今年もよろしくお願いします。頑張って月日に追いつきま~す(笑)


by rm1015

プロフィールを見る
画像一覧

S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30

カテゴリ

全体
洋画 [あ~お]
洋画 [か~こ]
洋画 [さ~そ]
洋画 [た~と]
洋画 [な~の]
洋画 [は~ほ]
洋画 [ま~も]
洋画 [や~よ]
洋画 [ら~ろ]
洋画 [わ~]
映画 [アジア系]
邦画 [あ~こ]
邦画 [さ~と]
邦画 [な~ほ]
邦画 [ま~よ]
邦画 [ら~ ]
[過去の鑑賞記録]
みーのつぶやき

タグ

(131)
(112)
(93)
(74)
(60)
(58)
(50)
(48)
(43)
(41)
(38)
(34)
(29)
(27)
(27)
(26)
(20)
(15)
(12)
(9)

お気に入りブログ

素晴らしき哉映画人生
シネマ親父の“日々是妄言”
samuraiの気になる...
映画の心理プロファイル
Stampede
映画館の暗闇に包まれて
かたすみの映画小屋
のんびり映画日記
☆ Inusukeなブログ ☆
利用価値のない日々の雑学
MY PLAGUE
みいと塁のおっさんな毎日
映画のへや
It's a wonde...
太陽がくれた季節
KIBE.POSSIBL...
記憶の滴
Sweet* Days*...
華鈴 の blog
I'm Gonna Be...

リンク。

ブログパーツ

最新のトラックバック

『ロミオとジュリエット』..
from 【徒然なるままに・・・】
ダブル・ミッション
from piece of life ..
幸せはシャンソニア劇場から
from ただの映画好き日記
きな子〜見習い警察犬の物語〜
from ただの映画好き日記
ソルト
from piece of life ..
バウンティー・ハンター
from piece of life ..
NINE
from ただの映画好き日記
シャーロック・ホームズ
from ただの映画好き日記
それでも恋するバルセロナ
from ただの映画好き日記
ラブリーボーン
from ただの映画好き日記

ライフログ


ALWAYS 三丁目の夕日 豪華版


三丁目の夕日


パイレーツ・オブ・カリビアン デッドマンズ・チェスト スペシャル・エディション


パイレーツ・オブ・カリビアン 呪われた海賊たち コレクターズ・エディション


Shall we Dance ?(初回限定版)


フットルース


サウンド・オブ・ミュージック プレミアム・エディション


インファナル・アフェア 限定デラックス DVD-BOX


雨に唄えば


いぬのえいが プレミアム・エディション


スウィングガールズ スタンダード・エディション


十二人の怒れる男


天使にラブ・ソングを 2


パッチ・アダムス ― コレクターズ・エディション


スティング


大脱走


ミスタア・ロバーツ 特別版


絹の靴下 特別版


情婦


私を野球につれてって


第十七捕虜収容所


バンド・ワゴン 特別版

以前の記事

2012年 02月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 07月
2010年 06月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 03月
2010年 02月
2010年 01月
2009年 12月
2009年 11月
2009年 10月
2009年 09月
2009年 08月
2009年 07月
2009年 06月
2009年 05月
2009年 04月
2009年 03月
2009年 02月
2009年 01月
2007年 11月
2007年 10月
2007年 09月
2007年 08月
2007年 07月
2007年 06月
2007年 05月
2007年 04月
2007年 03月
2007年 02月
2007年 01月
2006年 12月
2006年 11月
2006年 10月
2006年 09月
2006年 08月
2006年 07月
2006年 06月
2006年 05月
2006年 04月
2006年 03月
2006年 02月
2006年 01月
2005年 12月
2005年 11月
2005年 10月
2005年 09月
2005年 08月
2005年 07月
2005年 06月
2005年 05月
2005年 04月
2005年 03月
2005年 02月
2005年 01月

検索

その他のジャンル

ファン

記事ランキング

ブログジャンル

画像一覧

タグ:ほのぼの系 ( 26 ) タグの人気記事

ダーリンは外国人

マンガ家を目指すさおりは、ひょんなことから出会った日本語ペラペラのアメリカ人ライターのトニーと付き合うことに。ある日、さおりは姉の結婚式で、初めてトニーを親に紹介する。純粋で礼儀正しいトニーは、すぐに家族と打ち解けるが、父親だけが猛反対。それを、彼に打ち明けられないさおりは、トニーとの間に隙間ができてしまい…。
c0045529_12738.jpg

