今年もよろしくお願いします。頑張って月日に追いつきま~す(笑)


by rm1015

プロフィールを見る
画像一覧

S M T W T F S
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28

カテゴリ

全体
洋画 [あ~お]
洋画 [か~こ]
洋画 [さ~そ]
洋画 [た~と]
洋画 [な~の]
洋画 [は~ほ]
洋画 [ま~も]
洋画 [や~よ]
洋画 [ら~ろ]
洋画 [わ~]
映画 [アジア系]
邦画 [あ~こ]
邦画 [さ~と]
邦画 [な~ほ]
邦画 [ま~よ]
邦画 [ら~ ]
[過去の鑑賞記録]
みーのつぶやき

タグ

(131)
(112)
(93)
(74)
(60)
(58)
(50)
(48)
(43)
(41)
(38)
(34)
(29)
(27)
(27)
(26)
(20)
(15)
(12)
(9)

お気に入りブログ

素晴らしき哉映画人生
シネマ親父の“日々是妄言”
samuraiの気になる...
映画の心理プロファイル
Stampede
映画館の暗闇に包まれて
かたすみの映画小屋
のんびり映画日記
☆ Inusukeなブログ ☆
利用価値のない日々の雑学
MY PLAGUE
みいと塁のおっさんな毎日
映画のへや
It's a wonde...
太陽がくれた季節
KIBE.POSSIBL...
記憶の滴
Sweet* Days*...
華鈴 の blog
I'm Gonna Be...

リンク。

ブログパーツ

最新のトラックバック

『ロミオとジュリエット』..
from 【徒然なるままに・・・】
ダブル・ミッション
from piece of life ..
幸せはシャンソニア劇場から
from ただの映画好き日記
きな子〜見習い警察犬の物語〜
from ただの映画好き日記
ソルト
from piece of life ..
バウンティー・ハンター
from piece of life ..
NINE
from ただの映画好き日記
シャーロック・ホームズ
from ただの映画好き日記
それでも恋するバルセロナ
from ただの映画好き日記
ラブリーボーン
from ただの映画好き日記

ライフログ


ALWAYS 三丁目の夕日 豪華版


三丁目の夕日


パイレーツ・オブ・カリビアン デッドマンズ・チェスト スペシャル・エディション


パイレーツ・オブ・カリビアン 呪われた海賊たち コレクターズ・エディション


Shall we Dance ?(初回限定版)


フットルース


サウンド・オブ・ミュージック プレミアム・エディション


インファナル・アフェア 限定デラックス DVD-BOX


雨に唄えば


いぬのえいが プレミアム・エディション


スウィングガールズ スタンダード・エディション


十二人の怒れる男


天使にラブ・ソングを 2


パッチ・アダムス ― コレクターズ・エディション


スティング


大脱走


ミスタア・ロバーツ 特別版


絹の靴下 特別版


情婦


私を野球につれてって


第十七捕虜収容所


バンド・ワゴン 特別版

以前の記事

2012年 02月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 07月
2010年 06月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 03月
2010年 02月
2010年 01月
2009年 12月
2009年 11月
2009年 10月
2009年 09月
2009年 08月
2009年 07月
2009年 06月
2009年 05月
2009年 04月
2009年 03月
2009年 02月
2009年 01月
2007年 11月
2007年 10月
2007年 09月
2007年 08月
2007年 07月
2007年 06月
2007年 05月
2007年 04月
2007年 03月
2007年 02月
2007年 01月
2006年 12月
2006年 11月
2006年 10月
2006年 09月
2006年 08月
2006年 07月
2006年 06月
2006年 05月
2006年 04月
2006年 03月
2006年 02月
2006年 01月
2005年 12月
2005年 11月
2005年 10月
2005年 09月
2005年 08月
2005年 07月
2005年 06月
2005年 05月
2005年 04月
2005年 03月
2005年 02月
2005年 01月

検索

その他のジャンル

ファン

記事ランキング

ブログジャンル

画像一覧

<   2010年 02月 ( 15 )   > この月の画像一覧

コララインとボタンの魔女(吹替)

『ナイトメアー・ビフォア・クリスマス』の鬼才、ヘンリー・セリック監督が手掛けるダークで幻想的なアニメーション。
c0045529_03659.jpg

3Dです。去年くらいからどんどん増えてますね。
別に2Dでいいと思うんですけどね。
メガネレンタル代ケチりたいしね(笑)

これも別に、そんなに飛び出す感動とか感じなかったな~。

「もうひとつの自分ち」の庭が幻想的できれいかったけど、
それだけかな。

話としては、欲張らず今の生活を大切に、ってか?
ちゃう?(笑)

