今年もよろしくお願いします。頑張って月日に追いつきま~す(笑)


by rm1015

プロフィールを見る
画像一覧

S M T W T F S
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30

カテゴリ

全体
洋画 [あ~お]
洋画 [か~こ]
洋画 [さ~そ]
洋画 [た~と]
洋画 [な~の]
洋画 [は~ほ]
洋画 [ま~も]
洋画 [や~よ]
洋画 [ら~ろ]
洋画 [わ~]
映画 [アジア系]
邦画 [あ~こ]
邦画 [さ~と]
邦画 [な~ほ]
邦画 [ま~よ]
邦画 [ら~ ]
[過去の鑑賞記録]
みーのつぶやき

タグ

(131)
(112)
(93)
(74)
(60)
(58)
(50)
(48)
(43)
(41)
(38)
(34)
(29)
(27)
(27)
(26)
(20)
(15)
(12)
(9)

お気に入りブログ

素晴らしき哉映画人生
シネマ親父の“日々是妄言”
samuraiの気になる...
映画の心理プロファイル
Stampede
映画館の暗闇に包まれて
かたすみの映画小屋
のんびり映画日記
☆ Inusukeなブログ ☆
利用価値のない日々の雑学
MY PLAGUE
みいと塁のおっさんな毎日
映画のへや
It's a wonde...
太陽がくれた季節
KIBE.POSSIBL...
記憶の滴
Sweet* Days*...
華鈴 の blog
I'm Gonna Be...

リンク。

ブログパーツ

最新のトラックバック

『ロミオとジュリエット』..
from 【徒然なるままに・・・】
ダブル・ミッション
from piece of life ..
幸せはシャンソニア劇場から
from ただの映画好き日記
きな子〜見習い警察犬の物語〜
from ただの映画好き日記
ソルト
from piece of life ..
バウンティー・ハンター
from piece of life ..
NINE
from ただの映画好き日記
シャーロック・ホームズ
from ただの映画好き日記
それでも恋するバルセロナ
from ただの映画好き日記
ラブリーボーン
from ただの映画好き日記

ライフログ


ALWAYS 三丁目の夕日 豪華版


三丁目の夕日


パイレーツ・オブ・カリビアン デッドマンズ・チェスト スペシャル・エディション


パイレーツ・オブ・カリビアン 呪われた海賊たち コレクターズ・エディション


Shall we Dance ?(初回限定版)


フットルース


サウンド・オブ・ミュージック プレミアム・エディション


インファナル・アフェア 限定デラックス DVD-BOX


雨に唄えば


いぬのえいが プレミアム・エディション


スウィングガールズ スタンダード・エディション


十二人の怒れる男


天使にラブ・ソングを 2


パッチ・アダムス ― コレクターズ・エディション


スティング


大脱走


ミスタア・ロバーツ 特別版


絹の靴下 特別版


情婦


私を野球につれてって


第十七捕虜収容所


バンド・ワゴン 特別版

以前の記事

2012年 02月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 07月
2010年 06月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 03月
2010年 02月
2010年 01月
2009年 12月
2009年 11月
2009年 10月
2009年 09月
2009年 08月
2009年 07月
2009年 06月
2009年 05月
2009年 04月
2009年 03月
2009年 02月
2009年 01月
2007年 11月
2007年 10月
2007年 09月
2007年 08月
2007年 07月
2007年 06月
2007年 05月
2007年 04月
2007年 03月
2007年 02月
2007年 01月
2006年 12月
2006年 11月
2006年 10月
2006年 09月
2006年 08月
2006年 07月
2006年 06月
2006年 05月
2006年 04月
2006年 03月
2006年 02月
2006年 01月
2005年 12月
2005年 11月
2005年 10月
2005年 09月
2005年 08月
2005年 07月
2005年 06月
2005年 05月
2005年 04月
2005年 03月
2005年 02月
2005年 01月

