今年もよろしくお願いします。頑張って月日に追いつきま~す(笑)


by rm1015

プロフィールを見る
画像一覧

S M T W T F S
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31

カテゴリ

全体
洋画 [あ~お]
洋画 [か~こ]
洋画 [さ~そ]
洋画 [た~と]
洋画 [な~の]
洋画 [は~ほ]
洋画 [ま~も]
洋画 [や~よ]
洋画 [ら~ろ]
洋画 [わ~]
映画 [アジア系]
邦画 [あ~こ]
邦画 [さ~と]
邦画 [な~ほ]
邦画 [ま~よ]
邦画 [ら~ ]
[過去の鑑賞記録]
みーのつぶやき

タグ

(131)
(112)
(93)
(74)
(60)
(58)
(50)
(48)
(43)
(41)
(38)
(34)
(29)
(27)
(27)
(26)
(20)
(15)
(12)
(9)

お気に入りブログ

素晴らしき哉映画人生
シネマ親父の“日々是妄言”
samuraiの気になる...
映画の心理プロファイル
Stampede
映画館の暗闇に包まれて
かたすみの映画小屋
のんびり映画日記
☆ Inusukeなブログ ☆
利用価値のない日々の雑学
MY PLAGUE
みいと塁のおっさんな毎日
映画のへや
It's a wonde...
太陽がくれた季節
KIBE.POSSIBL...
記憶の滴
Sweet* Days*...
華鈴 の blog
I'm Gonna Be...

リンク。

ブログパーツ

最新のトラックバック

『ロミオとジュリエット』..
from 【徒然なるままに・・・】
ダブル・ミッション
from piece of life ..
幸せはシャンソニア劇場から
from ただの映画好き日記
きな子〜見習い警察犬の物語〜
from ただの映画好き日記
ソルト
from piece of life ..
バウンティー・ハンター
from piece of life ..
NINE
from ただの映画好き日記
シャーロック・ホームズ
from ただの映画好き日記
それでも恋するバルセロナ
from ただの映画好き日記
ラブリーボーン
from ただの映画好き日記

ライフログ


ALWAYS 三丁目の夕日 豪華版


三丁目の夕日


パイレーツ・オブ・カリビアン デッドマンズ・チェスト スペシャル・エディション


パイレーツ・オブ・カリビアン 呪われた海賊たち コレクターズ・エディション


Shall we Dance ?(初回限定版)


フットルース


サウンド・オブ・ミュージック プレミアム・エディション


インファナル・アフェア 限定デラックス DVD-BOX


雨に唄えば


いぬのえいが プレミアム・エディション


スウィングガールズ スタンダード・エディション


十二人の怒れる男


天使にラブ・ソングを 2


パッチ・アダムス ― コレクターズ・エディション


スティング


大脱走


ミスタア・ロバーツ 特別版


絹の靴下 特別版


情婦


私を野球につれてって


第十七捕虜収容所


バンド・ワゴン 特別版

以前の記事

2012年 02月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 07月
2010年 06月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 03月
2010年 02月
2010年 01月
2009年 12月
2009年 11月
2009年 10月
2009年 09月
2009年 08月
2009年 07月
2009年 06月
2009年 05月
2009年 04月
2009年 03月
2009年 02月
2009年 01月
2007年 11月
2007年 10月
2007年 09月
2007年 08月
2007年 07月
2007年 06月
2007年 05月
2007年 04月
2007年 03月
2007年 02月
2007年 01月
2006年 12月
2006年 11月
2006年 10月
2006年 09月
2006年 08月
2006年 07月
2006年 06月
2006年 05月
2006年 04月
2006年 03月
2006年 02月
2006年 01月
2005年 12月
2005年 11月
2005年 10月
2005年 09月
2005年 08月
2005年 07月
2005年 06月
2005年 05月
2005年 04月
2005年 03月
2005年 02月
2005年 01月

検索

人気ジャンル

ファン

記事ランキング

ブログジャンル

画像一覧

<   2007年 05月 ( 8 )   > この月の画像一覧

300〈スリーハンドレッド〉(2007米)

無謀なる壮絶な戦いに生身の屈強な男たちが立ち向かう迫力の歴史スペクタクル。
c0045529_16511425.jpg

試写会に行ってきました。
何回か当たってるんですけど、行けたのは初めてだ・・・^^;

ってか、よく話も知らずに行ってみた。
予告編は見てたし、「スパルタ教育」の語源のような物語か?
って感じで、それ以外はよく知らずに(笑)

でも・・・

まぁまぁってとこですか?

