今年もよろしくお願いします。頑張って月日に追いつきま~す(笑)


by rm1015

プロフィールを見る
画像一覧

S M T W T F S
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31

カテゴリ

全体
洋画 [あ~お]
洋画 [か~こ]
洋画 [さ~そ]
洋画 [た~と]
洋画 [な~の]
洋画 [は~ほ]
洋画 [ま~も]
洋画 [や~よ]
洋画 [ら~ろ]
洋画 [わ~]
映画 [アジア系]
邦画 [あ~こ]
邦画 [さ~と]
邦画 [な~ほ]
邦画 [ま~よ]
邦画 [ら~ ]
[過去の鑑賞記録]
みーのつぶやき

タグ

(131)
(112)
(93)
(74)
(60)
(58)
(50)
(48)
(43)
(41)
(38)
(34)
(29)
(27)
(27)
(26)
(20)
(15)
(12)
(9)

お気に入りブログ

素晴らしき哉映画人生
シネマ親父の“日々是妄言”
samuraiの気になる...
映画の心理プロファイル
Stampede
映画館の暗闇に包まれて
かたすみの映画小屋
のんびり映画日記
☆ Inusukeなブログ ☆
利用価値のない日々の雑学
MY PLAGUE
みいと塁のおっさんな毎日
映画のへや
It's a wonde...
太陽がくれた季節
KIBE.POSSIBL...
記憶の滴
Sweet* Days*...
華鈴 の blog
I'm Gonna Be...

リンク。

ブログパーツ

最新のトラックバック

『ロミオとジュリエット』..
from 【徒然なるままに・・・】
ダブル・ミッション
from piece of life ..
幸せはシャンソニア劇場から
from ただの映画好き日記
きな子〜見習い警察犬の物語〜
from ただの映画好き日記
ソルト
from piece of life ..
バウンティー・ハンター
from piece of life ..
NINE
from ただの映画好き日記
シャーロック・ホームズ
from ただの映画好き日記
それでも恋するバルセロナ
from ただの映画好き日記
ラブリーボーン
from ただの映画好き日記

ライフログ


ALWAYS 三丁目の夕日 豪華版


三丁目の夕日


パイレーツ・オブ・カリビアン デッドマンズ・チェスト スペシャル・エディション


パイレーツ・オブ・カリビアン 呪われた海賊たち コレクターズ・エディション


Shall we Dance ?(初回限定版)


フットルース


サウンド・オブ・ミュージック プレミアム・エディション


インファナル・アフェア 限定デラックス DVD-BOX


雨に唄えば


いぬのえいが プレミアム・エディション


スウィングガールズ スタンダード・エディション


十二人の怒れる男


天使にラブ・ソングを 2


パッチ・アダムス ― コレクターズ・エディション


スティング


大脱走


ミスタア・ロバーツ 特別版


絹の靴下 特別版


情婦


私を野球につれてって


第十七捕虜収容所


バンド・ワゴン 特別版

以前の記事

2012年 02月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 07月
2010年 06月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 03月
2010年 02月
2010年 01月
2009年 12月
2009年 11月
2009年 10月
2009年 09月
2009年 08月
2009年 07月
2009年 06月
2009年 05月
2009年 04月
2009年 03月
2009年 02月
2009年 01月
2007年 11月
2007年 10月
2007年 09月
2007年 08月
2007年 07月
2007年 06月
2007年 05月
2007年 04月
2007年 03月
2007年 02月
2007年 01月
2006年 12月
2006年 11月
2006年 10月
2006年 09月
2006年 08月
2006年 07月
2006年 06月
2006年 05月
2006年 04月
2006年 03月
2006年 02月
2006年 01月
2005年 12月
2005年 11月
2005年 10月
2005年 09月
2005年 08月
2005年 07月
2005年 06月
2005年 05月
2005年 04月
2005年 03月
2005年 02月
2005年 01月

検索

その他のジャンル

ファン

記事ランキング

ブログジャンル

画像一覧

必死剣 鳥刺し

江戸時代。東北の海坂藩では、藩主・右京太夫の愛妾・連子が藩政に口を出し、善からぬ影響が拡がっていた。しかし、誰もその暴走を止めることが出来ずにいた。最愛の妻・睦江を病で亡くしたばかり物頭・兼見三左エ門は、死に場所を求めるかのごとく独断で連子の刺殺を敢行する。しかし…
c0045529_015273.jpg

へぇ~。最初「何のこっちゃいな?」やったんですけどね。

しかし、連子様役の関めぐみ、申し訳ないけどこんなお顔でしたっけ?^^;
「アヒルと鴨のコインロッカー」で見たときは、
もう少し別嬪さんやと思ってました。
時代劇メイクとヅラの具合かな^^;