検索

人気ジャンル

ファン

記事ランキング

ブログジャンル

画像一覧

<   2009年 06月 ( 7 )   > この月の画像一覧

幼獣マメシバ

引きこもりの中年男が生まれたばかりの子犬を連れ、失踪中の母を探す旅に出るハートフル・コメディー。
c0045529_22866.jpg

この作品を知ったのは、主人情報より。
「マメシバのドラマ知ってるか?」「豆柴?」「おもろいらしいで。チラッとなんかで観たけど、めっさかわいいで」「観たいな~」「映画もやるらしいで」「そら観に行くしかないやん」
まだこんな会話だけでした。
「どっかでドラマやってないかな?」何にも知らず探すこともロクにせず(笑)
映画をやることを知ってから、公式サイトとか見たりして。
でも、1週間ほど前に、テレビでやってたんです。それも超ローカル、京都テレビ(笑)
あの、「鴨川ホルモー」にアナウンサーが出てきた、その京都テレビ。
でも京都テレビで作ってるわけじゃないんですよね。
それに、やってる映画館も超ローカル。
全国で5つくらいしかやってない。
たぶん、このドラマが放映されてる地域にある、小さな映画館だけなんでしょうね。

映画は、ドラマとは違う話の進み方です。
また違う話として楽しめます。

あ、でも設定は同じなので、二郎ちゃんが引きこもりとか、母ちゃんが家出するとか、父ちゃん死んじゃったとか・・・
そんなんは同じです。
ドラマと同じ、豆柴の名前も一郎。
それに、家出した母ちゃんが、結構難しいヒントを出して、自分を探させる。これも一緒。
c0045529_22325117.jpg

あ~ん・・・たまらんほどかわいかったなぁ。
話もなかなかいいんですよね。
「この僕にこの幼獣と生きろと言うのか?」と言いながら、一郎のピンチにはとっさに駆け出してる二郎ちゃんに、涙出ました・・・(;_;)
しばらくぶりに会う一郎に対し、へたくそな歌を歌って必死に振り向かそうとする二郎ちゃんには
号泣でした・・・・(T_T)

引きこもってブログばっかりやってた二郎ちゃんが、一郎とともに最後に行き着くところは・・・・???

台詞の一つ一つも面白いし、そんなにイヤな奴も出てこないし(笑)
本当にほのぼのあったかい映画です。
上映ない地域のみなさんは、ぜひDVD化をお待ちください(笑)

あ、ここにも志賀廣太郎さんが♪⌒ヽ(*゚O゚)ノ

監督:  亀井亨
キャスト:佐藤二朗
      安達由実
      高橋 洋

       (by 京都みなみ会館)

[PR]
by rm1015 | 2009-06-25 22:33 | 邦画 [ま~よ]

ガマの油

一人息子の交通事故をきっかけに、息子のガールフレンドや幼な友だちとのきずなを深めていく奔放な父親との交流を優しくつづる。俳優として名高い役所が、初めてメガホンを取った心温まるドラマ。
c0045529_212330100.jpg

初監督ということで、「こんな映画がいいな」ってのを2時間あまりでギュ~っと詰め込んだ感のある作品でした。

大豪邸に住んで、やさしい奥さんと素敵な息子がいて、「どんなもんじゃい!」が口癖の
デイトレーダー。
息子の言う、「少年院上がりの友人」を引き取ることにも、
そんな反対しないし・・・
あとからわかることなんやけど、この友達、「幼稚園時代」だけの付き合いらしい。
なのに、この息子を傷つけて少年院入り・・・
この辺の経緯はようわからんまま・・・
これはこれでいいのかな・・・(笑)

それと息子の彼女。
正直、たぶん一般男性から思うと「ウザい」んではないかと。
やたらとテンション高いし・・・。
「大好き!!!」って割には、その大好きな彼氏と、彼氏の父ちゃんの声の区別がつかんし(笑)
ありえないんやけど、「電話の声はこんなもん」なのか?
何度も話してるでしょ?
わかろうや(笑)


その前に、電話ばっかりで会ってくれないのは「会いたくないから」じゃないのか?
って考えないのかなぁ~・・・・
ま、ラストに近づくにつれて、だんだん愛おしく見えてくるんですけどね。
それに、もう少しお姉さんになったら、関根麻里ちゃんに似てると思いました。

