今年もよろしくお願いします。頑張って月日に追いつきま~す(笑)


by rm1015

プロフィールを見る
画像一覧

S M T W T F S
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31

カテゴリ

全体
洋画 [あ~お]
洋画 [か~こ]
洋画 [さ~そ]
洋画 [た~と]
洋画 [な~の]
洋画 [は~ほ]
洋画 [ま~も]
洋画 [や~よ]
洋画 [ら~ろ]
洋画 [わ~]
映画 [アジア系]
邦画 [あ~こ]
邦画 [さ~と]
邦画 [な~ほ]
邦画 [ま~よ]
邦画 [ら~ ]
[過去の鑑賞記録]
みーのつぶやき

タグ

(131)
(112)
(93)
(74)
(60)
(58)
(50)
(48)
(43)
(41)
(38)
(34)
(29)
(27)
(27)
(26)
(20)
(15)
(12)
(9)

お気に入りブログ

素晴らしき哉映画人生
シネマ親父の“日々是妄言”
samuraiの気になる...
映画の心理プロファイル
Stampede
映画館の暗闇に包まれて
かたすみの映画小屋
のんびり映画日記
☆ Inusukeなブログ ☆
利用価値のない日々の雑学
MY PLAGUE
みいと塁のおっさんな毎日
映画のへや
It's a wonde...
太陽がくれた季節
KIBE.POSSIBL...
記憶の滴
Sweet* Days*...
華鈴 の blog
I'm Gonna Be...

リンク。

ブログパーツ

最新のトラックバック

『ロミオとジュリエット』..
from 【徒然なるままに・・・】
ダブル・ミッション
from piece of life ..
幸せはシャンソニア劇場から
from ただの映画好き日記
きな子〜見習い警察犬の物語〜
from ただの映画好き日記
ソルト
from piece of life ..
バウンティー・ハンター
from piece of life ..
NINE
from ただの映画好き日記
シャーロック・ホームズ
from ただの映画好き日記
それでも恋するバルセロナ
from ただの映画好き日記
ラブリーボーン
from ただの映画好き日記

ライフログ


ALWAYS 三丁目の夕日 豪華版


三丁目の夕日


パイレーツ・オブ・カリビアン デッドマンズ・チェスト スペシャル・エディション


パイレーツ・オブ・カリビアン 呪われた海賊たち コレクターズ・エディション


Shall we Dance ?(初回限定版)


フットルース


サウンド・オブ・ミュージック プレミアム・エディション


インファナル・アフェア 限定デラックス DVD-BOX


雨に唄えば


いぬのえいが プレミアム・エディション


スウィングガールズ スタンダード・エディション


十二人の怒れる男


天使にラブ・ソングを 2


パッチ・アダムス ― コレクターズ・エディション


スティング


大脱走


ミスタア・ロバーツ 特別版


絹の靴下 特別版


情婦


私を野球につれてって


第十七捕虜収容所


バンド・ワゴン 特別版

以前の記事

2012年 02月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 07月
2010年 06月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 03月
2010年 02月
2010年 01月
2009年 12月
2009年 11月
2009年 10月
2009年 09月
2009年 08月
2009年 07月
2009年 06月
2009年 05月
2009年 04月
2009年 03月
2009年 02月
2009年 01月
2007年 11月
2007年 10月
2007年 09月
2007年 08月
2007年 07月
2007年 06月
2007年 05月
2007年 04月
2007年 03月
2007年 02月
2007年 01月
2006年 12月
2006年 11月
2006年 10月
2006年 09月
2006年 08月
2006年 07月
2006年 06月
2006年 05月
2006年 04月
2006年 03月
2006年 02月
2006年 01月
2005年 12月
2005年 11月
2005年 10月
2005年 09月
2005年 08月
2005年 07月
2005年 06月
2005年 05月
2005年 04月
2005年 03月
2005年 02月
2005年 01月

検索

その他のジャンル

ファン

記事ランキング

ブログジャンル

画像一覧

<   2006年 04月 ( 13 )   > この月の画像一覧

CUBE(1997加)