人気マンガなんですね。
知りませんでした(;´Д`A ```
正直、実話とも知りませんでした(笑)
観ていて、「このヒロインが作者の話なのかな」って思ったくらい。
知らなさすぎ( ´∀`)ゲラゲラ

かわいい話でしたねぇ。
感動もさせてもらいました。

井上真央ちゃんって、キッズ・ウォーで「おれがさ~」って言ってたことばっかりが印象深くって(笑)
いつの間にか綺麗なお姉さんになっちゃっててさ。

この作者も素敵な家族に恵まれて幸せですね。
日本人以上に日本人ぽいトニーも優しすぎるほど優しいし。
お母さんもお姉ちゃんも、お父さんも、素敵ですよね。
こんな「お母さん」になりたい。

今は「ダーリンは外国人withBABY」になってるらしい。
読もうっと。

原作:  小栗左多里
監督:  宇恵和昭
キャスト:井上真央
     ジョナサン・シェア
     国仲涼子

    (by 東宝シネマズ二条)

[PR]
by rm1015 | 2010-04-12 21:58 | 邦画 [さ~と]

おと・な・り

人生の分岐点に立つ30歳の男女を主人公に、都会の古いアパートでお隣り同士となった2人が、顔を合わせることもなく、互いの生活音だけを介して次第に惹かれ合っていくさまを繊細に綴る等身大のラブ・ストーリー。
c0045529_1105972.jpg

春ごろに上映されたらしいです。
いつも行くシネコンでやってなかったので見逃していました。
今年の映画のリバイバル上映で鑑賞です。

いいですね。こういうほのぼの作品。
本当に「ドラマ」って感じで、ふんわりした雰囲気。

ちょっと谷村美月演じる茜が、ウザかったかも・・^^;

あんなんおれへんでしょ。
いくら彼氏の親友やからって、勝手に押しかけてきて「迷惑?」とも聞かず
住み着くなんて^^;

でも最後はいい子に戻ってたけど(笑)

この物語の佳境に「小さなオチ」があって、
それがまたほのぼのしてます。
いい雰囲気の作品でした。

しかし、岡田くん、男前でんな~( ´∀`)ゲラゲラ

監督:  熊澤尚人
キャスト:岡田准一
      麻生久美子
      谷村美月

      (by 京都シネマ)

[PR]
by rm1015 | 2009-12-21 23:04 | 邦画 [あ~こ]

曲がれ!スプーン

エスパーを探して全国を旅する超常現象バラエティー番組のADの女の子が、本物のエスパーたちと出会い、大騒動に発展するコメディー。
c0045529_23412643.jpg

多分、フリーパスでなかったらスルーしてる映画かも。
ま、「何でもいいから観よう」ってことができる、素敵なメリットですね(笑)

でも。
面白かったんですよ、これ。

多分長沢まさみとユースケと志賀廣太郎さん以外、主に舞台ばっかりで活躍されてる俳優さんばっかりではないかと。
みんなあんまり知らんかったし・・。

でもさすがにみんなうまい。
安心して観てられたな~。
ってか、これも舞台ものなんですよね?

エスパーの中に、有吉にそっくりな人がいたり(笑)
チョイ役に、こないだ観た「大洗に~」に出てたムロツヨシ氏がいたり、
へっちゃら男の寺島進は、最近よく観るし(笑)

ほのぼの楽しい作品でした。

あ、そうそう、この映画の予告編で「東宝シネマズΟΟにお越しのみなさん!」って長沢まさみが宣伝してたけど、
各劇場全部言ってたんやな~と感心してたものでした(観たのは3劇場 笑)

監督:本広克行
キャスト:長沢 まさみ
      三宅弘城
      諏訪 雅

      (by 東宝シネマズ二条)

[PR]
by rm1015 | 2009-11-22 23:36 | 邦画 [ま~よ]

サイドウェイズ

2004年のアレクサンダー・ペイン監督作ハリウッド映画『サイドウェイ』を、海外スタッフのもと小日向文世と生瀬勝久の主演でリメイクした大人のコメディー・ドラマ。
c0045529_23584914.jpg

フリーパス月間の今月、仕事が休みの日こそ観貯めしようと必死になってるので(笑)
疲れが取れません( ´∀`)ゲラゲラ
本日2本目は、のんびりロードムービー。
カリフォルニアが舞台ですが邦画であります。
しかも、小日向さんと生瀬サンという、普段脇を固めてる俳優陣が主演。
「20世紀少年」で言えば「山根くんとドンキー」ですな( ´∀`)ゲラゲラ

楽しいお話でした。

小難しいワインの話が満載ですが(わしは飲まないのでわかんない~)
それを抜きにしても、小洒落た感じに仕上がってました。
これって、リメイクなんですよね。
オリジナルってどんな感じなんやろ~?

