今年もよろしくお願いします。頑張って月日に追いつきま~す(笑)


by rm1015

プロフィールを見る
画像一覧

S M T W T F S
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31

カテゴリ

全体
洋画 [あ~お]
洋画 [か~こ]
洋画 [さ~そ]
洋画 [た~と]
洋画 [な~の]
洋画 [は~ほ]
洋画 [ま~も]
洋画 [や~よ]
洋画 [ら~ろ]
洋画 [わ~]
映画 [アジア系]
邦画 [あ~こ]
邦画 [さ~と]
邦画 [な~ほ]
邦画 [ま~よ]
邦画 [ら~ ]
[過去の鑑賞記録]
みーのつぶやき

タグ

(131)
(112)
(93)
(74)
(60)
(58)
(50)
(48)
(43)
(41)
(38)
(34)
(29)
(27)
(27)
(26)
(20)
(15)
(12)
(9)

お気に入りブログ

素晴らしき哉映画人生
シネマ親父の“日々是妄言”
samuraiの気になる...
映画の心理プロファイル
Stampede
映画館の暗闇に包まれて
かたすみの映画小屋
のんびり映画日記
☆ Inusukeなブログ ☆
利用価値のない日々の雑学
MY PLAGUE
みいと塁のおっさんな毎日
映画のへや
It's a wonde...
太陽がくれた季節
KIBE.POSSIBL...
記憶の滴
Sweet* Days*...
華鈴 の blog
I'm Gonna Be...

リンク。

ブログパーツ

最新のトラックバック

『ロミオとジュリエット』..
from 【徒然なるままに・・・】
ダブル・ミッション
from piece of life ..
幸せはシャンソニア劇場から
from ただの映画好き日記
きな子〜見習い警察犬の物語〜
from ただの映画好き日記
ソルト
from piece of life ..
バウンティー・ハンター
from piece of life ..
NINE
from ただの映画好き日記
シャーロック・ホームズ
from ただの映画好き日記
それでも恋するバルセロナ
from ただの映画好き日記
ラブリーボーン
from ただの映画好き日記

ライフログ


ALWAYS 三丁目の夕日 豪華版


三丁目の夕日


パイレーツ・オブ・カリビアン デッドマンズ・チェスト スペシャル・エディション


パイレーツ・オブ・カリビアン 呪われた海賊たち コレクターズ・エディション


Shall we Dance ?(初回限定版)


フットルース


サウンド・オブ・ミュージック プレミアム・エディション


インファナル・アフェア 限定デラックス DVD-BOX


雨に唄えば


いぬのえいが プレミアム・エディション


スウィングガールズ スタンダード・エディション


十二人の怒れる男


天使にラブ・ソングを 2


パッチ・アダムス ― コレクターズ・エディション


スティング


大脱走


ミスタア・ロバーツ 特別版


絹の靴下 特別版


情婦


私を野球につれてって


第十七捕虜収容所


バンド・ワゴン 特別版

以前の記事

2012年 02月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 07月
2010年 06月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 03月
2010年 02月
2010年 01月
2009年 12月
2009年 11月
2009年 10月
2009年 09月
2009年 08月
2009年 07月
2009年 06月
2009年 05月
2009年 04月
2009年 03月
2009年 02月
2009年 01月
2007年 11月
2007年 10月
2007年 09月
2007年 08月
2007年 07月
2007年 06月
2007年 05月
2007年 04月
2007年 03月
2007年 02月
2007年 01月
2006年 12月
2006年 11月
2006年 10月
2006年 09月
2006年 08月
2006年 07月
2006年 06月
2006年 05月
2006年 04月
2006年 03月
2006年 02月
2006年 01月
2005年 12月
2005年 11月
2005年 10月
2005年 09月
2005年 08月
2005年 07月
2005年 06月
2005年 05月
2005年 04月
2005年 03月
2005年 02月
2005年 01月

検索

その他のジャンル

ファン

記事ランキング

ブログジャンル

画像一覧

<   2006年 05月 ( 10 )   > この月の画像一覧

雨あがる(1999東宝)