ある日突然、密室に閉じこめられた6人の男女。それは正方形の巨大な立方体だった。いったい何のために作られたものなのか、なぜ自分たちが閉じこめられたのかは誰も知らない。脱出方法は6つあるハッチのいずれかを選び、同じ立方体でつながっている隣に移動しながら出口を探す以外ないが、いくつかの部屋には殺人トラップが仕掛けられていた....c0045529_21362110.jpg

「CUBE ZERO」が観たいので、先に観ておいたほうがいいかも、とレンタルした。

ひょえ~~~~~(@_@)
これって、「かしこくないと」生き残れまへんやん。
数学弱いわし、入ってすぐ死ぬで、おいおい。

「SAW」っぽくもあるけど、スリル満点。
「どうなんの~?」って思わせといて戻ってくるとか|* ̄ー ̄|

気味悪くてドキドキして、でも先が知りたい。

こんな風に閉じ込められたら、人間って本性現すのね。
いつまでここにいないといかんのか・・・・
でも隣に入ったら死ぬかも知れんし、
こいつはギャーギャーうるさいし、でもこいつはそばにいないと必要やし・・・

でも何でこの人たちなん?
数学強いねーちゃん、我の強いお巡り、正体不明の兄ちゃん、結構年取ってる(はずの)お医者のおばちゃん・・・・そして・・・・
何でこの人たちなん?「ZERO」観たらわかんのけ?

原題:  『CUBE』
監督:  ヴィンチェンゾ・ナタリ 
キャスト: モーリス・ディーン・ウィン
      ニコール・デ・ボア
      デヴィッド・ヒューレット 

[PR]
by rm1015 | 2006-04-30 21:37 | 洋画 [か~こ]

親切なクムジャさん(2006韓)

無実の罪で13年間服役したクムジャ。彼女はいつ、どんなときも笑顔を絶やさず、どんな嫌な仕事も進んで引き受けるので、「親切なクムジャさん」と呼ばれ、誰からも慕われていた。しかし、彼女の目的はただひとつ、自分を無実の罪で投獄させたぺクへの復習だった・・・ c0045529_2042754.jpg

韓国お得意の「復讐劇」ですな。
個人的には「オールド・ボーイ」のエグさについて行けんかったけど、
これも同類かも。

何かドギツイし、グロいし、観終わっても「はぁ~・・・・ε-(ーдー)ハァ」って感じで・・
正直、好きじゃありません。この類。

なんかねぇ。
映画にして楽しむ話題でもないしな。

「この立場になったらこうするやろな」って思う事をそのまま映画にしました、って感じなんですね。
被害者の親の立場になったら・・・とか思うとやり切れんけど、
改めて見せる必要もないのではないかと。
(そんなこと言うてしまえば、何でもそうか?)

三部作といっても「復讐者に憐れみを」は観てないので、どれがいいとかよくないとか言えんけど、
やっぱり「オールド・ボーイ」とこの作品を見て、どっちも「ε-(ーдー)ハァ」やったので、
もういいです・・・

ソン・ガンホとシン・ハギュンが、役名もないチョイ役で出てたのはちょっと笑いました。
すぐ死んじゃったし|* ̄ー ̄|

米題:  『SYMPATHY FOR LADY VENGEANCE』
監督:  パク・チャヌク
キャスト: イ・ヨンエ 
      チェ・ミンシク 
      クォン・イェヨン

[PR]
by rm1015 | 2006-04-29 20:09 | 映画 [アジア系]

プロデューサーズ(1968米)

有閑老婦人の御機嫌をとっては日銭を稼いでるブロードウェイの演劇プロデューサー、マックス・ビアリストックの事務所に会計士レオ・ブルームがやって来た。レオのこぼした“どんなに高額の製作費でも赤字なら帳消しにできる”という言葉にひらめいたマックスは・・・ c0045529_2058169.jpg

例のミュージカルのオリジナル版です。
ほとんど同じようなストーリーで進んでいきますが・・・

これも面白かった。
まず、マックスがそっくり。
レオのイメージも合ってるし。
やっぱり「変態ばーさん」も出てくるし。

おかしかったのが、「ウラ」。
完全にお馬鹿な女になってましたな。
リメイクではちゃんとステージに上がったり、事務所を模様替えしたり、
結局はレオの女になったけど、こっちはずっとお馬鹿な女のまま。
それとステージのシーンが完全に変わってたくらいかな。
リメイクはさすがに、「ミュージカルでっせ~」ってイメージが強かったけど、
オリジナルの方では、「オカマの脚本家」はステージに上がらなかったし。
それに、ヒットラーをここまでコケにしてなかったと思う。リメイクでは。

レオが毛布を握って、地団太を踏むシーンは、
どっちも全く一緒で、傑作でした。

舞台も見たくなったなぁ~。
日本でも、V6のメンバーがやってるんですよね。
別にそれが観たいわけじゃないけど^^;
(オリジナルの舞台は英語がわからんから、それが無難か?)

