今年もよろしくお願いします。頑張って月日に追いつきま~す(笑)


by rm1015

プロフィールを見る
画像一覧

S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31

カテゴリ

全体
洋画 [あ~お]
洋画 [か~こ]
洋画 [さ~そ]
洋画 [た~と]
洋画 [な~の]
洋画 [は~ほ]
洋画 [ま~も]
洋画 [や~よ]
洋画 [ら~ろ]
洋画 [わ~]
映画 [アジア系]
邦画 [あ~こ]
邦画 [さ~と]
邦画 [な~ほ]
邦画 [ま~よ]
邦画 [ら~ ]
[過去の鑑賞記録]
みーのつぶやき

タグ

(131)
(112)
(93)
(74)
(60)
(58)
(50)
(48)
(43)
(41)
(38)
(34)
(29)
(27)
(27)
(26)
(20)
(15)
(12)
(9)

お気に入りブログ

素晴らしき哉映画人生
シネマ親父の“日々是妄言”
samuraiの気になる...
映画の心理プロファイル
Stampede
映画館の暗闇に包まれて
かたすみの映画小屋
のんびり映画日記
☆ Inusukeなブログ ☆
利用価値のない日々の雑学
MY PLAGUE
みいと塁のおっさんな毎日
映画のへや
It's a wonde...
太陽がくれた季節
KIBE.POSSIBL...
記憶の滴
Sweet* Days*...
華鈴 の blog
I'm Gonna Be...

リンク。

ブログパーツ

最新のトラックバック

『ロミオとジュリエット』..
from 【徒然なるままに・・・】
ダブル・ミッション
from piece of life ..
幸せはシャンソニア劇場から
from ただの映画好き日記
きな子〜見習い警察犬の物語〜
from ただの映画好き日記
ソルト
from piece of life ..
バウンティー・ハンター
from piece of life ..
NINE
from ただの映画好き日記
シャーロック・ホームズ
from ただの映画好き日記
それでも恋するバルセロナ
from ただの映画好き日記
ラブリーボーン
from ただの映画好き日記

ライフログ


ALWAYS 三丁目の夕日 豪華版


三丁目の夕日


パイレーツ・オブ・カリビアン デッドマンズ・チェスト スペシャル・エディション


パイレーツ・オブ・カリビアン 呪われた海賊たち コレクターズ・エディション


Shall we Dance ?(初回限定版)


フットルース


サウンド・オブ・ミュージック プレミアム・エディション


インファナル・アフェア 限定デラックス DVD-BOX


雨に唄えば


いぬのえいが プレミアム・エディション


スウィングガールズ スタンダード・エディション


十二人の怒れる男


天使にラブ・ソングを 2


パッチ・アダムス ― コレクターズ・エディション


スティング


大脱走


ミスタア・ロバーツ 特別版


絹の靴下 特別版


情婦


私を野球につれてって


第十七捕虜収容所


バンド・ワゴン 特別版

以前の記事

2012年 02月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 07月
2010年 06月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 03月
2010年 02月
2010年 01月
2009年 12月
2009年 11月
2009年 10月
2009年 09月
2009年 08月
2009年 07月
2009年 06月
2009年 05月
2009年 04月
2009年 03月
2009年 02月
2009年 01月
2007年 11月
2007年 10月
2007年 09月
2007年 08月
2007年 07月
2007年 06月
2007年 05月
2007年 04月
2007年 03月
2007年 02月
2007年 01月
2006年 12月
2006年 11月
2006年 10月
2006年 09月
2006年 08月
2006年 07月
2006年 06月
2006年 05月
2006年 04月
2006年 03月
2006年 02月
2006年 01月
2005年 12月
2005年 11月
2005年 10月
2005年 09月
2005年 08月
2005年 07月
2005年 06月
2005年 05月
2005年 04月
2005年 03月
2005年 02月
2005年 01月

検索

人気ジャンル

ファン

記事ランキング

ブログジャンル

画像一覧

タグ:コメディ ( 60 ) タグの人気記事

バウンティ・ハンター

懸賞金が懸けられた元妻を刑務所に送るべく奮闘する賞金稼ぎの元夫と、あの手この手で逃げ回る元妻の攻防を描いたセクシー・クライム・アクション。
c0045529_21424083.jpg