人を押しのけてまで出世することが出来ない心優しい武士と、そんな夫を理解し支える妻の心暖まる絆を描いた時代劇。c0045529_23252217.jpg

観終わった後で「こんな嫁はんにならなあかんのかな」と思わずつぶやいてしまいました^^;
決して派手じゃないけど、心に染み入る作品でした。
「嫁はん」の宮崎美子の存在感もすごい大きかった。
優しくて強くて、いつも「お帰りなさいませ」

ただ気になったのは、殿様役の三船史郎氏。
がなり立てるセリフ回しが、耳について仕方なかった。
この人は、故三船敏郎氏の息子らしいが、七光りは当たらんかったか・・・・|* ̄ー ̄|
三船美佳の兄さんになるのか?やっぱり^^;

それと、ほとんど「時代劇語」じゃないのね。
「それがし」とかは言うてたけど、よくいろんな映画で聞いた「御意」がなかったな(笑)

助演の「純」がいい雰囲気を出していた。
「純」=吉岡くんね(笑)
ヅラはちょっと似合わない。

今は亡き俳優さんが何人か出てらして、「こないだ賞取ったと思ったのにな~」と
しみじみしてしまいました。

背景も素晴らしくきれいし、静かに淡々と進むけど、
いい感じの「のんびりした」作品やったと思います。
寺尾聰はあーいう「静かなあまり怒らない」人役がめっちゃ似合う。
そういえばTVドラマの「優しい時間」のマスターもそうでした。
見逃しちゃった「博士の愛した数式」のDVD化が楽しみであります。

監督:  小泉尭史
脚本:  黒沢 明
キャスト: 寺尾 聰
      宮崎美子
      三船史郎

        (by チャンネルneco)

[PR]
by rm1015 | 2006-05-31 23:26 | 邦画 [あ~こ]

スリーピー・ホロウ(1999米)

1799年、NY郊外の村で人間の首を切り落とす猟奇的な連続殺人事件が発生した。調査に訪れた市警捜査官のイガボットは、南北戦争で殺され、自分の首を求めてさまよう幽霊騎士の伝説を聞かされる。c0045529_233817.gif

ジョニー・デップ、最近よく観ます(笑)
ティム・バートンはこういう作品好きですねぇ。
これもなかなか楽しめました。

これはホラーらしいんやけど^^;決して怖くはない。
むしろ笑いどころが結構あるし。

それに、主演のJデップが、「かっこいいヒーロー」になり切ってない、ってところがよかった。
あんまりかっこよすぎても嫌味やしな^^;

ところで、Jデップの回顧シーンに出てくる幼少期の彼・・・
かわいぃ~~~♪
濱ちゃんそっくり!!(ダウンタウンちゃうで。阪神タイガースの濱ちゃんね 笑)
あの子なんていう子でっか??
今もう13歳くらいじゃないのか?
もう出てないのかぁ?(しつこい)

原題:  『SLEEPY HOLLOW』
監督:  ティム・バートン
キャスト: ジョニー・デップ
      クリスティナ・リッチ
      ミランダ・リチャードソン

[PR]
by rm1015 | 2006-05-28 23:10 | 洋画 [さ~そ]

ダヴィンチ・コード(2006米)

ある日、ルーヴル美術館で館長のジャック・ソニエールが殺害される事件が起こる。遺体は奇妙な体勢で横たわり、周囲には不可解な暗号らしきものが記されていた。フランス司法警察のファーシュ警部は、講演のためパリに滞在していたハーバード大学教授ロバート・ラングドンに協力を依頼、事件現場に呼び出すが・・・
c0045529_091951.jpg

早速鑑賞。
賛否両論のこの作品、クランク・インの時から「絶対観るで~」と鼻息荒くして待っておりました(笑)

まず、私はこの原作を知りません。
読もうかな~と思ってましたが、時間もなく、結局「映画が先」になりました。
それに、公開直前までオドレイ・トトゥをキャサゼタやと思ってたし|* ̄ー ̄|
(「アメリ」は未見やけど、「ロング・エンゲージメント」の時とは、だいぶイメージがちゃうかったなぁ)