なんていうのかなぁ。。。
歴史劇にしては、漫画チックやし、
かといって、子供が見れるようなもんでもないし・・・

エロチックでもあり~の、残虐シーンも多々あり~の、で、
「いやらしい」とか「汚らしい」とかじゃないんやけど、
15歳未満は観られない、残忍なシーンもふんだんにあったのでした。
c0045529_1754747.jpg


なのに、出てくるのは

妙な怪獣モドキの動物とか、超人ハルクもびっくりなモンスターまがいのデカ人間とか
顔にジャラジャラぶら下げた、独裁者とか・・・←こんな輩はほんまにいたのか?(笑)

この辺はどうもいただけんかった。
もうちょっと人間ドラマを意識してほしかったようにも思う・・・

ってか、あのスパルタ人のマッチョな体も、みんなCGってか?
なら仕方ないか。。。(笑)

しかし、でっかく重い盾に、長く重そうな槍、「オペラ座の怪人」に続く仮面(笑)、

なのに裸にマントってのが不思議やった・・・・^^;

多分、お金出しては観に行ってない気がするので、
話のネタにはまあ良し、かな|* ̄ー ̄|

原題:  『300』
監督:  ザック・スナイダー
キャスト:ジェラルド・バトラー
      レナ・へディ
      デヴィッド・ウェンハム


      (by 東宝シネマズ二条:試写会)

[PR]
by rm1015 | 2007-05-31 23:47 | 洋画 [さ~そ]

パイレーツ・オブ・カリビアン~ワールドエンド(2007米)

世界中で大ヒットを記録したシリーズ3部作の完結編となるアクション・アドベンチャー。海の中へ消え去ってしまったジャック・スパロウの行方や、強大な陰謀に立ち向かう海賊たちの戦いが壮大なスケールで描かれる。
c0045529_14532962.jpg

公開3日目のレイトショー。
月曜日にチケット取ったのに、お気に入りの一番後ろの席はいっぱい(ーー;)
そんな人多いのか?

・・・多かったです。満員やった( ̄Д ̄;;
GWの「スパイダーマン」を思い出したし・・・。

「ハーゲンダッツのアイスクリームいかがですか~?」と売り子のねーちゃんが劇場内に(゚◇゚;)!!!
そういえば、昔いたな~って感じですか?あんまり記憶にないけど・・・
今じゃ甲子園とかしか知りませんがね(笑)

お話は・・・

あまりに盛りだくさんすぎたかなぁ・・・

バルボッサが思わずヒーローっぽかったこと。
エリザベスがきれかっこよかったこと。
サルのジャックがかわいかったこと。
父ちゃんがそっくりやったこと\(◎o◎)/!
ラストの方のウィルは、今までで一番かっこよかったこと|* ̄ー ̄|
わんこにホッとしたこと(笑)
デイヴィ・ジョーンズの○○が見られたこと・・・
「ジャック・スパロウと愉快な仲間たち」には笑わせてもらったこと。
c0045529_1575120.jpg

今回の収穫も多かったんやけど、
やっぱり一番面白かったのは「呪われた海賊たち」ですな。
今晩もっかい観てみようかな~(笑)
やっぱりあれも、劇場で観ときたかった。
今回観に行く前に、1も2もおさらいしてから行ったらよかった。
2を観に行く直前に1観てから行ったので、流れがよくわかったもんね。
今回は2も劇場で観てたので、おさらいしないで行ったもんなぁ・・・

今回のは観たあとで、疑問もあった・・・

最初の子供は誰なん??

それからそれから・・・

今回も、ゼッタイにエンドロール後まで観てね。
明るくなってから帰るんやで!!(笑)

何か4も作られそうな気配がしないでもない・・・(゚▽゚=)ノ彡☆ギャハハ!!

