今年もよろしくお願いします。頑張って月日に追いつきま~す(笑)


by rm1015

プロフィールを見る
画像一覧

S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31

カテゴリ

全体
洋画 [あ~お]
洋画 [か~こ]
洋画 [さ~そ]
洋画 [た~と]
洋画 [な~の]
洋画 [は~ほ]
洋画 [ま~も]
洋画 [や~よ]
洋画 [ら~ろ]
洋画 [わ~]
映画 [アジア系]
邦画 [あ~こ]
邦画 [さ~と]
邦画 [な~ほ]
邦画 [ま~よ]
邦画 [ら~ ]
[過去の鑑賞記録]
みーのつぶやき

タグ

(131)
(112)
(93)
(74)
(60)
(58)
(50)
(48)
(43)
(41)
(38)
(34)
(29)
(27)
(27)
(26)
(20)
(15)
(12)
(9)

お気に入りブログ

素晴らしき哉映画人生
シネマ親父の“日々是妄言”
samuraiの気になる...
映画の心理プロファイル
Stampede
映画館の暗闇に包まれて
かたすみの映画小屋
のんびり映画日記
☆ Inusukeなブログ ☆
利用価値のない日々の雑学
MY PLAGUE
みいと塁のおっさんな毎日
映画のへや
It's a wonde...
太陽がくれた季節
KIBE.POSSIBL...
記憶の滴
Sweet* Days*...
華鈴 の blog
I'm Gonna Be...

リンク。

ブログパーツ

最新のトラックバック

『ロミオとジュリエット』..
from 【徒然なるままに・・・】
ダブル・ミッション
from piece of life ..
幸せはシャンソニア劇場から
from ただの映画好き日記
きな子〜見習い警察犬の物語〜
from ただの映画好き日記
ソルト
from piece of life ..
バウンティー・ハンター
from piece of life ..
NINE
from ただの映画好き日記
シャーロック・ホームズ
from ただの映画好き日記
それでも恋するバルセロナ
from ただの映画好き日記
ラブリーボーン
from ただの映画好き日記

ライフログ


ALWAYS 三丁目の夕日 豪華版


三丁目の夕日


パイレーツ・オブ・カリビアン デッドマンズ・チェスト スペシャル・エディション


パイレーツ・オブ・カリビアン 呪われた海賊たち コレクターズ・エディション


Shall we Dance ?(初回限定版)


フットルース


サウンド・オブ・ミュージック プレミアム・エディション


インファナル・アフェア 限定デラックス DVD-BOX


雨に唄えば


いぬのえいが プレミアム・エディション


スウィングガールズ スタンダード・エディション


十二人の怒れる男


天使にラブ・ソングを 2


パッチ・アダムス ― コレクターズ・エディション


スティング


大脱走


ミスタア・ロバーツ 特別版


絹の靴下 特別版


情婦


私を野球につれてって


第十七捕虜収容所


バンド・ワゴン 特別版

以前の記事

2012年 02月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 07月
2010年 06月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 03月
2010年 02月
2010年 01月
2009年 12月
2009年 11月
2009年 10月
2009年 09月
2009年 08月
2009年 07月
2009年 06月
2009年 05月
2009年 04月
2009年 03月
2009年 02月
2009年 01月
2007年 11月
2007年 10月
2007年 09月
2007年 08月
2007年 07月
2007年 06月
2007年 05月
2007年 04月
2007年 03月
2007年 02月
2007年 01月
2006年 12月
2006年 11月
2006年 10月
2006年 09月
2006年 08月
2006年 07月
2006年 06月
2006年 05月
2006年 04月
2006年 03月
2006年 02月
2006年 01月
2005年 12月
2005年 11月
2005年 10月
2005年 09月
2005年 08月
2005年 07月
2005年 06月
2005年 05月
2005年 04月
2005年 03月
2005年 02月
2005年 01月

検索

人気ジャンル

ファン

記事ランキング

ブログジャンル

画像一覧

<   2009年 03月 ( 7 )   > この月の画像一覧

ワルキューレ

第二次世界大戦時に実際にあったヒトラー暗殺計画を題材に、トム・クルーズが主演を務める戦争サスペンス。
c0045529_039537.jpg


またまたすっかい放置してしまいまして。
ってか、パソコン(いうか、キーボード)のご機嫌があまりよろしくなく・・・。
なんか、まったく書き込めないことがしばしば。。。

っちゅうても、いろいろばたばたして、立ち上げない日も多いんですが。

でも映画は観てますよん。
溜まりすぎて忘れるかも(笑)

さて。
ドイツ語の一切出てこないドイツ映画(笑)
オチを言っちゃうとネタばれやけど、これはもう歴史やからねぇ。
こうなることはわかってるし・・・。
フィクションなら、あんなとこに仕掛けても・・・とか思うけど、
実際こうやったんでしょ?
「死んだ。殺せた。」って信じてたんでしょ?
なら仕方ない(笑)

でも義眼姿のトムには、反対の意味で違和感が・・・。
普通や~ん!