3本ハシゴの真ん中。
何かないかなぁ~と探してて、東宝のポイントもマイルも貯まらんけど、何か面白そうなので観てきました。今日で終わりやったし(笑)

話的には、「噂のモーガン夫妻」的な~?
でも、Jアニストン、ほんまかわいい~♪オシャレな雰囲気もかっこいい仕事の雰囲気も、どれもこれもかわいかったです。

ま、結局「そうなるわな」的な(的ばっかり^^;)展開にオチですが
楽しい作品でした。

原題:  『THE BOUNTY HUNTER』
監督:  アンディ・テナント
キャスト:ジェニファー・アニストン
     ジェラルド・バトラー
     クリスティーン・バランスキー

    (by MOVIX京都)

[PR]
by rm1015 | 2010-07-30 21:37 | 洋画 [は~ほ]

昼下りの情事(午前10時の映画祭)

私立探偵クロードの娘アリアーネは、父親のファイルから、アメリカの富豪フラナガンの資料を盗み読み、彼に恋をしてしまう。ある日、フラナガンに逢う機会を得たアリアーネは、恋愛に慣れたプレイガールのフリをして彼に近づくが……。
c0045529_2153233.jpg

観た気がしてた。未見でした。
若くかわいいアリアーネ、年上にしか興味ないらしい。
それにしてもおっさんじゃないか?(笑)

ゲイリー・クーパーは、こういう「プレイボーイ」やらせたら天下一品ですな。
スケベ親父満開な仕草(笑)
気にも留めてない振りをして、実はめっちゃ気になるアリアーネの男性遍歴。
全部ウソやのに^^;娘でも通る年齢やのに。

この映画は、父ちゃんがいい味出してますなぁ~。

オチが読めなかった・・・^^;
あれでいいのか?父ちゃん!!

原題:  『LOVE IN THE AFTERNOON』
監督:  ビリー・ワイルダー
キャスト:オードリー・ヘプバーン
     ゲイリー・クーパー
     モーリス・シュバリエ

   (by 東宝シネマズ二条 1957年作品)

[PR]
by rm1015 | 2010-06-06 10:00 | 洋画 [は~ほ]

お熱いのがお好き(午前10時の映画祭)

 禁酒法時代のシカゴ。サックス奏者のジョーとベース奏者のジェリーは、偶然聖バレンタインデーの虐殺を目撃してしまい、マフィアに追われる羽目に。2人はフロリダを目指す女性楽団に女装してもぐりこむ。
c0045529_2124629.jpg

これ、初見やったな~。
観たような記憶もあったんですけど、やっぱり観てなかった。

いや、ほんま、ジャック・レモンは最高ですな~。
ジェリーもいいけど、ダフネが最高!
「世界で一番幸せなのはだ~れ?それは私」
傑作!

トニー・カーティスもかっこいいんですけどね。
ジャック・レモンの方が味がある。
何であの不自然な女装がバレへんの?
何であの「ダフネ」にプロポーズすんの?(笑)
それを受けるダフネにも爆笑やし( ´∀`)ゲラゲラ

Mモンローは、決して上手じゃないけど、やっぱり色っぽいですね。
「ププッピドゥ♪」
が似合うのはやっぱりモンローだけかな。

オチのあと、2人はどうなったのでしょうかね(笑)

原題:  『SOME LIKE IT HOT』
監督:  ビリー・ワイルダー
キャスト:ジャック・レモン
     トニー・カーティス
     マリリン・モンロー

    (by 東宝シネマズ二条 1959年作品)

[PR]
by rm1015 | 2010-04-20 21:18 | 洋画 [あ~お]

噂のモーガン夫妻

ゴージャスで完ぺきな夫婦が危機を迎え、それを何とかして乗り越えようと奮闘する姿を絶妙な切り口で見せる。
c0045529_23404266.jpg

これ、面白かったです。
予告のキャッチコピー『浮気したけど妻が好き、そんなのアリですか?』

これを観た時、どうしようもない浮気男に愛想を尽かした嫁が出て行こうとする話かと、
勝手に思ってたので、
「よくあるラブコメやな」と観るのも遅くなりました。
ま、どっちでもよかったんです。観ても観なくても(笑)