原題:  『THE PRODUCERS』
監督:  メル・ブルックス
キャスト: ゼロ・モステル 
      ジーン・ワイルダー
      ケネス・マース 

        (by シネフィル・イマジカ)

[PR]
by rm1015 | 2006-04-26 20:48 | 洋画 [は~ほ]

タイガーランド(2000米)

1971年、ルイジアナ州ポーク基地。ベトナム戦争が長引き泥沼化していく中、新兵たちはここで訓練を積み、最後に“タイガーランド”と呼ばれる地で、一週間におよぶ実戦さながらの訓練を経て戦地であるベトナムへと送られる。そんな中、ここに上官に向かって反戦を公然と口にする新兵ボズがいた。 c0045529_20472090.jpg

なんとなくドキュメンタリータッチで、戦争の映画というよりも、「若き戦士の熱い物語」みたいな作品やったかな。(ん?言い回しが変か??)

コリン・ファレルって、こんなかっこよかったっけ?|* ̄ー ̄|
これがデビューってか?
よかったよ。この映画の彼。

でもよくあるやんな~。
反発する部下やけど、言うことはもっともで、いざ何かやらせてみたら完璧にこなす、ってヤツ。
まさにそんな「できすぎたかっこよさ」なんやけど。

でも見てて「押し付けがましく感じの悪い正義」じゃなくて、結構スカッとするスマートさ。
親友を思う気持ちとか、上司にたて突く姿もサマになってたな~。

地味ですがじっくり観せてくれる、そんな「人間ドラマ」です。


原題:  『TIGERLAND』
監督:  ジョエル・シューマカー 
キャスト: コリン・ファレル
      マシュー・デイヴィス 
      クリフトン・コリンズ・Jr 

        (by シネフィル・イマジカ)

[PR]
by rm1015 | 2006-04-24 00:47 | 洋画 [た~と]

プロデューサーズ(2005米)

1959年、ニューヨーク。かつてはブロードウェイで栄光を極めたものの今やすっかり落ち目のプロデューサー、マックス・ビアリストック。製作費を集めるため、今日も有閑老婦人のご機嫌とりに悪戦苦闘。そんな彼のもとにやって来たのは、異常に神経質な小心者の会計士レオ・ブルーム。さっそく帳簿の整理を始めた彼は、ショウが失敗したほうがプロデューサーは儲かる場合もあるという不思議なカラクリを発見する。それを聞いたマックスは・・・
c0045529_1464377.jpg


観てきたよ~ん♪
楽しかったなぁ~。
ま、ミュージカルとしては、昔のにはかなわん。
踊りもタップも、びっくりするほど「うまいなぁ~!」ってことはなかったし。
でもね、舞台技術が上がってる分、めっちゃ見ごたえありました。
舞台のシーンは「すごいな~」って素直に思いました。

それに、そこそこに散りばめられた笑いがおかしいんですよ。

マシュー・ブロデリックがかわいいんですよ|* ̄ー ̄|
c0045529_147159.jpg


リメイクらしいけど、みんなそれぞれにハマった役で面白かった。
オカマも傑作やったし、「ヒットラーかぶれ」のおじさんも、めっちゃピッタリ。
c0045529_1473830.jpg
み~んな「どこかが変な」人なんですよねぇ。
ばーちゃんたちも素晴らしい変態ぶりやしさ(*≧m≦*)ププッ

これから観に行く方、「終わった~」と思って、エンドロール途中で席立っちゃだめよ。
全部終わってからも魅せてくれるよ~!!