ほんまにキャッチコピーそのまま、「ほんまおっさん、何やってんねん」なんやけど(笑)
笑って観てられますね。
疲れてたし、2本目なので「寝るかな~」って思ってたけど、無問題でした(笑)

この2人やったからこんなにほのぼのできたのかもね。
生瀬さん、関西弁でなくても違和感なくなってきた( ´∀`)ゲラゲラ

ラストの「後」がどうなったのか気になるな~。
御想像に・・・ってやつ??

監督:  チェリン・グラック
キャスト:小日向 文世
      生瀬勝久
      菊池凛子
      鈴木京香

      (by 東宝シネマズ二条)

[PR]
by rm1015 | 2009-11-13 23:53 | 邦画 [さ~と]

南極料理人

実際に南極観測隊の調理担当としてドームふじ基地で越冬した西村淳のエッセイ『面白南極料理人』を映画化。
c0045529_2259547.jpg


おいしそうなものがいっぱい出てきます。
ひたすら食ってます(笑)
朝昼晩と、ちゃんと食事の時間は忘れず映ってます。

しかし、どんな状況なんやろう・・・。
おっさんばっかり、篭って何百日も・・・・。
実際どんな生活やったのか・・・見たく・・・・はない(笑)

しかしそこは映画。
きれいにのん気に描かれています。

この調理担当の西村さんが、堺雅人がやってるからか、本当にいつもにこにこ、いい人なんですよね。
本人はどんな人なんかな?それだけは見てみたいかも・・・。

この映画にも、さっき見た「モンちゃん」と「ドンキー」が出ています。
いろんな役柄、大変だ(笑)

しかし、南極ってすごいとこなんですね。
与えられた食材のみで、工夫しておいしいものが作られていく・・・。
ローストビーフなんか、原始的な作り方にびっくりしたけど、
あの方法がベストなんやろな。

それに、ラーメン。
本当に何でもリクエストに答える西村さん。

ただ・・・
あのエビフライは、1匹からあんな大きいのできるかなぁ。
c0045529_22565522.jpg


CSの映画宣伝番組に出てた堺雅人が、「おにぎりが食べたくなりますよ」って言ってたけど、
おにぎりもやけど、ラーメンが食べたくなった(笑)

ちゃんとご飯作ろう!って思わせてくれる作品でした。


監督:  沖田修一
キャスト:堺 雅人
      生瀬勝久
      きたろう

      (by 東宝シネマズ西宮OS)

[PR]
by rm1015 | 2009-09-01 22:41 | 邦画 [な~ほ]

幼獣マメシバ

引きこもりの中年男が生まれたばかりの子犬を連れ、失踪中の母を探す旅に出るハートフル・コメディー。
c0045529_22866.jpg

この作品を知ったのは、主人情報より。
「マメシバのドラマ知ってるか?」「豆柴?」「おもろいらしいで。チラッとなんかで観たけど、めっさかわいいで」「観たいな~」「映画もやるらしいで」「そら観に行くしかないやん」
まだこんな会話だけでした。
「どっかでドラマやってないかな?」何にも知らず探すこともロクにせず(笑)
映画をやることを知ってから、公式サイトとか見たりして。
でも、1週間ほど前に、テレビでやってたんです。それも超ローカル、京都テレビ(笑)
あの、「鴨川ホルモー」にアナウンサーが出てきた、その京都テレビ。
でも京都テレビで作ってるわけじゃないんですよね。
それに、やってる映画館も超ローカル。
全国で5つくらいしかやってない。
たぶん、このドラマが放映されてる地域にある、小さな映画館だけなんでしょうね。