猫が粋でした。

吹替で観たので、字幕でダコタちゃんの声を聞きたかったな~。
戸田恵子だけはすぐにわかりました(笑)


東宝の年賀状サービス、とうとう終了(泣)
末尾1か4のはがき持参で、いつでも1000円。
1月と2月はこのサービスのおかげでめっちゃ助かりました。
mixiのお友達が助けてくれて、いっぱい送ってくれたのです♪
終わっちゃったのが残念で悲しくて・・・^^;

関係ないけど、今日、わし誕生日( ´∀`)ゲラゲラ

原題:『CORALINE』
監督:ヘンリー・セリック
キャスト(声):ダコタ・ファニング
吹替    榮倉奈々
      戸田恵子
      劇団ひとり

    (by 東宝シネマズ梅田)

[PR]
by rm1015 | 2010-02-25 23:55 | 洋画 [か~こ]

裏窓(午前10時の映画祭)

カメラマンのジェフは足を骨折し、仕事もできず、アパートで療養中。身動きの取れない彼にとって退屈しのぎの楽しみは、窓から見える中庭と向いのアパートの住人たちを眺める事だけ。だが、その中で、セールスマンの夫と激しい口論をしていた病床の妻の姿が見えなくなった事に気づいた。
c0045529_21414398.jpg

仕事上がりに観ました。
「午前10時」ならぬ、「午後6時45分の映画祭」であります(笑)
3本目の鑑賞。

これも以前に観て知ってる話ではありますが、
本当に凝った作りでおもしろい。

ヒッチコック作品には、いくつかこの「裏窓」のように

「1つのセットだけ」で撮影されたものがあるけど、

その1つのセットだけで2時間ちゃんと話を作ってるのが素晴らしいですなぁ。

ジェフが窓から覗いてる所だけで、
その場には絶対にカメラは移動しない。
怪しいシーンも、ジェフが観てるという設定でだけ動いてる。

向いのアパートでいろいろ不審な動きがあるんやけど、
ミス・ロンリーの孤独な行動や、ダンスのお姉さんの男性遍歴、
窓を閉め切った新婚夫婦(ときどき旦那が窓を開けるが、嫁に呼ばれてまた閉める)
よくパーティーを開く音楽家、
何故かベランダで寝る夫婦。

いろんな生活があるけど、ジェフが骨折しなかったら、ずっと気づかなかった
何気ない出来事。
でもその骨折のおかげで、事件解決にもなったわけやしね。

ってか、本当に、グレイス・ケリーの美しさは息を呑むって言葉がぴったりですなぁ。
美しすぎるやん。

っちゅうか、ふつーのボロアパートに、あのドレスで?
それにそんな「ごっつぉ」、いつも食ってんのけ?(笑)

お嬢様な役どころなんやろうけど、
違う設定でも、それにしか見えへんよなぁ。
あの美しさ・・・。

多分、今まで観た女優の中で、ダントツのきれいさ。

パンツに着替えてたけど、ジェフについていけるのかなぁ(笑)

原題:  『REAR WINDOW』
監督:  アルフレッド・ヒッチコック
キャスト:ジェームズ・スチュワート
     グレイス・ケリー
     セルマ・リッター  

   (by 東宝シネマズ二条 1955年作品)

[PR]
by rm1015 | 2010-02-22 21:38 | 洋画 [あ~お]

バレンタインデー

バレンタインデーに色めき立つロサンゼルスを舞台に、ハリウッドを代表する俳優たちが悲喜こもごものストーリーを繰り広げる恋愛群像劇。
c0045529_21194638.jpg

この映画と「恋するベーカリー」どっちが面白いかな~と思ってた。
きっとこれは「ふつ~のラブコメ」やと思って、
パン屋さんを先観たのです(笑)

しか~し!