結構退屈するのかと思いきや、いやいやどうして結構おもしろかったんですよ。これが。
ちょっとな~と、違和感あったのが、池脇千鶴のラブシーン。
これほどまでに似合わない女優さんは少ないかも^^;
何か清楚なイメージがあるし、割と地味目やし(笑)
いつまでも若い女の子の役が合う感じがしますな。
なんてったって、去年はホームレス中学生のねーちゃんやしな。
あれ、違和感なかったもんV( ̄◆ ̄)V

鳥刺しの意味は中盤で、最初のセリフでは「はぁ?」やった「半ば死んでおりまする」の「必死剣」は終盤でわかります。

わりとスカッとするけど…(以下自粛)

原作:  藤沢周平
監督:  平山秀幸
キャスト:豊川悦司
    池脇千鶴
     吉川晃司

    (by 東宝シネマズ西宮OS)

[PR]
# by rm1015 | 2010-07-12 21:57 | 邦画 [な~ほ]

鉄道員(午前10時の映画祭)

第2次世界大戦後のイタリアに生きる庶民の人生の歓びや哀しみを、ある一人の初老の鉄道機関士の姿を通して描いた、映画史に残る感動作。
c0045529_2123540.jpg

初見でした。
すごく素敵な作品に出合えた気分♪
主演の坊やがすごくかわいくて表情なんかもすごいよかった。

しかし、今でも同じような家庭の悩みってあるんですよね。
子供のことで親が心配したり悩んだりするのは、いつの時代も同じなんやな…

みんな1度は親に反抗してふてくされて、でも結局は親に感謝する年代に入る…

父ちゃんも、飛び出してっちゃったりするけど、
愛する家族のもとにちゃんと帰ってくるし、
ホームドラマ的と言ってしまえば以上やけど、
それだけではない、何か伝えたいものがあるんや、って感じ取れました。

お勧めの1本です。

原題:  『IL FERROVIERE』
監督:  ピエトロ・ジェルミ
キャスト:ピエトロ・ジェルミ
     エドアルド・ネヴォラ
     ルイザ・デラ・ノーチェ

    (by 東宝シネマズ二条 1956年作品)

[PR]
# by rm1015 | 2010-07-10 21:21 | 洋画 [た~と]

アルゼンチンタンゴ~伝説のマエストロたち

アルゼンチンタンゴの歴史をひもとき、その黄金時代を築いた巨匠たちの歌と演奏を収めた音楽ドキュメンタリー。
c0045529_208111.jpg

タンゴの巨匠と呼ばれる往年の音楽家大集合。
歌も音も、何年経っても変わらない素晴らしさ。
たしかに、おじいちゃんおばあちゃんになってるけど、みんなゆく道やもんね。
誰にでも若かった時代がある。
その輝いてた時代に、自分を輝かせてくれたタンゴの世界にもう一度、っていう
思いが充分伝わってきました。

混じって若い人も演奏してるのもまたよかったですね。
正直言って、曲は何曲も知ってたけど、「マエストロたち」と呼ばれる御大方は
誰ひとり知りませんでした。

ラストのコンサートシーン、感動ものです。

原題:  『CAFE DE LOS MAESTOROS』
監督:  ミゲル・コアン
キャスト:オラシオ・サルガン
     レオポルド・フェデリコ
     マリアーノ・モーレス

    (by 京都シネマ)

[PR]
# by rm1015 | 2010-07-08 20:04 | 洋画 [あ~お]

レポゼッション・メン

人工臓器により長寿が可能になった近未来、高額ローンの返済が滞るとレポ・メンと呼ばれる臓器回収人が強制的に人工臓器を取り立てていた。レミーは腕利きのレポ・メンとして恐れられていたが…
c0045529_010269.jpg

いやいや…怖かったな~。いろんな意味で。
ないとは言えん未来の話ってか^^;
ご利用は計画的に。ってか(笑)

しかしチケット取るまで絶対に「レボセッション」やとばっかり思ってた。
「レポゼッション」で回収なのか^^;
しかし原題は「REPO MEN」。「ゼッション」はどこ行った???
自分の無恥さに笑える。

正直逃げてる間、ちょこっと眠気が…
2本目ってこともあったけど(笑)それは言い訳。眠かったんです( ´∀`)ゲラゲラ

っちゅうか、仕事中の事故やん。
どんないきさつか、後でわかるけど、それはないやろ、労災認定されるべきやし。

と1人で怒ってたわし(笑)

ヒロインが加藤ローサに見えた^^;

原題:  『REPO MEN』
監督:  ミゲル・サポチニク
キャスト:ジュード・ロウ
     フォレスト・ウィッテカ―
     リーヴ・シュレイパー

    (by 東宝シネマズ二条)