オリジナルも録画してあるので、こちらも楽しみです。

原題:    『THE PRODUCERS』
監督:    スーザン・ストローマン
製作・脚本: メル・ブルックス 
キャスト:  ネイサン・レイン
        マシュー・ブロデリック
        ユマ・サーマン
      
         (by 東宝シネマズ二条)

[PR]
by rm1015 | 2006-04-19 23:46 | 洋画 [は~ほ]

ジャスティス(1979米)

あやまって投獄された青年の保釈訴訟で奔走する若手弁護士アーサー。彼は権力だけを振りかざす横暴なフレミング判事と常に対立関係にあった。が、ある日、婦女暴行罪で訴えられたフレミングの弁護を受け持つことになり……。 c0045529_13443062.jpg

ほぉ~!
これ、なかなか見ごたえあったな~!
アル・パチーノ、いいですね~。
うまい!
最初に観たアル・パチーノの2作品が、割と嫌な役やったし
(『リクルート』『インソムニア』)
「こんなもんなんかなぁ~」って思ってたんやけど、
若いときはこんなに血気盛んないい役者さんだったんですね。
「ゴッド・ファーザー」といい、これといい、ほんまにうならされる作品だ。

それに結構かっこいいしさ。
ちょっとちっちゃいけどさ(オマエが言うなってば)

これも、ラストの大盛り上がりが最高!
大熱演!!
いい気味やった。

原題:  『...AND JUSTICE FOR ALL』
監督:  ノーマン・ジュイソン
キャスト: アル・パチーノ
      ジャック・ウォーデン
      ジョン・フォーサイス 

[PR]
by rm1015 | 2006-04-18 13:33 | 洋画 [さ~そ]

耳に残るは君の歌声(2000英・仏)

1927年、ロシア。貧しい村に住むユダヤの少女フィゲレは母を亡くし父と祖母と暮らしていたが、父はゆくゆくは娘を呼び寄せると胸に誓いひとり渡米を決意する。しかし、やがて戦火の荒波の中フィゲレはひとりイギリスへと流れ着き、スージーと名付けられキリスト教の家庭に預けられる。言葉が通じず孤立するスージーはある日・・・c0045529_13323242.jpg

うぅ~ん・・・・
ジョニー・デップはかっこよかったけど・・・・
なんかね~。
歌って生計を立てるには、決してうまいとは言えないし・・・
時代背景のこともよくわからないので、
何か入り込めませんでした。

主演のクリスティナ・リッチって、「モンスター」でのセルヴィーだったんですね。
どっかで見たことあると思ってたんやけどさ。

ちょっと苦しんで生きてる割には、体格良すぎかなっと・・・。

でも馬に乗って颯爽としてるジョニー・デップ、やっぱりいい感じ。
彼は「目」がすべてですな。


原題:  『THE MAN WHO CRIED』
監督:  サリー・ポッター
キャスト: クリスティナ・リッチ
      ジョニー・デップ
      ケイト・ブランシェット 

[PR]
by rm1015 | 2006-04-16 13:18 | 洋画 [ま~も]

赤ちゃん教育(1938米)

翌日に結婚式を控えた古生物学者のデビッドは、研究に100万ドルの寄付をもらうために、弁護士と接待ゴルフに出かける。そこでスーザンと言う女性と出会ったために、計画も予定もドンドン狂っていく・・・ c0045529_2018123.jpg

また、どっかから押し付けられたり拾ってきたりした赤ちゃんの話かと思っていたら、
豹ですか|* ̄ー ̄|

キャサリン・ヘプバーンって、コメディもやるのね。
なんちゅうか、いつ見ても何見ても「おばちゃん」のイメージがあったけど(笑)
さすがにコノ映画は若かったし(*≧m≦*)ププッ

でもね~・・
「やることはハチャメチャだけど、どこか憎めないじゃじゃ馬娘」とあったけど、
わしゃ、こんな女は気に入らん。
何されても怒らないデビッドにもイラついたけど。
「知らん間に愛し合ってた」んやったら仕方ないのか?