私はこっちの方が好き。めっちゃよかった♪

これ、いわゆる「オールスター映画」みたいなとこあるし~。
有名どころがバンバン出てくるし~。

有名人ほどちょこっとな出番やったりね(笑)

個人的には、ジュリア・ロバーツは「いしだあゆみ」に見えますV( ̄◆ ̄)V
あと、アシュトンはかっこいい。
それと、子役の少年は将来有望だ!(笑)

大御所も出て来るし、何だか大御所の昔の映画も出てくるし、
スカッとする場面もあるし、
本当に素敵な映画でした。

ロスのバレンタインって、まるでクリスマスなんですね。
あんなに盛り上がるもんなんや。
こっちじゃ今も女性がコクるって習慣(?)とか、ギリチョコばっかりが目立ってるのに
男性がめっちゃ誘ってるし。

何かすごい一大イベントなんですね~。
バレンタインに1人でいるのが耐えられないというのが、
こんな習慣ならわかる気がする(笑)

1つだけ。
いろんな話のオチがちゃんとあったのに対し、
ジェシカ・アルバの話だけが宙ぶらりんやったのが腑に落ちん。
男がいたわけじゃなし(笑)

原題:  『VALENTINE'S DAY』
監督:  ゲイリー・マーシャル
キャスト:ジェシカ・アルバ
     アシュトン・カッチャー
     ジュリア・ロバーツ

   (by 東宝シネマズ二条)

[PR]
by rm1015 | 2010-02-21 21:17 | 洋画 [は~ほ]

恋するベーカリー

人気ベーカリーを営む女性実業家が、自分らしい人生を手に入れるために奮闘するハートウォーミング・ストーリー
c0045529_2175548.jpg

メリル・ストリープ、最近楽しい作品が多いですね。
これも楽しかったです。

けど・・・・

何?もっとパン屋さんのシーンがたくさん出てくるのかと思ってた。
おいしそうなパンとかがたくさん並んでて、そこで目いっぱい働く女性の姿を
映し出してるのかと。

ちゃうやん。

早く言えば

「人気のパン屋さんを経営する女性が、昔の夫と新しい恋との間に悩む姿を描いた映画」

でございます(笑)

一緒に観た旦那は

「思ったほど面白くなかった」と言ってました。

「知らんやん」らしい(笑)

こんな映画なのに、何で15禁なのかと疑問でしたが、
観てわかりました。

下ネタ満載( ´∀`)ゲラゲラ

この映画、娘のフィアンセが、めっちゃ光ってます♪

原題:  『IT'S COMPLICATED』
監督:  ナンシー・マイヤーズ
キャスト:メリル・ストリープ
     スティーヴ・マーティン
     アレック・ボールドウィン


      (by 東宝シネマズ二条)

[PR]
by rm1015 | 2010-02-19 21:05 | 洋画 [か~こ]

蜉蝣峠〈ゲキ×シネ〉

人気劇団の劇団☆新感線がクドカンこと宮藤官九郎を脚本に迎え、2009年春に上演した時代活劇を映像化した「ゲキ×シネ」シリーズ作品。
c0045529_20582276.jpg


ん~(;´Д`A ```

「五右衛門ロック」の強烈な面白さを超えるのは無理やったかぁ~(笑)

意外と勝地涼がうまいのにびっくりしたのと^^;
堤真一の素な演技がよかったかな。

映画ではぜったいにできない、放送禁止用語の連発とか(笑)
これも、舞台が映画になったんやからOKなのね。

面白いけど、結構下品やし何のこっちゃ的なとこもあるし(笑)
「五右衛門ロック」のノリで観ると肩透かしかな~。

わしは好きやけどね(笑)

新太兄ちゃん、歌うまいな~(^^♪

監督:前嶋 輝
キャスト:古田新太
     堤 真一
     高岡早紀

    (by 東宝シネマズ西宮OS)

[PR]
by rm1015 | 2010-02-16 20:55 | 邦画 [あ~こ]

明日に向って撃て!(午前10時の映画祭)

列車強盗としてならしたブッチとサンダンス。しかし、近代化に向かう時代に、彼らの生き方はあまりにも旧弊だった。新たな夢を求めて、二人は南米ボリビアへと旅立つが……。
c0045529_23321053.jpg

「何度観てもすごい50本」2本目です。
これも何年か前に鑑賞済みですが。

今回もポール・ニューマン&ロバート・レッドフォードの名作。
これの方がだいぶ古いんですね。
2人とも、「スティング」のときより若い!