あ、そうそう。劇場予告のこの映画。
BGMが「SAW」シリーズやった∑( ̄ロ ̄|||)!?
でも本編では一切流れませんでした(笑)

原題  『VALKYRIE』
監督:  ブライアン・シンガー
キャスト:トム・クルーズ
      ケネス・ブラナー
      ビル・ナイ

[PR]
by rm1015 | 2009-03-24 23:19 | 洋画 [わ~]

ホノカアボーイ

ハワイ島に実在する町ホノカアを舞台に、町の映画館で映写技師として働くことになった青年と、そこに暮らす人々の人間模様を描く
c0045529_2244699.jpg

ほんわかのんびり。
いい意味であったかい映画です。
出てくる人に悪い人がいない。
事件も起こらない。
最初に出てきた蒼井優がちょっと怒ってたくらい(笑)

岡田将生。「天然コケッコー」で観て以来やな~。
これまた「大きくなったねぇ」(笑)
あの映画じゃ、中坊役やったもんね(笑)
ってか、あれがデビューやったのか~。そう思うとやっぱり大出世やん。
次も主演決まってるんでしょ~?
なかなかの「イケメン」さんやもんね。

いいですよ~。
行きたくなります。ホノカア。
こんな街があるなんて知らなかった。
日系移民の街なんですね。
時間がゆっくり過ぎて行く・・・。
多分住むのは無理な気がするけど、1度行ってみたいトコロですね。

みんなみんないい人ばっかり。
不思議やけど、違和感がない。
レオくんが何度も足を運んでしまうのもわかる。
ビーさんのちっちゃなヤキモチもかわいかった(笑)
大人なのに、かわいい心の持ち主ですよね。(ちょっと事件になりかけたけど・・・)
多分レオに見せたくて買ったワンピ着て、知らん顔のレオの前でクルンと回ってみたりとか(笑)
ちょいちょい挟んでくる、小ネタ的な笑いもおかしかったし。

東宝で大々的に宣伝してたけど、映画としてはミニシアター系的な感じでした。

隣のおばはん、いくらのんびりほんわか映画やからって、イビキかくなよ・・・(ーー)#

監督:  真田敦
キャスト:岡田 将生
      倍賞 千恵子
      長谷川 潤

       (by東宝シネマズ二条)

[PR]
by rm1015 | 2009-03-14 21:58 | 邦画 [な~ほ]

ジェネラル・ルージュの凱旋

ジェネラル・ルージュ(血まみれ将軍)の異名を持つ切れ者の救命救急センター長にかけられた疑惑をめぐり、再び田口と白鳥が事件解明に挑む。
c0045529_2045231.jpg

前回の「チームバチスタの栄光」も観ましたよ。
ドラマは観てないです。だから、原作とのギャップも感じてないです。
「三丁目~」の六ちゃんが、漫画じゃ男の子やったのと同じで、原作は男性なんでしょ?
それも私にとってはやっぱり「伊藤淳史」より「竹内結子」でいいんです(笑)

でも、もっと2人の面白い掛け合いがあってもいいように思うけど、それはかなり中途半端で・・・。
(前もそうやったけど)
何か阿部寛が面白いことやってるんやから、竹内結子ちゃんももっと乗っかった方がいいと思うのは私だけか?

今回は、謎なセンター長、堺雅人が鍵を握り・・・・
って感じで話は始まるんやけど、
まあ、おんなじ病院で、よくもまあこんなに事件が起こるわな(笑)
言うても、今回は手術で死んだとかじゃないけど・・・
こんなに事件起こったら、行きにくいでしょう。患者も・・・。

あ、結構、一般には知られてないだけで、いろんな揉め事起こってるのか?
「バチスタ事件」は大事件やけど、今回のは内輪の話やからな~。

あ・・・そっか。
死んでた^^;でも最初は自殺と・・・・(観ててわかるのでいいよね)

しかし、堺雅人。
何か優しそうで怖いこと似合わね~~~~~~~~って感じがすごくするんですけど~。
へら~へら~ってしてるイメージが大きくて・・・。
こんな役もやるんや~(笑)