宗教的なことはわからんけど、観ていて難しいなぁ~って思う事も多々あったけど、
結論を言えば、「世は満足ぢゃ♪」

原作読んでなくても、充分に楽しめました。
それに、原作読んでたら、犯人わかってて観るわけやん??
それもな~って感じやし。

それなら、「1回まず、映画観て、原作読んで、ほいで今度はDVDで」

これならかなり理解できるんじゃないかな。c0045529_09466.jpg

原作読んで、イメージを膨らませてから鑑賞すると、
「ラングドンはこんな男じゃないで」とか、「犯人ってこんな感じでええんかいなぁ?」とか
「ジャン・レノがこの役を?」とか、疑問は確かに生じると思う。
その点でも、私の場合は何も知らずに観たので、
すんなりと映画の中に入っていけたしね。

トム・ハンクスはやっぱりうまいねぇ。
でも髪は短いほうがいいぞ。
それに、原作でもソフィーはあんなに運転うまいのかぁ?(゚◇゚;)!!!

ただ、最近はテレビで物凄くやってるよね。
「ダビンチコードの謎」とか、「キリスト信者の反対運動」とか。
私はこのテレビ番組も何も見てない。
やってるのに気づいたらチャンネル変えてたな。
映画を観てからなら楽しめるかもな~って思って。
それに、反対!!とか言うてるけど、これもかえって宣伝効果絶大やと思いますがねぇ・・・(笑)

しかしさすがに公開から5日目、レディースデーでもあり、かなり混んでました。
いつも映画は、一番後ろのど真ん中、っちゅうのが定番なんやけど(笑)
ちょっと通路よりしか空いてなかったよ~|* ̄ー ̄|
それよりびっくりしたのが、私の隣で1人で観てたおばちゃんが、
映画の後半で号泣してんねん・・・
泣くシーンなんかなかったぞ~~~~~~~~?∑( ̄ロ ̄|||)!?



この記事を評価する←久々に投稿。よろぴくね。


原題:  『THE DA VINCI CODE』
監督:  ロン・ハワード
キャスト: トム・ハンクス
      オドレイ・トトゥ
      ジャン・レノ

         (by 東宝シネマズ二条)

[PR]
by rm1015 | 2006-05-25 00:10 | 洋画 [た~と]

ミッドナイト・クロス(1981米)

効果音の収録中に自動車事故を目撃したB級映画専門の効果マン。しかし事件の背後には政治がからんでおり、彼のテープには事故が殺人であった事を示す証拠が残されていた・・・。c0045529_2005767.jpg

トラボルタ、まだちょっと細いです(゚▽゚=)ノ彡☆ギャハハ!!
なかなか面白かったけど、ちょっと唐突過ぎるような気もしましたな。
パルマの映画って多分初めてやけど、
こういう類のが多いのかな~・・・
ちょっと他の作品も観てみようかな~って気にもなったな。うん。

でもでも、この映画、ラストは辛い。
悲しい・・・
トラボルタが最後にしたことも、ちょっと納得いかんぞ~!!

それにいつも思うけど、この原題がどうしてこの邦題になるんやろ・・・?謎だ。


原題:  『BLOW OUT』
監督:  ブライアン・デ・パルマ 
キャスト: ジョン・トラボルタ
      ナンシー・アレン
      ジョン・リスゴー

[PR]
by rm1015 | 2006-05-22 20:07 | 洋画 [ま~も]

ハイド・アンド・シーク~暗闇のかくれんぼ(2005米)

ある日、幸せだったキャラウェイ家に突然の悲劇が訪れた。デビッドの妻アリソンが浴室で自ら手首を切り、その命を絶ってしまったのだった。そして9歳の一人娘エミリーは、この衝撃的な出来事を目の当たりにしてしまう。以来、心を閉ざしてしまったエミリー。心理学者でもある父デビッドは、娘の心が癒えるようにとニューヨーク郊外の湖のほとりにある静かな町へと引っ越すが・・・

c0045529_19534621.jpgロバート・デ・ニーロですな。
最初はのんきで気の効かん、ぼんくら親父って感じやったんやけどね|* ̄ー ̄|

しかし、ダコタちゃん、ほんまうまいんでびっくりでした。
『宇宙戦争』のときは、ただ叫んでるだけ、ってイメージやったんやけど、
目とか表情で、ちゃんと怖さを表現してる。
チャーリーよりある意味かなり怖かったもんね(笑)

オチもわかっちゃったし、ホラーっぽくもなんでもなかったけど、
ラストはあれでいい。
「もうひとつのエンディング」、あれはいかん。いただけましぇん(笑)