父ちゃんは、子供のころに出会ったガマの油売りの奥さんにあこがれて、そっくりな奥さんをもらったのですかね。
サブちゃんはこのまま、拓郎さんの息子のように暮らしていくんですかね。

疑問も多々残りますが、そこはファンタジー的要素もいっぱいだったので。
いっぱい泣けたのも事実やし(笑)

かわいかったのは八千草薫演じる、光のおばあちゃんですね。
ほんま、あんな風に孫にかわいがられるばあちゃんになりたいもんだ。

ってか、ばあちゃんになれるのかな(笑)

しかし瑛太・・・最近引っ張りだこやな~。

監督:役所広司
キャスト: 役所広司
       瑛 太
       小林聡美

(by東宝シネマズ二条)

[PR]
by rm1015 | 2009-06-14 21:17 | 邦画 [あ~こ]

ハゲタカ

企業買収をテーマにした壮絶なマネーゲームを描いて大反響を呼んだNHKテレビドラマ「ハゲタカ」の劇場版。
c0045529_20553764.jpg

またそんなことやってる~!と笑われそうですが、予告編を観て、初めて知りました。これ(笑)
まさか、NHKでやってたドラマやったとは・・・(゚◇゚;)!!!

いきなり観てわかるんかいなぁ~?企業買収とか難しいんちゃうんかいなぁ~?

はい。少し難しかったです(笑)
下げさせるために、即効売却!とか、株の話もようわからんし・・・

でも、ドラマ、話的にはついて行けました。
駆け引きのおもしろさとか、玉鉄演じる劉の人間性とか。
ドラマを知らないので、映画だけの出演とは思いませんでしたけど~^^;
主人公の大森さん、柴田恭兵、栗山千明、それに松田龍平・・・この人たちの関係も、ドラマ見てたらもっと楽しめたんやろなぁ。

でも、玉山鉄二・・・かっこええな~。
ちょっと調べてみたら「京都出身で阪神ファン」
めっちゃええ人やん (≧∇≦)人(≧∇≦) ブハハハ
ラストはちょっと気に入らんけど(笑)

しかし・・・
ほんまは誰やって~ん(笑)

あ、余談ですが・・・

この映画を観に行く2日前、自分が勤める店に、志賀廣太郎さんがお見えになりました♪⌒ヽ(*゚O゚)ノ スゴイッ!!!

私のレジにいらしたので、あの渋い声を聞くことができました!!
正直、この映画を観るまで、「アンフェア」でしか拝見した事なくて・・・・
一目見てすぐにわかったのですが。
お名前を知りませんで・・・・^^;
まさか「安本さん(「アンフェア」の役名)ですよね」とも聞けず・・・・

「あの・・・俳優さんですよね~?」という、失礼な聞き方をしてしまいました、私^^;

「はは・・・・」と照れ笑いされておりましたが、何かの撮影で京都にお見えになってたのでしょうかね。
ジーパン姿の素敵なおじさまでしたよ。
この映画でも、素敵なお声を聞かせてくれてました♪

監督:  大友啓史
キャスト:大森南朋
      玉山鉄二
      栗山千明

      (by 東宝シネマズ二条)

[PR]
by rm1015 | 2009-06-12 20:50 | 邦画 [な~ほ]

真夏のオリオン

第二次世界大戦末期、アメリカ海軍駆逐艦と日本海軍潜水艦の乗組員たちが過酷な戦況下で戦い抜く姿を描いた戦争ドラマ。
c0045529_01378.jpg

試写会に当たったので、仕事帰りに観てきました。
何回か当たりましたが、久しぶりです。
今回が一番たくさんの入りやったと思われます。

お金出して観るつもりはなかったこの作品、せっかくなので観て来ましたよ。

で・・・・。

ん~・・・
戦争映画っちゅうか、何か戦争時代ってのがあんまり感じられない作品やったな~。
海軍の方って、真夏は半ズボンなんですか?
大人の半ズボンって、今は勝俣かジャルジャルの福徳くんくらしか見ないんですけど~。

ほとんどが潜水艦の中なので、あんまり戦争って感じがしなかったのかな。
緊迫感ってのもあんまり感じなかった。
「ありえないでしょ」的なシーンが多々あったし。
そんなモールス信号送っちゃ場所ばれちゃうでしょ。