原題:  『PIRATES OF THE CARIBBEAN: AT WORLD'S END 』
監督:ゴア・ヴァービンスキー
キャスト:ジョニー・デップ
      オーランド・ブルーム
      キーラ・ナイトレイ

      (by 東宝シネマズ二条)

[PR]
by rm1015 | 2007-05-27 15:09 | 洋画 [は~ほ]

パッチギ!LOVE&PEACE(2007)

舞台を1968年の京都から74年の東京へ移し、親子三代に渡り苦難を乗り越えて生き抜く一家を清々しく描く、井筒監督の大ヒット青春映画「パッチギ!」の続編。
c0045529_1433846.jpg

結構面白くはあったんですが、個人的には前回の方がよかったかな。
何年か経ってる設定なので、ちょっと大人になってるせいか、
ボコボコ殴るシーンが少ないのはよかったかも^^;

でも、「アンソン」に「キョンジャ」って・・・
同じ名前やけど、続編なのか?
同じ人間の「その後」なのか?

わざわざ舞台を東京に移す必要があったのかどうか・・・

でも、藤井くんはよかったね。
何かホッとする。
癒し系顔の西島秀俊が、嫌なヤツの役、言うのも面白かったかも。

しかし、うまかった子役の今井くん。
あの子のセリフが、「素」でよかったねんな~。
顔はどうしても「阿部サダヲ」に見えるねんけど・・・(笑)

監督:  井筒和幸
キャスト:井坂俊哉
      中村ゆり
      藤井 隆

       (by 東宝シネマズ高槻)

[PR]
by rm1015 | 2007-05-21 14:29 | 邦画 [な~ほ]

俺は、君のためにこそ死ににいく(2007)

愛する人を、守りたかった。

『あん子達は、本当に輝いておられもした』

c0045529_17592255.jpg

あの・・・
いい作品やとは思います。実話が元らしいし、この「おばちゃん」も実在らしいし。
それに、いろんな場面でボロボロ泣けたし・・・。

でもね・・・・
口開いたら「靖国」なんですよねぇ。
そんなに全部の兵隊さんが「やすくにやすくに」言いながら死んで行ってないでしょ?

学校で習ったのは、突撃時の「天皇陛下万歳!」も実際は「お母さん!」やったらしいし。
c0045529_184583.jpg


それに、ちょっとな~って思ったのが、「お国のために死ぬのが美徳」みたいなイメージを
抱かせようとしてるような気がしないでも・・・
「最後は俺も逝く」って、きっとそのつもりないでしょ・・。

石原慎太郎の人脈か何かは知らんけど、
有名俳優がチョイ役で出すぎ。
どれがどれの家族か、とかわからんくなっちゃうやん。
長門さんとか、江守さんとかさ。

的場公司とか、あれだけのために(ほんの2分ほどの出番)丸刈りにしたのね。
どこかの気取ったアイドルは、戦争映画なのに、それも主演やのにロン毛をポニーテールにしてたな~、そんな飛行隊おらんやろ!!それに比べたらこの人さすがやな~とか
思いながら見てたけどさ(゚▽゚=)ノ彡☆ギャハハ!!

それに気になったのが、パリのおばさまこと岸恵子を初めとする、女性陣のメイク。
髪型も髪の色も(そんなひどい茶髪はさすがにおらんかったけど)
何だかみんなが今風なんですよね。
慰安婦役の女の子のメイクなんか、「この時代に、こんなアイメイクゼッタイおらんし!」って
文句言いたいくらいやったし。
とにかく、戦時中っぽいのは衣装だけであったのです。

あのね。
ワンちゃんの飼い主になる河合さん役の子、うまかったよ。
素で話してた。
蛍はできすぎやけどさ(笑)


でも・・・

窪塚洋介って・・・

いい役やったけど、あの人あんな下手やった?
まともには「GTO」(ドラマ)しか見てないけど、あんなんやったっけ??
でもその弟役の子は良かったです。

あとね。
結構混んでたんですけどね。
戦争映画らしく、年齢層がすごい高かったですがね。
隣のばあちゃん姉妹が喋るんですわ。
最初っから「始まるで~。暗なったで~」ここで「ヤバイか?」と・・・
「遺書やで」「蛍になったで」
わかったってば。
注意しようかと思ったら黙るし、袋からガサガサと飴ちゃん出すし・・・
ええとこでは泣いてたし、戦争には思い入れがあるから来たのかな~とか考えちゃって、
注意もしにくかった^^;

もっと遠くに座ってたばあちゃん達はもっとうるさかったかも・・・・

やっぱり行くならレイトショーかな。
レディースデーはおばはん祭りやもんな。
(お前が言うなってか?|* ̄ー ̄|)

まあ、いろんな意味で突っ込みどころは満載でした。
泣いたけど(゚▽゚=)ノ彡☆ギャハハ!!