でも時間が合ったのと短いのでポイントで観られるということで
観てきました。

なんかね、思わず浮気しちゃったんやって(笑)
これってどないなん?
いや、どないもこないも、許せんでしょ、普通は。
だから別居してたんやね。

けど、一緒に食事したりして、少しは気持ちが残ってたんよね。
離婚したわけちゃうし。

そんなときに事件発生。

そして意に反して手に手を取って(笑)逃避行( ´∀`)ゲラゲラ

その間に気持ちの整理がついて・・・

結局よくある話か(笑)
オチとかわかりきってるし。

田舎の保安官(?)役のサム・エリオット。
この人いいですよねぇ~。
えっと・・ニコラス・ケイジの「ゴーストライダー」でもいい役やってたなぁ~。
声も渋いし西部劇っぽいよね~。
この夫婦がめっちゃかっこよかった♪

原題:  『DID YOU HEAR ABOUT THE MORGANS』
監督:  マーク・ローレンス
キャスト:ヒュー・グラント
     サラ・ジェシカパーカー
     サム・エリオット

   (by 東宝シネマズ二条)

[PR]
by rm1015 | 2010-03-30 23:38 | 洋画 [あ~お]

GSワンダーランド

GS(グループ・サウンズ)ブームの狂騒が渦巻く1968年を舞台に、ブームに乗ってひと山当てようと画策する大人たちが巣くう音楽業界に、純粋な夢を抱いて飛び込んだ4人の若者の青春を描く音楽コメディ。
c0045529_156173.jpg


去年劇場鑑賞して、ベスト3に入るんじゃないか?っていうくらい好きやった作品です(笑)
こういう「昭和モノ」大好きなのだ♪

これはまた好きな音楽映画でもあり、コメディタッチでテンポよく進む楽しい映画。

生まれる前のことなので、GSブームはよくわからんけど、
すごい、何十ものグループがあったんですねぇ~。
有名どころしか知らんよな~。

でも、子供の頃好きになった「LAZY」は、その流れを汲んでたな~。
同じ衣装着て、アイドルチックなニックネームつけて(笑)
そういえば、LAZYは当時、タイガースの森本太郎さんがプロデュースに関わってましたな。
デビューさせたのも「ムッシュ」でしたな。
追っかけしてたもので(タイガースちゃうで、LAZYやで^^;)

「タイツメン」グループ1の人気者は「ミック」
その他のメンバーは、そんなに見向きされない。
そんなもんすかね。
ボーカルより売れるとか・・・あ、LAZYもそういえば「POCKY」が1番人気でした。
(今はあのアニメや声優で有名なランティスの社長っす!)

でもじつはミックは男じゃない。
でもファンは男と信じて追っかける・・・。
夢はかなったけど自分は「本当の自分」で歌手を目指したい・・・
悩むミック。でも毎日が楽しい・・・
そんなとき「ミックは女」という話が広まり始め・・・

そんな感じですが、
ボーカルの子がこれがまた「石田卓也」なんですね。
やっぱり顔が覚えられない(笑)

それにドラムが水嶋ヒロ。
このときはそんなに売れてなかったのですか?
知らなくてすみません(笑)

この歌結構心に残ります。
イントロはまるで「男の子女の子」です。
よく口ずさみます(笑)

「世界がぼくをま~っていた~♪」

岸辺一徳さんが出てます。ジュリーにも出てほしかった(笑)


監督:  本田隆一
キャスト:栗山千明(ミック)
      石田卓也(マサオ)
      水嶋ヒロ(シュン)
      浅利陽介(ケンタ)

      (by 日本映画専門チャンネル)

[PR]
by rm1015 | 2009-12-28 01:53 | 邦画 [さ~と]

ジュリー&ジュリア

およそ50年前にフランス料理を一般の家庭に紹介し、アメリカの食卓に一大革命をもたらした伝説の料理研究家ジュリア・チャイルドと、彼女の料理本に登場する524レシピを1年にわたって毎日作り続けブログに綴ることを決意した現代のOLジュリー・パウエル。そんな2人の実話を基に、悩める2人の女性の人生が料理を媒介に時を越えて重なり合うさまをハートフルに描く女性ドラマ
c0045529_2223113.jpg

「ボナペティ♪」

これは楽しかった♪
笑えたし感動もあったし、本当に素敵な作品でした。

ジュリーがお手本にしたいジュリアのお料理、
でもその先生のはずのジュリアが、完璧にできるのか、って言えばそうじゃない。

最初は料理教室に通いだすところから始まって、
のめり込む性格も手伝って、ドンドン上達していき、
教室をひらいたり本まで出すようになっていく・・・。

ジュリーのお手本っていうから、こりゃまた同じ時代のお姉さんかと思いきや、
実際は昭和初期の話(^^ゞ
テレビ番組でドンくさい料理の先生やってたけど、それをジュリーが観てるのは白黒やったしな・・。
ビデオやったのね(笑)