[PR]
# by rm1015 | 2010-07-07 23:05 | 洋画 [ら~ろ]

雨に唄えば(午前10時の映画祭)

トーキーの出現でハリウッドは大騒動。それまでスターだったリーナもその悪声から将来が危ぶまれる。パートナーのドンはリーナの吹き替えに採用されたキャシーに目をつけ、親友のコスモと一緒に、彼女を次代のスターに担ぎ出そうとする。
c0045529_23545144.jpg

大好きな1本。
ジーン・ケリーもドナルド・オコナーも大好きなので、これは観たことあるけど楽しみにしていました♪

おなじみの雨の中でのシーンももちろんいいんやけど、一番好きなのは
レイノルズと3人で楽しげに歌い踊る「Good Morning」ですね。
これはほんまに泣けるほど好きです。

だけど、ドラマとしてはちょっと意地悪かな~。
確かにリーナがひどいことを先にしてるんやけど、
実際に泣かされて干されて消えていった女優や歌手って、山ほどいるんじゃないのかな。。。

でも小耳にはさんだ裏話で、
実際はジーン・ヘイゲンを吹き替えるシーン、は本当のところは彼女の声なんやってねぇ。
これにはオドロキ。
最近知ったので何も知らなかった自分にもビックリ(笑)

今回初めて、映画終了後にパラパラやけど会場から拍手が起こった。
いいよね、こういうのも♪

原題:  『SINGIN' IN THE RAIN』
監督:  ジーン・ケリー
キャスト:ジーン・ケリー
     デビー・レイノルズ
     ドナルド・オコナー

    (by 東宝シネマズ二条 1952年作品)

[PR]
# by rm1015 | 2010-07-07 19:49 | 洋画 [あ~お]

踊る大捜査線 THE MOVIE3~ヤツらを解放せよ

あれから7年、めでたく係長に昇進した喜びも束の間、次々と巻き起こる事件に翻弄される青島刑事の奮闘を描く。
c0045529_21122284.jpg

シリーズもの全部観てるので、これも早速行ってきました。
和久さんいないのが残念で仕方ない。
でもま、伊藤あっちゃんもよかったかな。

今回もいろいろと事件起こるけど、相変わらずスリーアミーゴスはやりすぎ(笑)
もっともらしい表情はいいとして、あのメイクは笑わせたいだけやな。

大人の事情とかで、雪乃さんが出られなかったけど、まあ嫁に行ったってことで片づけられるのでいいのかも。

いつもの調子でドタバタと進み、往年(!?)の容疑者がいっぱい出てきたのも面白かった。
このシリーズではおなじみの、事件の犯人役が誰!?なんやけど(笑)

室井さんの肩書は、もうわけわからん。
最後は何て言うたん?( ´∀`)ゲラゲラ

監督:  本広克行
キャスト:織田裕二
    柳場敏郎
     小栗旬

    (by 東宝シネマズ二条)

[PR]
# by rm1015 | 2010-07-04 21:07 | 邦画 [あ~こ]

アデル/ファラオと復活の秘薬

1911年、エジプト。妹の命を助けたいフランス人ジャーナリストのアデルは“復活の秘薬”の手掛かりをつかむが、宿敵のマッドサイエンティスト、デュールヴーに阻まれてしまう。ちょうどそのころ、パリでは博物館の卵の化石からジュラ紀の翼竜がかえり、人々を恐怖に陥れていた。
c0045529_013734.jpg

予告に騙された(笑)
いや、めっちゃ冒険シーンが多い作りかと思ってた。
ハラハラドキドキ系やとばっかり思ってたのに、
完全コメディやん。

たしかに「アデル」は強い。
でも冒険シーンは冒頭だけ。
あとはチョイチョイっと謎解いて、ミイラと共に…
エジプトなんかも冒頭だけやし、ずっとパリやし(笑)

ま、ちょっと有名映画をパロッてたのはお遊びか?
だからコメディなんやな。

脱ぐ必要とかあるのか?(笑)

原題:  『 LES AVENTURES EXTRAORDINAIRES D'ADELE BLANC-SEC』
監督:  リュック・ベッソン
キャスト:ルイーズ・ブルゴワン
     マチュー・アマルリック
     ジル・ルルーシュ

    (by 東宝シネマズ二条)

[PR]
# by rm1015 | 2010-07-03 23:56 | 洋画 [あ~お]

オーケストラ!