原題:  『HIDE AND SEEK』
監督:  ジョン・ポルソン 
キャスト:ロバート・デ・ニーロ
      ダコタ・ファニング

[PR]
by rm1015 | 2006-05-20 19:46 | 洋画 [は~ほ]

ナイロビの蜂(2005英)

アフリカ・ケニアのナイロビ。ガーデニングが唯一の趣味という英国外務省の一等書記官ジャスティン。事なかれ主義の彼は、アフリカで精力的に救援活動を続ける妻テッサの行動には深く立ち入らず、見ない振りを決め込んでいた。ところがそんなある日、テッサは救援活動中に何者かに殺されてしまう。
c0045529_20545154.jpg

観て来ました。
映画館の予告POP見て、観たくなった次第で^^;

「ホテル・ルワンダ」のようなアフリカの景色。
こういう話は、何パーセントかは事実なんですかね。

あってほしくないけどあり得るしなぁ・・・
悪い人ばっかりがせせら笑い、懐を肥やしていく・・・
あ~・・やだやだ!!Σ(`Θ´)=3!!

サスペンスであり、夫婦愛もあり、友情話もあり・・・
見事な社会派ドラマって感じでした。

しかし主演女優のレイチェル・ワイズ、こないだまで見たことなかったのに
いきなり2本目です(前回は『コンスタンティン』)c0045529_20551662.jpg
眉が印象的で、きれいな目の女優さん。
この人の声好きです。
妊婦姿は特殊メイクか~?
マジに見えたんですけど~^^;

さて・・・来週くらいに行けるかな~
『ダヴィンチ・コード』
観て損か得か・・・さてどっち?|* ̄ー ̄|


原題:  『THE CONSTANT GARDENER』
監督:  フェルナンド・メイレレス
キャスト: レイフ・ファインズ 
      レイチェル・ワイズ
      ユベール・クンデ 

        (by 東宝シネマズ二条)

[PR]
by rm1015 | 2006-05-17 20:56 | 洋画 [な~の]

ブルーレクイエム(2004仏)

ある日、アレックス・ドゥマールという独り身の男が現金輸送会社ヴィジラントに警備員として入社した。どこか陰のあるその男は、密かな計画を持っていた・・・ c0045529_13324887.jpg

ほとんど予習ナシにレンタルした作品ですが、(正直観始めてからフランス映画だと知った^^;)

はは~ん。。。復讐もんですか。
暗いけど、ド~ンとのしかかってくるようなのではなく、
結構見入ってしまいました。
地味な俳優ばっかりなんやけどね・・・^^;

でも少々重いかなぁ。
こんなに死なんでもええのになぁ。

ハリウッドでリメイク決定らしいけど、誰が主人公をやるんやろう・・・・
ブルース・ウィリス?^^;


原題:  『LE CONVOYEUR』
監督:  ニコラ・ブークリエフ
キャスト:アルベール・デュポンテル 
      ジャン・デュジャルダン
      フランソワ・ベルレアン

[PR]
by rm1015 | 2006-05-12 01:22 | 洋画 [は~ほ]

毒薬と老嬢(1944米)

ブルックリンの豪邸に暮らす老姉妹エビイとマーサは、老い先短い不幸な老人たちを安らかに眠らせるという、秘かな仕事に精をだしていた。屋敷の下宿人たちに、毒入りのワインを飲ませ、死体を地下に隠していたのだった。そこへ、彼女たちの甥のモーティマーが、新妻を連れてやってくるが……。 c0045529_13564864.jpg

面白かったぁ~!
こういうクラシック映画にしては、笑いどころ満載でした。

なんっちゅうても、すっとぼけたおばあちゃん2人がかわいくて、
「死体があるぞ」といわれても「そうよ。ホスキンズさんって言うの」
とサラッと言ってのけるところとか爆笑もんでしたわ。
「殺して安らかに送ってあげてる」と思い込んでるんやもんね。
姉妹揃って(*≧m≦*)ププッ