映画は、ドラマとは違う話の進み方です。
また違う話として楽しめます。

あ、でも設定は同じなので、二郎ちゃんが引きこもりとか、母ちゃんが家出するとか、父ちゃん死んじゃったとか・・・
そんなんは同じです。
ドラマと同じ、豆柴の名前も一郎。
それに、家出した母ちゃんが、結構難しいヒントを出して、自分を探させる。これも一緒。
c0045529_22325117.jpg

あ~ん・・・たまらんほどかわいかったなぁ。
話もなかなかいいんですよね。
「この僕にこの幼獣と生きろと言うのか?」と言いながら、一郎のピンチにはとっさに駆け出してる二郎ちゃんに、涙出ました・・・(;_;)
しばらくぶりに会う一郎に対し、へたくそな歌を歌って必死に振り向かそうとする二郎ちゃんには
号泣でした・・・・(T_T)

引きこもってブログばっかりやってた二郎ちゃんが、一郎とともに最後に行き着くところは・・・・???

台詞の一つ一つも面白いし、そんなにイヤな奴も出てこないし(笑)
本当にほのぼのあったかい映画です。
上映ない地域のみなさんは、ぜひDVD化をお待ちください(笑)

あ、ここにも志賀廣太郎さんが♪⌒ヽ(*゚O゚)ノ

監督:  亀井亨
キャスト:佐藤二朗
      安達由実
      高橋 洋

       (by 京都みなみ会館)

[PR]
by rm1015 | 2009-06-25 22:33 | 邦画 [ま~よ]

マーリー 世界一おバカな犬が教えてくれたこと

人一倍やんちゃなラブラドール・レトリーバーを飼ってしまった夫婦の騒々しくもかけがえのない日々を
ハートフルに描く。

c0045529_2144203.jpg

わんこもの。
実話っちゅうか、この人のお話なんですね。

しかし、このわんこ、超やんちゃで言うこと聞かないんやけど。
だから「セールわんこ」やったのね(笑)

ん~・・・
ウチのわんこも、どちらか言うと「セールわんこ」的?・・・(゚_゚i)タラー・・・

ま、率直な感想は、

「ものすごくかしこいわんちゃん!♪⌒ヽ(*゚O゚)ノ スゴイッ!!!」

だって、「おバカな演技」ができるんですよ。
ほんまにおバカならできないですよねぇ。

車の外に出て、併走するとか、水を見たら突進するとか、
教えないでもできるとは思えないし。
(あ?ラブちゃんって、水見たら突進するもんなん?ウチのが水嫌いなだけ?( ̄Д ̄;)

家の中ひっくり返ってたって、盗み食いされたって、大切なもの食い荒らされたって、
「もう~!しゃーないなぁ」って思えるんですよねぇ。
ムカついても腹立っても、子供と一緒でその場限り。
またすぐ「かわいいかわいい」ってなってるもんなんよね(笑)
散らかされても片付けたらすむし、粗相は洗えばいいし。

ラストは賛否両論あると思います。
でも、私はこれも選択肢の一つやと思うし、わんちゃんのことを思ってないとは言えないと思う。
「アメリカやから」と言ってしまえばそれまでやけど・・・・。
大切な命ではあるけど、こうするのも方法なのかも・・・

ウチの塁は7歳です。
まだ若いつもりでいます(飼い主と一緒 笑)
家族に愛されて、元気でいっぱい長生きしてほしいです。

原題:  『MARLEY & ME』
監督:  デヴィッド・フランケル
キャスト:オーウェン・ウィルソン
      ジェニファー・アニストン
      エリック・デイン

            (by 東宝シネマズ梅田)

[PR]
by rm1015 | 2009-04-14 22:03 | 洋画 [ま~も]

ホノカアボーイ

ハワイ島に実在する町ホノカアを舞台に、町の映画館で映写技師として働くことになった青年と、そこに暮らす人々の人間模様を描く
c0045529_2244699.jpg

ほんわかのんびり。
いい意味であったかい映画です。
出てくる人に悪い人がいない。
事件も起こらない。
最初に出てきた蒼井優がちょっと怒ってたくらい(笑)

岡田将生。「天然コケッコー」で観て以来やな~。
これまた「大きくなったねぇ」(笑)
あの映画じゃ、中坊役やったもんね(笑)
ってか、あれがデビューやったのか~。そう思うとやっぱり大出世やん。
次も主演決まってるんでしょ~?
なかなかの「イケメン」さんやもんね。