しかし、そのレシピを1年で作り上げるという無謀な挑戦。
ブログにUPするのに、デジカメとか使って写真撮らないの?とか思いましたけど~。
この話2002年くらいやったっけ?
そんな機能なかったか?あったよね(笑)

でもそのブログもちゃんとたくさん読者がいてよかったね。
わしみたいに誰も見てないのに必死で書いてるおバカもいるのに( ´∀`)ゲラゲラ

原題:  『JULIE & JULIA』
監督:  ノーラ・エフロン
キャスト:メリル・ストリープ
      エイミー・アダムス
      スタンリー・トゥッチ

      (by 東宝シネマズ二条)

[PR]
by rm1015 | 2009-12-14 22:20 | 洋画 [さ~そ]

理想の彼氏

離婚して引っ越してきたばかりの40歳シングルマザーと、24歳の青年が惹かれ合うロマンチック・コメディー。
c0045529_22244784.jpg

何か久々ですな。新しい映画(笑)

比較的苦手なジャンル^^;ラブコメであります。

だけど、これ、結構面白かった。

何か今の時代を反映してるのか、

女子がバリバリ働いて、バイトといえども、男子が子守に炊事。
そんな相手に惚れちゃう女子(っちゅうても40のええオバハンやけど)

優しいんですね。彼が。
そりゃ「理想の彼氏」だわ。

自分の子供の面倒を見てくれて、疲れて帰ったらご飯もできてて、おまけに「あっち」もV( ̄◆ ̄)V
何がいいって、子供がなついてくれたことでんな。
その子供がまた、ええキャラしてまんねん( ´∀`)ゲラゲラ
大きくなったらどんな子になるんやろ(笑)

よくあるパターンで、ささいなことからけんか別れしちゃうんやけど
(女子にとっては些細ではないかもしれない)
その腹いせ(?)に彼女に言われた通り、世界を巡る旅をする。
その姿はまるで、「沈まぬ太陽」の恩地さん(笑)

それに、他の作品と違うのは気難しいようで物分かりのいい「彼氏の親」
難しいよね。息子が15も歳の離れた女を連れてきたら・・・って考えたら・・・(;´Д`A ```

でもでも、この彼氏、離婚はどうなってん!?(笑)

しかし、「ゼタさん」はきれいだ。おまけにかっこいい♪女子の憧れだ~♪♪

原題:  『THE REBOUND』
監督:  バート・フレインドリッチ
キャスト:キャサリン・ゼタ=ジョーンズ
      ジャスティン・バーサ
      リン・ウィットフィールド
  

       (by 東宝シネマズ西宮OS)

[PR]
by rm1015 | 2009-11-27 22:21 | 洋画 [ら~ろ]

大洗にも星はふるなり

クリスマス・イブ。茨城県大洗の海の家に6人の男たちが集まった。一人はここのマスター、残る5人はひと夏をこの海の家で過ごしたバイト仲間たち。彼らがここにやって来たのは、憧れのマドンナ、江里子から“クリスマス・イヴの夜に海の家で会いたい”という手紙をもらったから。しかし、誰一人呼び出された理由を知らず、いつのまにか、この中に本命がいると勝手に結論づけて、その場にいない江里子との仲を互いに猛烈アピールし始める。
c0045529_0214789.jpg

はい、3本目です。
電車に乗って1時間、「箱移動」して観てまいりました(笑)
実はこの映画、めっちゃ観たかったのですが、「東宝シネマズ」ではやってない(と思いこんでいた)ので、
フリーパス月間でもミニシアターに観に行かないと・・(;´Д`A ```
と残念がっておりました。