ま、事件としてはしょぼいです。(笑)
でも最後の最後(オチの後)はちょっと読めなかった|* ̄ー ̄|

なるほどねぇ。そういう意味かぁ。「ジェネラル・ルージュ」・・・・。

しかし、最近観た映画に2回も出てきた・・・・チュッパチャプス(*≧m≦*)ププッ


監督:中村義洋
キャスト:竹内結子
      阿部 寛
      堺 雅人

       (by東宝シネマズ梅田)

[PR]
by rm1015 | 2009-03-10 20:40 | 邦画 [さ~と]

007慰めの報酬

イギリスの諜報部に属するスパイ、ジェームズ・ボンドの諜報活動を描く人気スパイ・アクションのシリーズ第22弾
c0045529_20182411.jpg

違和感のあった、ダニエル・クレイグのJボンドも、すっかり見慣れたし~♪
今じゃ、この人が1番それっぽいし~♪

前回の話も観たわけですが、正直おさらいしていったら良かったな、と。
ちょっとごちゃごちゃして、わかりづらかった。
この人は・・・?こいつは誰やった・・・?
あ?出てきてなかったっけ~?
ってな感じ(笑)

でもアクションシーンの迫力はさすが。
陸アリ、海アリ、空アリ。
おまけに火アリ。
Jボンドって、死なないのね(笑)
普通は死ぬよね|* ̄ー ̄|

今回のJボンドは、何気に「ジェイソン・ボーン」ぽかったんですけど~。
意識してる?
あっちの方が3シリーズしかないのに・・・?
ま、あれは最初と3つ目しか観てませんけどね(笑)

それから、ラストはもうちょっと「スカッと系」にしてほしかった。
ボンドらしくなかったような・・・・。
思い切って・・・ねえ?(笑)

あと、サブタイがちょっと意味不明です・・・?

原題:  『QUANTUM OF SOLACE』
監督:  マーク・フォースター
キャスト:ダニエル・クレイグ
      オルガ・キュリレンコ
      マチュー・アマルリック

         (by東宝シネマズ二条)

[PR]
by rm1015 | 2009-03-07 20:14 | 洋画 [た~と]

デトロイトメタルシティ(2008東宝)

オシャレなポップミュージシャンを目指す心優しき青年が、なぜか悪魔系デスメタルバンドとして大活躍してしまい、憧れのヒロインに正体を隠しての二重生活、そして本来やりたい音楽とのあまりのギャップに苦悩と混乱を深める姿をパワフルかつコミカルに描く。
c0045529_23574823.jpg

観たかったこの映画、思いっきり見逃してしまってた。
洋画しか観ない娘が、「観たかってん」と何故かひょっこりレンタルしてきて、一緒に観ました。


松山ケンイチは、以前「椿三十郎」で拝見しています。
「L」は観てないし、あの映画は脇やったけど、「うまいな~」と思ってたんです。

この「そうちゃん」も「クラウザーさん」も、ぴったりハマってた!!
歌は決してうまいとは言えないけど
これでは食っていけなくて、だからクラウザーさんなわけで・・・
だからこれはこれでいいのだ、と(笑)
ありえなさげな感じも、めっちゃ面白かったです。

何がよかったって、やっぱり松雪泰子でしょ。(お母さんの宮崎美子もよかったのだが。)
「フラガール」の陰のあるダンスの先生も圧巻やったけど
こういう壊れた役もハマるのねぇ~♪

ライヴは何回も行ってるけど、こんなのもアリ。
「デスメタル」ってやかましいだけのような気がするのは、おばはんなんですな(笑)

いや~、やっぱり劇場でクラウザーさんの迫力を体感したかったなぁ~。
ライブはやっぱり音響やもんね。

そうなんです。好きな人が亡くなってしまった私には、もうライブは無縁なので
こういうのでもライブ。
音響にはうるさいよ(笑)

「NO MUSIC,NO DREAM」!!

ジーン・シモンズが出てきたぁぁ!!