確かにテンポもよく、楽しい作品になってたけどな~。
昔の人は、こんなん早口でついて行けたんやろか・・・

観たくて仕方なかったから、レンタル店に置いてないので買った作品。
どっかで放送されるのを待ったほうが良かったかも・・・^^;

原題:  『Bringing Up Baby』
監督:  ハワード・ホークス
キャスト: ケイリー・グラント
      キャサリン・ヘプバーン

[PR]
by rm1015 | 2006-04-13 20:18 | 洋画 [あ~お]

あの子を探して(1999中)

舞台は中国の小学校。1ヵ月間学校を離れることになったカオ先生の代わりに、村長から代用教員に指名された少女ウェイ。この少女、読み書きしか出来ず、教えられる事といったら黒板に教科書をただ書き写すのみ。28名のやんちゃな子供を懸命に見守り続けるが・・・ c0045529_2055343.jpg

うぅ~ん・・・
この話、そんなに共鳴できなかったなぁ~。
大体、この13歳の少女、お国柄仕方ないのかもしれないけど、
お金に汚い。

28名の子供が、(カオ先生の留守中)誰一人やめなかったら報奨金をあげる、
という言葉を信じて、
将来有望視された生徒の進学も邪魔しようとし、
家族のために出稼ぎに出るため、学校を辞めることになった生徒の事も、
必死で探し出して連れ戻そうとする。
それも、バス代がないからと、自分の「生徒」を力仕事に駆り出したり、
残りの生徒をほっぽリだして、1人で街へ出たり・・・・

これは全部、自分の「報奨金」のため。
「1人でも欠けたら、お金もらえない」と思ってるから、
生徒の将来も、生徒の家族のことも考えない。

はっきり言って、観ながらめっちゃ不愉快でした。

でも、この「家族のために学校をやめて、街へ出稼ぎに出た」少年、ホエクーの笑顔や泣き顔が、めちゃかわいくて・・・

最後はこの「代用教員」の少女も、いなくなったホエクーを必死で探そうとしてる姿に、
「あ・・・お金だけじゃなく、ほんまに心配してるんかな」と思えるようになってきた・・・

終わりよければすべて良しなのか?

だけど、田舎と都会の貧富の差がかなり激しいらしいし、
もらえるはずのお金にひっしになるのもしょうがない話なのかも・・・。


原題:  『一個都不能少』
監督:  チャン・イーモウ
キャスト:ウェイ・ミンジ
      チャン・ホエクー
     
       (by シネフィル・イマジカ)

[PR]
by rm1015 | 2006-04-08 22:47 | 映画 [アジア系]

メリー・ポピンズ(1964米)

傘をさしながら風に乗ってやって来た乳母のメリー。彼女は絵の中を散歩したり、屋根の上を普通に歩いたりできる不思議な女性で、腕白だったバンクス家の子供たちは、たちまち彼女に夢中になる。 c0045529_16491425.jpg

楽しかったなぁ~。
完全に「漫画」なんですけどね。
出てくる人物が、みんな「それほどでもない」普通なカンジのお顔立ち^^;
決してかわいいとは言えない子供たち・・・
それに、銀行マンの家庭が「バンクス家」やしさ|* ̄ー ̄|

でもでも、歌は楽しいし、屋根の上でダンスする煙突掃除屋サンたちの素晴らしさといったら!

アニメと実写の合体は、「錨を上げて」で体験済み(笑)なので、
さほどびっくりしなかったけどさ~。

でも、良く考えると、ストーリーはブラック。
ちゃんと社会を皮肉ってる。
ま、ディズニー映画らしく、かなり大げさやけどさ。

主演のJ・アンドリュースを支える、ディック・ヴァン・ダイクが、2役やってて、気づかなかったのでびっくり。
エンドロールで、ちゃんとバラしてるのも楽しかったね。

好きなシーンは・・・
鳩にやるえさを買ってね、って歌を子守唄にするシーン。
お薬を飲んで「う~ん・・ラムパンチ~♪」
同じビンから出てくる薬が、何で3回とも違う色??(*≧m≦*)ププッ
1サジのお砂糖が幸せを運んでくるって話すシーン。
お父さんがクビを言い渡されて、思わず口にする

「ス―パカリパジョリスティックエクスピアリドーシャス!!」


子供向けやけど、ほのぼの楽しい作品でした~。
「コメットさん」は、きっとこれがヒントやったんやろな~


原題:  『MARY POPPINS』
監督:  ロバート・スティーヴンソン 
キャスト:ジュリー・アンドリュース
      ディック・ヴァン・ダイク

[PR]
by rm1015 | 2006-04-07 16:43 | 洋画 [ま~も]