個人的には、「スティング」のレッドフォードの方が好きなんですけどね。
おひげがない方がいいかも^^;

これもコメディタッチで楽しく描かれてるけど、こっちは「スティング」に比べて
かなり切ないかな。ラストが・・。
あれは愉快痛快やったけど、こっちはね・・。

そういえば、この映画を初めて観た時に「雨にぬれても」が流れたのを観て
「そうやったんや~!これってこの映画からの曲やったんか\(◎o◎)/!」
という驚きがありました。
有名な曲やけど、この映画のって知らなかったし。
「スティング」のテーマもそうやけどね。

今の映画と違って、流すシーンが「写真」ってのがいいですよね。
セピア色で情緒あったな~。
今はCGでどうにでもなるもんな~。

わかってる(と思う)のに、プラス思考なラストは少し哀しかった。
彼女もわかってて帰ったのかなぁ。

原題:  『BUTCH CASSIDY AND THE SUNDANCE KID』
監督:  ジョージ・ロイ・ヒル
キャスト:ポール・ニューマン
     ロバート・レッドフォード
     キャサリン・ロス

     (by 東宝シネマズ二条 1969年作品)

[PR]
by rm1015 | 2010-02-16 10:00 | 洋画 [あ~お]

交渉人 THE MOVIE

米倉涼子主演の人気テレビドラマ、「交渉人」シリーズの劇場版となるハードボイルド・サスペンス。
c0045529_0363673.jpg

ドラマ、1回だけ観ました。初回。
その話、続いてたんですが・・・
私の中では解決してません。翌週見てないので(笑)

でも観に行きました。
「アンフェア」も「踊る~」も好きなので面白いかな~と。

ま、それなりに面白かった。
迫力はあったし、映画らしくスケールもでかかった。

終わって一言
「マンガやったな」

ま、突っ込みどころ満載なんですわ。
そんなもんなんでしょうけどね。

被害者が一転して加害者になるなんてことは、「あるかも」知れないけど^^;

どんな連絡の仕方で仲間になったん?
何で反町演じる中川は、兄弟のアパートを突き止めた?

それに、あんな簡単にトイレから行けるもんなん?
あんなん見せたらやってみるヤツおるでV( ̄◆ ̄)V

何か知らんけど、何人も拳銃持って飛行機乗ってっし(笑)

それに、病気のこともそうですな。
そんな病気持ってる人、警察で何でわからんねん(笑)
瀕死の状態になってるのに、助け出すのが最後ってのもね(笑)

それから、ゲストの林遣都。
スポーツものじゃない映画に出てるの、私初めて観たかも^^;

この子、いつもセリフ言うとき「がなり立てる」のを何とかしてほしいですなぁ。
怒ってるシーンが、どれも同じやし・・・。
有望株なんやろうけど、それだけがちょっと苦手。

でもクスクス笑わせてくれるシーンも結構あって楽しかったよ^^;
筧さんと笹野さん、あと伊武さんがよかったですね。

監督:  松田秀知
キャスト:米倉涼子
     陣内孝則
     筧 利夫

   (by 東宝シネマズ二条〉

[PR]
by rm1015 | 2010-02-14 23:33 | 邦画 [あ~こ]

食堂かたつむり

失恋の痛手から一時的に心因性失声症を患った主人公が実家に戻り、食堂を開いて人々を料理で癒やしていく様を描く。
c0045529_22455161.jpg

ほのぼのとあったかくなる作品でしたが。

少し、いろんなことを端折りすぎじゃなかろうかと。

ヒロインの凛子が言葉が出なくなっちゃう設定なんですが、
それまでの過程を「歌に収めただけ」なので、
おちゃらけてるだけのようにも思えて・・・。
その過程が大切なんじゃないのかなぁ。
凛子にとっては、相当のダメージだったわけで。
だから言葉が出なくなったわけで。

あと、オカンの人生もね。

でも、配役みんなよかったです。
凛子も、オカンもトムさんも(トムさん配役名わからん^^;)

ありえないけど、ありそうなお話。
女性監督らしいアニメチックなかわいい演出も、ま、ありですかな。

友達とは、どういう風に理解しあったのか。
凛子が「なんとなく」許したのか?

でも、食べてみたくなる料理がいっぱい出てきましたな。
「ジュテームスープ」か・・・。うまいネーミングだな(笑)

監督:  富永まい
キャスト:柴崎コウ
     余 貴美子
     ブラザー・トム

   (by 東宝シネマズ二条)

[PR]
by rm1015 | 2010-02-14 22:37 | 邦画 [さ~と]

海角七号/君想う、国境の南

本国台湾で空前の大ヒットを記録した郷愁あふれる感動ドラマ。届くことのなかった日本統治時代の古いラブレターが、現代の台湾人男性と日本人女性に芽生えた恋を静かに後押しするさまを詩情豊かに綴る。
c0045529_21434050.jpg

去年、梅田ガーデンシネマで映画を観た時に予告をやってて、
「観たい!」と即思った作品。
そこでは今年の頭から(去年の終わり?)上映してたみたいやけど、
京都に来るのを待ってた。
そしてやっと上映。
何と初日です。(知らんかった^^;)