日本が作った戦争映画だけあって、アメリカの方も何か日本を悪く言わないねんな~。
絶対ないよね。「誇り高き日本が・・・」なんて(笑)

ま、個人的には玉木宏も北川景子も苦手なので、お金出して観ないつもりだったわけです^^;
よくある「えげつない」シーンはまったくないので、よけい戦争映画っぽくなかったのかも知れないけど
見やすくはありました。
ハーモニカのシーンは、ちょっとジーンときました。

堂珍さんは俳優さんには向いてないと思います。

監督: 篠原哲雄
キャスト:玉木 宏
      北川景子
      堂珍嘉邦

      (by 東宝シネマズ二条)

[PR]
by rm1015 | 2009-06-04 23:51 | 邦画 [ま~よ]

スタートレック

テレビドラマや映画でおなじみの「スター・トレック」を再構築し、ジェームズ・T・カークの若き日を描くスペース・アドベンチャー。
c0045529_22232365.jpg

子供のころ、父がテレビでよく観ていたこの番組。
私は「お父ちゃん、好きやな~。スポック・・・。」くらいにしか思ってなかったんやけど・・・

ウチの父は「スタートレック」派、母は「スパイ大作戦」派な家庭でした。
ちなみに父はトラキチ、母は巨人ファンでした。
あ、今では母は阪神ファンです。好きやったはずの巨人をクソミソに言います(笑)

話がまた逸れた。まったく関係なかった(笑)

観てきましたよ~。面白かったな~。
ほとんど何も知らないで行ったけど、知識なしでも充分楽しめました。

まず、私は「スポック」しか知りません。
それも、一体何をする人かも知らなかった(笑)
正直、「だいじょぶか?わかるのか?」と不安もありました。
が、何も心配なかった。

冒頭から、エンディングのような盛り上がり。
ドカ~ンと爆発してタイトルバックに・・・

なるほどね~。これがツカミですか。
こりゃもう、絶対面白いな・・・!と確信。

結構ハラハラドキドキもあり~の、人間模様もあり~ので、
SF大作としては大成功じゃないですか~?

しかし、カーク、子供のころから危機一髪、よく落ちそうになるよな~(笑)
個人的には、カークや若き日のスポックより、ラスト近くのスールーの「イエッサ!!」がツボ。
顔じゃなくて(失礼)しぐさやセリフがね。
それまで普通に観てたけど、この「イエッサ!!」に「かっこいい~♥」ってなっちゃったよ(笑)

ウィノダ・ライダー・・・ちょこっと出てました。
「スタートレック」にかかせない「あの人」もちゃんと出てきます。


原題:  『STAR TREK』
監督:  J・J・エイブラムス
キャスト:クリス・パイン
      ザカリー・クイント
      エリック・バナ 

       (by 東宝シネマズ二条)

[PR]
by rm1015 | 2009-06-03 22:06 | 洋画 [さ~そ]

余命1ヶ月の花嫁

ドキュメンタリー番組としてテレビで放映され大きな話題を集めた実話を映画化した感動ヒューマン・ラブストーリー。
c0045529_035096.jpg

映画の日は毎月休みを取ってるので、2本観ました。
時間の都合で、観る予定に入ってなかったこれをチョイス。

本日6月1日、昨日の日曜日に市内の学校は日曜参観でもあったのか、
うじゃうじゃと少年少女だらけ・・・(゚_゚i)タラー・・・
みなさん目的は「ROOKIES」ですな(笑)

しかし、こっちも若い人たちが多かったぁ~。

ってな感じですが。

あちこちのレビューで、☆1つか☆5つってレビューは、どれを信じたらええのかわからんくて(笑)
ま、素直な私の感想は・・・

よかったです。☆5つレビューのほとんどは「感動した」「泣いた」「検診受ける」「太郎さんの愛に感激」
ってな感じでべた褒めなんですが、
☆1つっていうのは大概、
「金儲け主義にうんざり」「演技が下手」なんですね。

私は、金儲けでも何でも、この病気の怖さをたくさんの若い女性に知ってほしいと思うし
ご主人である(籍とかはどうなんやろ?)太郎さんが納得してるなら
別にいいと思うんやけど。