ロシアのボリショイ交響楽団で劇場清掃員として働く中年男アンドレイ。彼は30年前、この楽団で天才指揮者と持てはやされ活躍していた。しかし政治的抑圧で解雇の憂き目に遭い、以来冴えない現状に甘んじていた。しかしある日、パリの劇場から送られてきた出演依頼のファクスを目にしたアンドレイは、とんでもないことを思いつく。
c0045529_2161165.jpg

梅田のミニシアターで鑑賞した時に観た予告編で、「絶対観たい!」と思った作品。
音楽映画好きには堪らない作品ぽかった。
待って待って、やっと観られました(笑)

結構コメディ要素も盛りだくさんです。
主人公とヒロインの複雑な関係も取り沙汰されます。

正直、演奏シーンまでは「こんなもんかな」的な運び。
集まった連中も、ちゃんと練習しないし、演奏に行ってるのに集まらないし、ちゃう仕事的なことしてるし。

こんなんでできんのけ?と思わせて…

ラストの演奏シーンも、大概な始まり。
「つかみがこれかい」と客もため息。

しかししかし・・・

ラストは大感想です。
涙ボロボロなっちゃった。
演奏中、正直ずっと泣いてました^^;

大好きな音楽映画になりました♪

原題:  『LE CONCERT』
監督:  ラデュ・ミヘイレアニュ
キャスト:アレクセイ・グシュコフ
     メラニー・ロラン
     フランソワ・ベルレアン

    (by 東宝シネマズ西宮OS)

[PR]
# by rm1015 | 2010-07-01 21:01 | 洋画 [あ~お]

ウエストサイド物語(午前10時の映画祭)

ニューヨークの下町を舞台に、イタリア系のジェット団とプエルトリコ系のシャーク団の無益な抗争と、その中で芽生える愛と悲劇を描いたミュージカル大作。
c0045529_22455269.jpg

以前はレンタルかBSか忘れちゃったけど、観たのはまだ5~6年前やと記憶してるんですが。
Jディーンの映画と同じように、
「これが不良かぁ~」が第1印象。
まず服装が普通。どこをどう見ても普通の少年たち。
ちゃんとシャツはズボンの中やし(笑)

これが群れをなして街中を闊歩する。
リズムに合わせて指を鳴らし、街の少年たちがやってるフリースローごっこのボールを横取りするくらいがせいぜい(笑)
自分たちが一番だと、ジェット団と名付けて周りを睨みつける。
気分がいいと、街中を団体で歌って踊る(笑)
歯向う相手集団を(移民を言う理由で)毛嫌いする。
またその歯向う相手(シャーク団)も、自分たちが一番になろうと、すぐにけしかける。

ま、暴走族の縄張り争いですな^^;

それが、チームの長の妹と、相手チームのOBが恋に落ちてしまうから、
こりゃ~てーへんだ~( ´∀`)ゲラゲラ

簡単に言うとこれがあらすじで。

ま、みんな知ってっか(笑)

単なる縄張り争いが、結局は命を落とすことになるんやから。
そうならないと、収拾がつかない、っちゅうのもよくある話ではあるが困ったもんです。

最後にハピエンにならないところがまた哀しいお話。

でもみんなダンスうまかったな~。歌はともかく^^;
かっこよかった。
駐車場のダンスシーンは、「BEAT IT」でマイケルが真似たという話。

ミュージカル映画といえば、まずこれですな。

原題:  『WEST SIDE STORY』
監督:ロバート・ワイズ
キャスト:ナタリー・ウッド
     ジョージ・チャキリス
     リチャード・ベイマー

    (by 東宝シネマズ二条 1961年作品)

[PR]
# by rm1015 | 2010-06-29 21:59 | 洋画 [あ~お]

シーサイドモーテル

“シーサイド”とは名ばかりの山に囲まれたひなびたモーテルを舞台に、その中の4つの部屋で繰り広げられるワケあり男女11人の奇妙な人間模様を描く。
c0045529_21494652.jpg

基本、山田孝之もタマテツも好きな部類の俳優なので、
コメディと言うこともあり、東宝系じゃないのに観に行ってみました。

正直、「まあまあ面白い系かな」くらいのレベル。

めっちゃ爆笑なギャグ満載でもなし、
何だか全部が中途半端。

キャッチコピーの「だましてる?だまされてる?」ってのは、生田部屋と山田部屋の2つの話だけですよね。
新太兄ちゃん部屋は、だましてるなら嫁は帰ってくるとか、
池田部屋なんか、別にギックリなるだけやし・・・

もっと1つ1つの話が行きつくところは1つの話やった!

みたいな展開やったらよかったのにな。

まったく話変わっちゃうか( ´∀`)ゲラゲラ

山田部屋のも生田部屋のも、オチ読めた(笑)


監督:  守屋健太郎
キャスト:生田斗真
     山田孝之
     麻生久美子

    (by MOVIX京都)

[PR]
# by rm1015 | 2010-06-23 21:46 | 邦画 [さ~と]