした。

何がすごいって、ロビン・ウィリアムスの芸達者なこと!
ダンスに歌に、(全部が本人でないにしろ)スケートと、
なんでもこなす多才な俳優。
貴重ですねぇ。この時代。
それに、Eノートンも、「ミニミニ大作戦」とは、まったく違う役どころで、
もしかしたら、役が反対?って感じでした。
「ミニミニ~」では思いっきり悪役やし、そういう顔つきやったし(笑)
実際この映画のノートンは、ドがつくほど「ええ人」。
何か変やったけど、違和感はなかった。
ロビンの悪役は・・・・
「まあ何でもする人やねぇ」ってのが感想。

コメディといっても、そんなに爆笑する場面もなく、
着ぐるみや、子供向け番組の裏側なんかがいろいろ出てくるけど、
子供が観る映画ではない(笑)
[PR]
by rm1015 | 2005-08-07 16:34 | 洋画 [た~と]

インソムニア(2002米)

監督: クリストファー・ノーラン
キャスト:アル・パチーノ
     ロビン・ウィリアムス
       ヒラリー・スワンクc0045529_2233863.jpg

[ストーリー]
アラスカ・ナイトミュート。いまの時期は24時間太陽が沈まないこの町で17歳の少女の変死体が発見された。翌日、ロス警察のウィル・ドーマーが相棒のハップとともに応援にやって来る



うそ??またまた主人公がウィルやし(爆)
3回連続で同じ名の主人公の映画を観るなんて~!
すんごい偶然!!
それも、ぜ~んぶちゃうイメージの人。
今度は刑事。
アル・パチーノの映画、2本目(リクルート)やけど、こういう役が多いのかなぁ?
それとも偶然にこういうのばっかり観てるのか?
でも、この人って、なんとなく犬っぽくない?
ビーグル犬に似てる気がするんよね~。
若いときはかっこよかったんかな?
(ファンの方ごめんなさい)

さてやっと本題(笑)
映画感想サイトで、「退屈」とかの意見見たけど、
そんなでもなかった。
なかなか面白く観られたし。
「退屈」っちゅう意見は、少々中だるみっぽい雰囲気になるからかな?
でも、あ~いう風になるしかない進み方なんちゃうのかな。
ロビン・ウィリアムスの、この映画での役・・。
こういうの初めて観ました。
「ストーカー」っちゅうのは、もっと怖いらしい・・・。
でも、この映画でも見せたいい笑顔・・・。
どうしてもいい人っぽさが抜け切れてない気がします(^^ゞ

ま、なんでもいいけどお巡りさんが6日も寝てないのに、車の運転をするのはどうか(笑)
[PR]
by rm1015 | 2005-04-17 02:23 | 洋画 [あ~お]

グッド・ウィル・ハンティング/旅立ち(1997米)

監督: ガス・ヴァン・サント
キャスト:マット・デイモン
      ロビン・ウィリアムス
      ベン・アフレックc0045529_2234126.jpg

[ストーリー]
深い心の傷を負った天才青年と、同じく失意の中にいた精神分析医がお互いにあらたな旅立ちを自覚して成長してゆく姿を描く感動のヒューマン・ドラマ。



この映画、マット・デイモンとベン・アフレックが大学時代に仲良く脚本を書いた話だそうですが。
いや~、すごいね。こんな才能もあるんやね~。
親友ならでは、でしょうかね。
なかなか見ごたえあったし、感動したよ~。
ちょっと彼女役が「ほかにおらんかった?」って思ったけど(笑)
(それにこの彼女、「オペラ座の怪人」で、主役奪われた声のでかい『おばちゃん』やったし 笑)
オチもなんとなく読めたけど。
でもロビン・ウィリアムスがいい。(どれ観ても褒めてるか?笑)
それに、ベン・アフレック。
感動させてくれるセリフをポンと!最高にかっこよかったな~。
ラストの方。
これぞ「親友」ですね。あれは言えない。簡単に出てくるセリフじゃないね~。
しかし、ウィル・・・・頭よすぎ~!
数学苦手なので、よけいすばらしく感じた(笑)

そういや、続けて「ウィル」が主役の映画を観たのか~(笑)
[PR]
by rm1015 | 2005-04-16 02:29 | 洋画 [か~こ]

パッチアダムス(1998米)

監督:  トム・シャドヤック
キャスト:ロビン・ウィリアムス

実在の医師を題材にした、感動ドラマ。
こんなお医者さん、いたんやね。
診てほしかったな~。

泣けますよ。
観たロビンウィリアムスの映画の中で、もしかしたら一番好きかも。

☆☆☆☆☆
[PR]
by rm1015 | 2005-01-29 23:33 | 洋画 [は~ほ]

いまを生きる(1989米)

監督:  ピーター・ウィアー
キャスト:ロビン・ウィリアムス
      イーサン・ホーク


1959年、バーモントにある全寮制の名門進学校にやって来た新任の英語教師。破天荒な授業を通して、詩の美しさや人生の素晴らしさを説く教師に惹かれていった生徒たちは、彼がかつて学生だった頃に作っていた“死せる詩人の会”という同好会を自分たちの手で復活させる。



中高生の頃に見たら、もっと感動したんやろか・・。
よかったんやけど、なんか不完全燃焼。
もっと訴えるものがほしかった。
景色が最高に美しかったです。
でも、ロビンウィリアムスの演技は最高ですね。


☆☆☆★★
[PR]
by rm1015 | 2005-01-29 23:00 | 洋画 [あ~お]

アンドリューNDR114(1999米)

監督:  クリス・コロンバス
キャスト:ロビン・ウィリアムス
     エンベス・デヴィッツ

人間になりたいという願望を持つ、アンドロイドのアンドリュー。彼が200年にわたって人間の心を育んでゆく家庭を、心温まる描写で綴ってゆく。



そうねぇ~。よかった。
ロビンウィリアムスは、本当にうまい。
あ~いう~風に、人間らしくなって行くのかぁ~。
近未来って設定やけど、2005年なんよね。
来年やん(笑)

ちょっと唐突過ぎるけど、ほのぼのとウルウルできる映画です。
監督は、ハリーポッターの人。わかる気がするかも。


☆☆☆★★
[PR]
by rm1015 | 2005-01-29 21:13 | 洋画 [あ~お]

ジャック(1996)

監督:  フランシス・フォード・コッポラ
キャスト:ロビン・ウィリアムス
      ダイアン・レイン

[あらすじ]
ブライアンとカレンの間に産まれたジャックは普通の子供とは違っていた。細胞の分裂が異常に速く、常人の四倍の早さで成長するというのだ。そして十年後。同じ年頃の友達がいないジャックに、家庭教師は学校に行くことを勧めた。かくして四十歳の外見を持つジャックは小学校へ通い始めたのだが……。



うん。適役だ。最高に適役だ~!
子供向きかな?とも思うけど、素直に感動したし。
友達もいいね。涙があふれました。

☆☆☆☆☆
[PR]
by rm1015 | 2005-01-29 17:27 | 洋画 [さ~そ]