が。

2つ目の御用達映画館でやると知って、ひゃっほ~い♪

もちろん行きました。電車賃使って「タダ」の映画を観るのと、
ホン近くでやってるのをお金出して観るの・・・

さて、どっちが「損」でしょう( ´∀`)ゲラゲラ

これ、め~っちゃ楽しかったです。
正直、げらげら笑いました。

でも、くだらなすぎて、「何が面白かった?」って聞かれても

「・・・・」

「山田孝之が壊れてた・・・」「佐藤二郎がいつも通りやった」

くらいの印象なんですね~( ´∀`)ゲラゲラ

ま、そんなんでいいんですが。

だって山田くんって、どんな役もするでしょ。
静かに目で物言う役とか、かと思えば「鴨川ホルモー」のような壊れた役とか・・・。
「クローズ」では「かっこよかった」らしいしね。

ちょっと汚いけどさ(笑)

でもそれも味でしょ( ´∀`)ゲラゲラ

でもこの映画、出演者みんなが壊れてます。
楽しそうに(好き放題?)やってます。
舞台とかでも面白そう♪

監督:  福田雄一
キャスト:山田孝之
      山本祐典
      ムロツヨシ

      (by 東宝シネマズ西宮OS

[PR]
by rm1015 | 2009-11-13 23:59 | 邦画 [あ~こ]

僕らのワンダフルデイズ

ガンで余命半年と知ってしまった中年男が、高校時代の仲間とバンドを再結成しコンテストを目指す中で本当に大切なものに気づいていく姿をユーモラスに描いた人生ドラマ。
c0045529_2354665.jpg

始まってすぐにオチが読める展開。

ベタだ~(笑)
ありきたりだ~(笑)

でも、いいんですよ。それがまた。
感動できるんですよねぇ。

高校時代に一緒にやってたバンド。
続けてたわけではないけど、メンバーの内3人はいつも会える場所に住んでて。

ずっと地元なんですね。
それもまたいいですね。

私より年上の世代やけど、そんなに遠くもなく(笑)

みんなそれぞれ悩みを抱えてて、それでもこんな気持ちになったときに、助けてくれる友人たちが近くにいる、ってのはほんまにうれしいことですよねぇ。
若い時のように、時にはけんかしながらも、一生懸命練習する姿に胸が熱くなった・・・。
俳優じゃない人が参加してたけど(笑)
これはまたこれで味ですね。
トツトツとセリフを読む(確かに読んでるように思えた)姿も、ドラムより練習したんやろな~って思いました。

オチの読める掴みなんですが、「本当のオチ」は読めませんでした^^;

最後に出てきたあの女優さん、例の良子さんかと思ったんですが違った~。
でもちゃんと、エンドロールにお名前が・・・(笑)

あんまり評判になってないのか、ガラガラでした。
年齢層は高め・・・。
でも、本当に楽しかった。

コンテストで「残念ですが、欠席・・・・」「ちょっとまった~!!」
な~んてとこは、まさに「スイングガールズ」やった(笑)
そういえば、竹中直人と貫地谷しほり だわさ。あれは先生と生徒やったけど( ´∀`)ゲラゲラ

わかこちゃんのだんなさんである「妖怪」の謎も解けます。
未見の方は、出演者も全部は知らない方がいいと思います。

でも、結婚式の初めに読めちゃうけどね( ´∀`)ゲラゲラ

監督:  星田良子
キャスト:竹中直人
      宅間 伸
      段田安則

        (by 東宝シネマズ西宮OS)

[PR]
by rm1015 | 2009-11-11 23:45 | 邦画 [な~ほ]

なくもんか

幼いころに生き別れ、互いの顔も知らずに育った兄弟と、二人を取り巻く周囲の人々が織り成す人情コメディ
c0045529_0345744.jpg

試写会当たりまして観てきました。
本日3本目です。

阿部サダヲ、裏切らないですね。
コメディ、人情物、うまいですね。
さすが舞台出身ですねぇ。

今回は竹内結子もはじけてました。
「山ちゃん」の人柄がよく表れてて、すごい楽しかったです。

でも、ラストが少し間延びしたかな~。
沖縄とかでなくてもよかった気がする。
あの織田裕二の「イタリアでなくてもええやん」(って自分は思った)的な感じ。
瑛太演じる佑介の心の揺れも、もっと深くいってほしかったし。

でも、笑えるシーンも泣けるシーンもほどよく盛り込まれてて、面白かったよ。

ただ・・2日で5本・・・疲れた(笑)

監督:水田伸生
脚本:宮藤官九郎
キャスト:阿部 サダヲ
      瑛太
      竹内結子

      (by 東宝シネマズ二条)

[PR]
by rm1015 | 2009-11-05 23:59 | 邦画 [な~ほ]