いいですよ~。
行きたくなります。ホノカア。
こんな街があるなんて知らなかった。
日系移民の街なんですね。
時間がゆっくり過ぎて行く・・・。
多分住むのは無理な気がするけど、1度行ってみたいトコロですね。

みんなみんないい人ばっかり。
不思議やけど、違和感がない。
レオくんが何度も足を運んでしまうのもわかる。
ビーさんのちっちゃなヤキモチもかわいかった(笑)
大人なのに、かわいい心の持ち主ですよね。(ちょっと事件になりかけたけど・・・)
多分レオに見せたくて買ったワンピ着て、知らん顔のレオの前でクルンと回ってみたりとか(笑)
ちょいちょい挟んでくる、小ネタ的な笑いもおかしかったし。

東宝で大々的に宣伝してたけど、映画としてはミニシアター系的な感じでした。

隣のおばはん、いくらのんびりほんわか映画やからって、イビキかくなよ・・・(ーー)#

監督:  真田敦
キャスト:岡田 将生
      倍賞 千恵子
      長谷川 潤

       (by東宝シネマズ二条)

[PR]
by rm1015 | 2009-03-14 21:58 | 邦画 [な~ほ]

きつねと私の12ヶ月

森の動物たちの姿や大自然の四季を活写しながら、野生のきつねと少女のふれあいを描く
c0045529_110821.jpg

14日の東宝デーなので2本目鑑賞。

監督の実体験?マジっすか∑( ̄ロ ̄|||)!?
観ていて「ありえへ~~~~~ん!」って思ったんやけど。
どこまでがほんまなんかなぁ。

しかし、四季折々の山の描写が素晴らしい!!
こんなとこに住みたい!
しかし虫怖いしあかんか(笑)

学校行く道にきつねがいるなんて、信じられないんですよ。
車ビュンビュンやし。
季節の移り変わりを直に感じられる、な~んていいですよね。
これはいつの時代の話なんでしょ。

でも、出てくるきつねの表情が見事です。
充分に慣らされてるんやろうけど、
野性っぽく薄汚れさせて、それらしく見せてたし。

しかし、きつねって、犬顔ですね。
ウチのわんにそっくりやった(笑)
尻尾だけが太くってきつねやねん。

でも、あーいう自然の中に住んでたら、虫怖いなんて言うてられませんね(笑)
あ~、でもでも蛙が出てくるのだけは勘弁なんですけど~~008.gif

原題  『LE RENARD ET L'ENFANT

監督:  リュック・ジャケ
キャスト:ベルティーユ・ノエル=ブリュノー

         (東宝シネマズ西宮OS)

[PR]
by rm1015 | 2009-01-14 23:25 | 洋画 [か~こ]

幸せのレシピ(2007米)

マンハッタンの高級レストラン“22ブリーカー”。そんな店の評判を支えているのが、超一流の腕前と妥協のない仕事ぶりで知られる女料理長のケイト。しかし、完璧主義が過ぎて独善的なところもあり、時には客と喧嘩してしまうことも。そんなある日・・・
c0045529_0192375.jpg

オリジナルは未見です。観に行く直前にBSで放送してたのに、見事(?)逃しました^^;

この映画、フレンチレストランの厨房のシーンが多いのに、お料理してるシーンが少ない(笑)

でも、恋愛オンチな主人公が、新しい同僚に心を開いていくところ、
母親を亡くして心を閉ざしちゃった姪っ子に対しても、
母親代わりとして頑張ろうとする姿、
感動してしまった(>_<)

そんな姪っ子へのディナーが、あのお魚じゃグロいやろ~!と密かに突っ込んでしまいました(笑)
でも、そんなケイトや同僚のニックに、だんだん心を開いていくゾーイがかわいかった・・・。
スパゲティを頬張る姿は微笑ましかったし。

ケイトがクレーマーなお客に対して、思いっきり啖呵を切るシーンにはスカッとしましたね。やってみたい~!!(゚▽゚=)ノ彡☆ギャハハ!!


原題:  『NO RESERVATIONS』
監督:  スコット・ヒックス
キャスト:キャサリン・ゼタ=ジョーンズ
      アーロン・エッカート
      アビゲイル・ブレスリン

        (by MOVIX京都)

[PR]
by rm1015 | 2007-10-03 23:57 | 洋画 [さ~そ]