監督:  新城卓
キャスト:岸 恵子
      徳重 聡
      窪塚洋介

      (東宝シネマズ二条)

[PR]
by rm1015 | 2007-05-16 18:45 | 邦画 [あ~こ]

ハンニバル・ライジング(2007米/英/仏)

トマス・ハリス原作の“ハンニバル・レクター”シリーズの「羊たちの沈黙」「ハンニバル」「レッド・ドラゴン」に続く映画化第4弾。
c0045529_1546179.jpg

幼少時のハンニバルの様子がよくわかります。
実際は「レッド・ドラゴン」だけは未見なんですけど。

ハンニバルの原点は日本に・・・みたいにしてあったので、
どんなん?っと興味津々やったんですけどね。
c0045529_1614988.jpg


日本?

侍の鎧と、日本刀、浮世絵・・・

これだけで日本?

ま、いくら戦後すぐとはいえ、こんなものを家にたいそうに奉ってる家なんて、
よっぽどの旧家か盟家しかないで。

それに、「レディ・ムラサキ」って・・・
どう贔屓目に見ても日本女性には見えないし。

っちゅうか、日本の女優に、この映画にふさわしい人がいなかった、ってことか?
それはそれで、ちょっと寂しいですやんか。
香港の女優を使わないといけないなんてさ。

個人的には、コン・リーよりケリー・チャンの方がそれっぽいと思いましたが、何か?|* ̄ー ̄|

そういう経緯で、殺人鬼と化したのね。
イチバン辛そうなのは、木に括りつけられて馬が・・・
それから水に沈められて・・・・・・(゚_゚i)タラー・・・

しかし、ミーシャ・・・かわいかったなぁ~。
ハンニバルは、あの少年がこうなって、そしてアンソニー・ホプキンスに・・・( ̄Д ̄;;


原題:  『HANNIBAL RISING 』
監督:  ピーター・ウェーバー
キャスト:ギャスパー・ウリエル
      コン・リー
      ドミニク・ウェスト

[PR]
by rm1015 | 2007-05-09 21:42 | 洋画 [は~ほ]

クィーン(2006英/仏/伊)

離婚後も絶大な人気を誇ったダイアナ元皇太子妃の突然の事故死という事態に直面し、その対応に苦慮する英国王室の内幕に迫る実録政治ドラマ。
c0045529_15411761.jpg
アカデミー賞主演女優賞受賞のヘレン・ミレン。
ほんにそっくりでございました(゚◇゚;)!!!
ついでに言えば、ブレア首相も似てたし。
チャールズはちょっとちゃうかな(笑)

しかしこういう映画を作れる、っちゅうのがさすがイギリスやねぇ。
日本じゃ考えられんもんね。

だってエリザベス女王、健在でいらっしゃるし。

しかし、全人民がダイアナの味方、みたいな部分があったし、
実際のところ、かなり孤独やったやろな~・・・・

姑としては、多分「いい嫁」じゃなかったんやろうし(笑)
「何で出てった嫁のために・・」って思いながらも
国民の意見を尊重しちゃうところは、
国民のために生きてきた「女王」っての知らしめてるのかな~。
普通は、知らないところで死んだ元嫁の葬儀を、自分のところで仕切るのはヘンでしょ?
今現在は「よその人」なんやからさ。
c0045529_15414045.jpg


それにチャールズも実際、「その女」と結婚しちゃったしさ( ̄Д ̄;;

何だかな~。

やっぱり鬼のように見えても、エリザベスは正しい女王なんでしょうな・・・。
ちょっと殿下がかっちょ悪かった・・・チャールズも|* ̄ー ̄|

原題:  『THE QUEEN 』
監督:  スティーヴン・フリアーズ
キャスト:ヘレン・ミレン
      マイケル・シーン
      ジェームズ・クロムウェル

        (東宝シネマズ二条)

[PR]
by rm1015 | 2007-05-05 23:59 | 洋画 [か~こ]

スパイダーマン3(2007米)