おまけに、窓口で「『うみかどななごう』、会員2枚」と言い
(だって、そんなタイトルやと思い込んでたんやもん^^;)

お姉さんに

「はい、『かいかくななごう』ですね?」と笑われてしまう始末( ´∀`)ゲラゲラ

何も知らんのかい!(;´Д`A ```

ってことで、何も知りませんでした。
とにかく
「何か知らんけど台湾の映画、出てるのは名前知らんけど日本の女優さんと、
歌手の中孝介」ってことだけ(笑)

でも映画って、何も知らないで観る方がいいですよね~。
たまに予告で「オチやん!」って驚愕することあるし(--〆)

いい話ですよね。
どう見ても若い頃のその「友子さん」が日本人には見えなかったけど^^;

それに、簡単に恋に落ちてしまいすぎじゃないか?(笑)

あと、主演女優の田中千絵さん?
初めて観たけど、水川あさみに見えて仕方なかったし・・・。
それにアガ役の兄ちゃんは、柔道の野村選手、
ギターのお巡りさんはロッテに帰ってきた井口選手。

そんなことばっかり考えて観ていました^^;

最後のライブシーンは感動です。
中孝介は歌手なので棒読みは仕方ないよね。
「僕らのワンダフルデイズ」の稲垣潤一みたいでした(笑)
彼の歌うシーンは少なかった^^;
それがメインじゃないとはいえ、せっかくなのにこれはいいの?(笑)

原題:  『海角七號』
監督:  ウェイ・ダーション
キャスト:ファン・イーチェン
     田中千絵
     中 孝介

    (by 京都シネマ)

[PR]
by rm1015 | 2010-02-13 21:39 | 映画 [アジア系]

インビクタス/負けざる者たち

反アパルトヘイト運動による反逆罪により、27年もの間、刑務所に収容されていたネルソン・マンデラ。刑期を終え、釈放された彼は1994年、南アフリカ共和国初の黒人大統領に就任。スポーツを通して国を一致団結させ、人種差別、経済格差についての意識を変えようと、弱小の南アフリカ代表ラグビーチームの再建に乗り出す。
c0045529_22475661.jpg

素晴らしく感動させていただきました。
マンデラ大統領の言葉の1つ1つに、すごい重みがあります。

毎朝暗いうちに散歩をすることから始まる大統領の1日。
いや~、大統領も歩くんですね~。
SPの方たちも大変だ^^;

本当に国民のことを考えて行動をとる大統領。
思い立ったらどこにでも出かけていく・・・。
国民たちから慕われるはずですね。
みんなわかってるんですねぇ。

この映画で心に残ったセリフが、SPの人の

「サッカーは暴れ者がする紳士のスポーツ。ラグビーは紳士がする暴れ者のスポーツ」

なるほどねぇ~。
ラグビーの選手って、見た目は暴れん坊っぽいんですけど^^;

私の親友家族はラグビー一家です。
ご主人が若い頃からラグビーをやってて、今はその息子が受け継いで、
今年から京都の高校で副将やってます。
全国大会でベスト4まで行きました。

私はルールもよく知らないけど、この時ばかりはダイジェスト番組を必死で観ました。

そういえば、そこのご主人から教えてもらったのが

「オールブラックス」でした。

この試合のことももちろん知らなかったけど^^;
本当に感動モノでした!

実はこれを観たあと、CSの「J‐sportsチャンネル」で
これの「本当の試合」の模様をやってたんですよ。

真剣に見入ってしまいました。

フランソワ選手が、少し老けてるかな~ってくらいで(笑)
オールブラックスのロム-選手なんか、そのままでした。
大統領も、本当にフランソワ選手のユニフォームを着て観戦してたし・・。

それに、終わったあとの主将インタビューで、
同じセリフを言ってたことにも感動♪

本当に忠実に作られてます。
試合が終わった後、本当にエンディングに流れる曲が競技場に流れてたんですよ~♪

マンデラ大統領の家族のことにはあまり触れてなかったけど
それは触れられたくないことなのかもね・・・^^;

イーストウッド監督、いい仕事しますなぁ~♪
モーガン・フリーマン、まさに大統領でした♪
実際の試合では、大統領の方がフランソワより遥かに小さかった^^;
それだけが違うところかな。

原題:『INVICTUS』
監督:  クリント・イーストウッド
キャスト:モーガン・フリーマン
     マット・デイモン
     トニー・キゴロギ 
   
    (by 東宝シネマズ二条)

[PR]
by rm1015 | 2010-02-10 22:43 | 洋画 [あ~お]