出てくる人間、みんな何か抜けてるねんな~。
兄貴はフランケンシュタインになってもーてるし、お巡りも間抜けやし、
婚約者もどこかとぼけてるし|* ̄ー ̄|

ちょっとやかましすぎな部分もありましたが、ご愛嬌ということで(笑)
サスペンスっぽくもあり、コメディ色も強めで、
うまくミックスされた作品でした。

Fキャプラの映画は大体好きですが、
これもお気に入りの1つに追加。

これは、500円セルDVDを購入。
どこも放送ないねんもん(`ε´)ぶーぶー

原題:  『ARSENIC AND OLD LACE』
監督:  フランク・キャプラ
キャスト: ケイリー・グラント
      プリシラ・レイン 
      ジョセフィン・ハル 
      ジーン・アディア 

[PR]
by rm1015 | 2006-05-07 14:02 | 洋画 [た~と]

コンスタンティン(2005米)

超常現象専門の探偵ジョン・コンスタンティン。末期ガンに冒され余命1年の宣告を受けながらもヘビースモーカーな彼は、幼い頃から、普通の人間には見えないもの…"悪魔"が見える特殊能力を持っていた。彼はその能力を使い、人間界に侵食しようとする悪魔を、地獄へ送り返すという仕事を続けていたが・・・ c0045529_13394930.jpg

ほぉ~。こういう映画やったんっすか。
映画館での予告、ため息交じりの「コンスタンティン~」って台詞と、ヒロインのねーちゃんが、
ビルを突き破って飛んでいくシーンだけが印象的でしたがね。

こういう話も面白いな~。
悪魔と人間が普通に話をするなんて、さすがコミック。
「妖怪人間べム」の世界やな、こりゃ|* ̄ー ̄|

オチが結構どんでん返し的で面白かったですね。
悪魔のおっさん(笑)
ええとこあるやん♪

キアヌ・リーブスって、そういや初でしたわ。
オトコマエやな~。
ちょっと若き日の草刈正雄って感じか・・(*≧m≦*)ププッ

エンドロールの後に、ワンシーン入ってましたね。
映画館で観た人、ちゃんと観ましたかぁ~?
「プロデューサーズ」でもそうやったけど、
エンドロール流れて「終わった!」って立ち上がったら、損する場合ありまっせ。
明るくなるまで座ってましょうね(笑)


原題:  『CONSTANTINE』
監督:  フランシス・ローレンス 
キャスト: キアヌ・リーヴス 
      レイチェル・ワイズ 
      シア・ラブーフ 

[PR]
by rm1015 | 2006-05-06 01:42 | 洋画 [か~こ]

Vフォー・ヴェンデッタ(2005英・独)

独裁国家となった未来のイギリス。仮面で正体を隠した「V」と名乗る男に、命を救われたおとなしく若い女性イヴィー。しかし男は、1605年に国王の圧政に反発し国家転覆を図り失敗に終わったガイ・フォークスにならって、たった一人でサトラー政府に反旗を翻す狡猾非情なテロリストだった。
c0045529_22471470.jpg
ファーストデイなので、何か観に行こうということになり、
観たかったはずの「寝ずの番」でも興味一杯の「RENT」でもなく、
予定外の作品を選んでみた。

あんまり「SF」とか「近未来もの」とかの、「ありえない映画」って
わざわざ観に行ったりしないんやけど、
何となく「面白そうかな」って直感で(笑)

ストーリー自体は正直言って難しい。
重くなりそうな話。

でも、それがややこしすぎず、ズッシリ来ず、
最後まで楽しんで観られました。

最後に残った「ナゾ」も、きっと「考えろよ~」「誰やと思う~?」っちゅうメッセージなんでしょかね(笑)

原作のコミックも、このV役の人の「マトリックス」も知らんけど、c0045529_22533586.jpg
(もういっこ言えば、このV役の俳優自体も知らん)
かっこいい台詞とか、Vの戦う姿とか、それにラストの壮大な仕掛けとか、
めっちゃよかったと思います。
顔も見えんのに、「かっこい~♪」って思ったし|* ̄ー ̄|

ナタリー・ポートマン、「レオン」しか知らんけど、やっぱりかわいいね。
「エレファント・マン」の主役のおじさんが、まるで金正日。



原題:  『V FOR VENDETTA』
監督:  ジェームズ・マクティーグ 
キャスト:ナタリー・ポートマン
      ヒューゴ・ウィーヴィング
      スティーヴン・レイ

         (by東宝シネマズ二条) 

[PR]
by rm1015 | 2006-05-01 22:56 | 洋画 [は~ほ]