人気アメコミ・ヒーローを実写映画化した空前の大ヒット・アクション・シリーズ第3弾!
c0045529_20431540.jpg

2日連チャン鑑賞でございます(笑)
急にぎりぎりの時間に入ったので、とにかくいっぱいの人。
いつ行っても映画館なんて◎ついてるのに、△やったし、それも並んでる間に×に・・・(笑)
それでも聞いてみたら、「前なら空いてます」
だから2列目の端っこで観ました。
ちょっと首が痛かった(笑)

しかし・・・

なかなか面白かったよ。
1より2の方が好きやったけど・・・・

でもやっぱり2が1番好きかな。

だって、せっかく仲直り・・・・(以下自粛)

今回は敵が多かったねぇ~。ピーター。
サンドマンには「水かけたれや!!」ってずっと思ってた(笑)

しかしあのブラックスパイダーマンは、一体何者なんやろう・・・
グニュグニュときしょ~い音がしてたけどさ~(笑)
黒くなったら、前髪も降ろして(笑)、
キザ野郎になってしまうピーターが、何だかおかしかった。
なり切れてないんやもん。

でもね。

ピンチにバァ~っと(表現がヘンか?^^;)飛んで来て、サッと助けるスパイダーマンが、
最高にかっこよかったのです。
決してオトコマエとは言えない彼が(失礼^^;)
この上ないヒーローなんですよね。

ちゃんとストーリーも出来上がってて、
感動系でもあります。
c0045529_21545132.jpg


こんなアメコミで泣くなんてね(笑)
スカッとして終わるのかと思ってたのに、切ない気分になっちゃったりしてね^^;

叔母さんとハリーの執事が一服の清涼剤。

ホッとさせられます。

原題:  『SPIDER-MAN 3 』
監督:  サム・ライミ
キャスト:トビー・マグワイア
      キルスティン・ダンスト
      ジェームズ・フランコ

      (by 東宝シネマズなんば)



それで!

あの警部の娘っこってば、あの「レディ・イン・ザ・ウォーター」や「ヴィレッジ」の主演女優ですってか?
何かまったくイメージが違いました。
[PR]
by rm1015 | 2007-05-02 21:55 | 洋画 [さ~そ]

バベル(2006米)

モロッコ。険しい山間部を走る一台のバス。そこに乗り合わせた一組のアメリカ人夫妻、リチャードとスーザン。壊れかけた絆を取り戻すため二人だけで旅行にやってきた。ところが・・・
c0045529_2053358.jpg


今月1発目はこれです。
話題の作品。ブラピに菊池凛子しゃん。

うぅぅ~~~~ん・・・・
『クラッシュ』をちょっと想像するかも・・なんやけど・・・

正直、後味はよくないです。

でも「言葉の壁」っていうのは、本当にいざとなったらぶち当たるんですよね。

モロッコとメキシコでは、通じない言語の壁。
日本では、聾であるがゆえの通じない思い・・。

確かに、スカッとはしないけど、大きく考えさせられる映画でした。

嫁が撃たれただんな。
銃を買ったがために、息子を不幸にしてしまった親父。
聾のために、自分の思いを素直に伝えられないで、想像もつかない行動に出る娘。
その娘の気持ちになかなかこたえられない親父。
覚えのない罪で強制送還される乳母・・・・
c0045529_2103252.jpg


悲しいことばっかりで何だか気が重くなるけど、
「チエコ」ちゃんには強くなって欲しいな~。

もうちょっと、人物像を深く掘り下げてもよかったような気もするんですけどね。
この4つの話だけでも140分以上あったから、ちょっとキツイかな。

この映画で気持ち悪くなった人が出たそうですね。
あの「ディスコ」(今は言わないのか?^^;)のチカチカシーンですか・・・
たしかにあんまりいいもんではなかったけど^^;

鑑賞後の疑問が2つ。

1、あれ、何て書いてあって~ん!?(笑)
(やはり死の真相でしょうな・・・・)

2、サンティアゴ~!!どこ行って~~~~~~~~~ん!!!(笑)

原題:  『Babel』
監督:  アレハンドロ・ゴンサレス・イニャリトゥ
キャスト:ブラッド・ピット
      役所公司
      菊池凛子

      (by 東宝シネマズ二条)

[PR]
by rm1015 | 2007-05-01 20:53 | 洋画 [は~ほ]