監督:  李闘士男
キャスト:松山ケンイチ
      加藤ローサ
      松雪泰子

      (by レンタルDVD)

[PR]
by rm1015 | 2009-03-04 23:38 | 邦画 [さ~と]

ディファイアンス

第二次世界大戦中、オスカー・シンドラーに匹敵する約1,200人のユダヤ人の生命を救ったユダヤ人のビエルスキ兄弟にスポットを当てた感動ストーリー。
c0045529_23201992.jpg

「ライフ・イズ・ビューティフル」を彷彿とさせる始まり・・・。
あの衝撃的なラストを思い出して、怖い映画なのかと・・・
でも、決して楽観的な作品ではなかった。

「こんな時代もあったんやで~」と言ってしまえばそれまでなんですが、
ユダヤ人というだけで、片っ端から捕まえて有無を言わせず抹殺。
生きてることが間違いであるかのごとく、隠れてるユダヤ人に見せしめのように殺してしまう。
同じ人間なのに。

戦争時代は、ドイツと日本はむちゃくちゃやった・・・と聞いてるけど、
本当なんですね・・。

この時代にも、心あるリーダーは生まれ、仲間として何人も迎え入れたビエルスキ兄弟の兄ちゃん。
ユダヤ人として虐殺された両親の恨みは晴らしたけど、
その他は「食い物と武器以外は奪わない主義」を貫いた。
自分たちの食料さえも手に入れにくいのに、何百人も迎え入れた兄ちゃんの度量の大きさに
脱帽でした。
逃亡してるのに、あんなに堂々としてられたら、みんな付いて行くよねぇ。

憎たらしい次男のズシュ。
かっこよすぎるぜ~~~~~~~!と叫びたくなりました(笑)

それから、三男役のジェイミー・ベル。
よく見れば、「リトルダンサー」の少年ではないですかぃ!!
「大きくなったねぇ~~」(この中で)結婚したで、おい|* ̄ー ̄|

原題:  『DEFIANCE』
監督:   エドワード・ズウィック
キャスト:ダニエル・クレイグ
      リーヴ・シュレイバー
      ジェイミー・ベル
   
       (by東宝シネマズ二条)

[PR]
by rm1015 | 2009-03-04 23:15 | 洋画 [た~と]

チェンジリング

1928年LA。シングルマザーのクリスティンは、9歳の息子を育てながら毎日忙しく働いていた。休日返上で勤務して帰ったある日、息子ウォルターが忽然と姿を消していた。5ヵ月後、発見されて帰ってきた息子は、全くの別人だった。違うと訴えるクリスティンに対し、息子だと言い張る少年と警察。クリスティンの孤独な戦いが始まる・・・。
c0045529_0325540.jpg

実話に基づいて。。。
すっげ~~~時代・・・。
こんなことがまかり通ってたのかぁ・・・・。
そりゃ世間の批判を浴びるわなぁ・・。

まず第一の「はあ?」が、「行方不明の子供は、届けがあっても24時間は捜索しない」
理由は「99%(やったっけな~?)は帰ってくるから、だそうな・・・。
だからあんなことが・・・(自粛します)

その次の「はあ?」は、「母親が半年くらい離れただけで、息子を見間違うか?」
「あなたは混乱してるんです」って・・・おいおい。
半年苦労したからって、身長は縮まんぞ^^;

次の「はあ?」は、友達は何で何にも言わないの?
近所の子は?

それから、実際その子は何なん?誰なん?(笑)
食堂のおっちゃんが電話したために、警察も「めんどくさいから、こいつを息子に仕立て上げとけ」
ってな感じやったんやろうけどさ。

がっこのセンセイも、歯医者さんも「こいつはちゃうぞ」って言うてくれてるのに、
もみ消す権力。
病院にまで強制入院させて・・・・

「外国は早くから開けてた」イメージがあっただけに(笑)
衝撃的な話でした。

しかし、アンジーの演技力、すさまじいですね。
圧倒的な目力に、息をのむ思いで見つめていました。
興奮したら鼻が赤くなったり、クマを作ったり(ま、メイクかも知れないけど^^;)
お顔を気にされるハリウッド女優の、入り込んだ演技に圧倒されました。

それに、鍵を握る15歳の少年。クリスティンに協力してくれる老牧師。
オードリーの春日に見えて仕方なかった警部、
病院で味方になってくれた女性、15歳の少年の事件に関わった刑事。
この作品では、すべての脇の俳優さんが素晴らしかったです。
警部なんか、観ててほんまにムカついたもん(笑)
聴聞会では審議にかけられてるのに、
「その座り方かよ!!」やったし(笑)

何本もCイーストウッド監督の作品を観てますが、これも素晴らしかった。
重いテーマのこの作品を、暗すぎず、しかしズシッと心に響くものがありました。
音楽もよかったですね~。

原題:  『CHANGELING』
監督:  クリント・イーストウッド
キャスト:アンジェリーナ・ジョリー
      ジョン・マルコヴィッチ
      ジェフリー・ドノヴァン

           (by東宝シネマズ二条)

[PR]
by rm1015 | 2009-03-01 23:24 | 洋画 [た~と]