ただ、実話であるが故に、太郎さんのこれからがね。
いらんおせっかいなんやろうけど、まだ若いんやからな~とか思ってしまいます。

一生懸命に生きた千恵さんの思いとか、いろいろ交錯します。

この映画で一番泣けた場面は、お父さんが声を上げて太郎さんに「ありがとう!」って叫んだ場面。
年代的に、どっちの気持ちにも入り込めるんですかね・・・。
だって、お父さんが一番悲しいですよね。
奥さんに続き、一人娘までも・・・なんやもん・・・・。

娘がこうなったらどうする?とか。
実際、親友が病気をしたので、まったくの他人事ではありません(親友は克服しています)
でも、私は、もう1人の親友を亡くしています(この子は脳腫瘍でした)
だから病気は他人事じゃないんです。
気をつけてても、避けられないときもある。

実際自分がなったとき、娘がなったとき、冷静でいられるか。
きちんと向き合って、「戦うんだ。生きるんだ」と前を向けるか・・・・
自信はないです・・・。

でも、この映画での前向きな(たぶん千恵さんは知ってたんでしょうね。ドキュメンタリー見てないけど・・・)
千恵さんの笑顔に、「こうなったときに前を向かないと」って思わせてくれる何かを、私は感じました。
(ま、性格には奈々さんですが^^;)

若いカップルが多かったけど、観終わった後の2人の会話が想像つきますね。
「私がなったらどうする?」
決まった答えを待って質問するんですね~。女はある意味怖いですね~。

千恵さんのご冥福と、太郎さんの今後のお幸せをお祈りします。


監督:  廣木隆一
キャスト:榮倉奈々
      瑛太
      柄本 明

       (by 東宝シネマズ二条)

[PR]
by rm1015 | 2009-06-01 23:56 | 邦画 [ま~よ]

消されたヘッドライン

一見関連のない2つの事件を繋げる国家的陰謀を嗅ぎ取った新聞記者が、真相をめぐって巨大権力と繰り広げる熾烈な駆け引きとその真実の行方を描く。
c0045529_23204046.jpg

冒頭から、人が走る走る!
「逃げてんのかな~?」って思ってたら案の定何かから逃げてる・・・。
車にぶつかり、道行く人を蹴散らし、何度もひっくり返りながら・・・・
なのに・・・「バン!」でお陀仏・・・・なんじゃそりゃ?せっかく逃げたのに・・・・・・(゚_゚i)タラー・・・

こっから始まるわけですが(笑)

いろいろと政治がらみの陰謀やら、スパイやら、不倫やら何やらで
ごっちゃになりそうな話を、とどのつまりはこうやったのよ。ってまとめてあり、
見ごたえたっぷりの作品でした。

あいつもこいつも、何かしらコソコソやってて、みんな胡散臭い。
オチの手前でのカルのセリフで、嫁まで怪しく思えたり(笑)

あ、何かCSの映画紹介で見たけど、この主演2人、最初はブラピとエドワード・ノートンに決まりかけてたらしい。
う~~~~~・・・そっちのほうが人気出たやろな~。
「ファイト・クラブ」の2人やもんね。
それに、この映画面白かったけど、ラッセル・クロウとベン・アフレックがお友達とは思えない年齢差(笑)
「大学時代の友人」ってことやけど、それにしちゃ~ねぇ。
カル、何年行ってん、って話やな(笑)

だから、あんまり似合わんのに、無理して髪伸ばしてるのか?
それなら役作りで痩せたらどうか(笑)
それに、自分の嫁と寝た親友って何なん?
そんなヤツと親友やってるヤツもどうか。
ダンナにバレてるのに、平然とその男に会いに来る嫁もどうか。
こんな友情もアリなのか?アメリカ(笑)

原題:  『STATE OF PLAY』
監督:  ケヴィン・マクドナルド
キャスト:ラッセル・クロウ
      ベン・アフレック
      レイチェル・マクアダムス

       (by 東宝シネマズ二条)

[PR]
by rm1015 | 2009-06-01 23:15 | 洋画 [か~こ]