今年もよろしくお願いします。頑張って月日に追いつきま~す(笑)


by rm1015

プロフィールを見る
画像一覧

カテゴリ

全体
洋画 [あ~お]
洋画 [か~こ]
洋画 [さ~そ]
洋画 [た~と]
洋画 [な~の]
洋画 [は~ほ]
洋画 [ま~も]
洋画 [や~よ]
洋画 [ら~ろ]
洋画 [わ~]
映画 [アジア系]
邦画 [あ~こ]
邦画 [さ~と]
邦画 [な~ほ]
邦画 [ま~よ]
邦画 [ら~ ]
[過去の鑑賞記録]
みーのつぶやき

タグ

(131)
(112)
(93)
(74)
(60)
(58)
(50)
(48)
(43)
(41)
(38)
(34)
(29)
(27)
(27)
(26)
(20)
(15)
(12)
(9)

お気に入りブログ

素晴らしき哉映画人生
シネマ親父の“日々是妄言”
samuraiの気になる...
映画の心理プロファイル
Stampede
映画館の暗闇に包まれて
かたすみの映画小屋
のんびり映画日記
☆ Inusukeなブログ ☆
利用価値のない日々の雑学
MY PLAGUE
みいと塁のおっさんな毎日
映画のへや
It's a wonde...
太陽がくれた季節
KIBE.POSSIBL...
記憶の滴
Sweet* Days*...
華鈴 の blog
I'm Gonna Be...

リンク。

ブログパーツ

最新のトラックバック

『ロミオとジュリエット』..
from 【徒然なるままに・・・】
ダブル・ミッション
from piece of life ..
幸せはシャンソニア劇場から
from ただの映画好き日記
きな子〜見習い警察犬の物語〜
from ただの映画好き日記
ソルト
from piece of life ..
バウンティー・ハンター
from piece of life ..
NINE
from ただの映画好き日記
シャーロック・ホームズ
from ただの映画好き日記
それでも恋するバルセロナ
from ただの映画好き日記
ラブリーボーン
from ただの映画好き日記

ライフログ


ALWAYS 三丁目の夕日 豪華版


三丁目の夕日


パイレーツ・オブ・カリビアン デッドマンズ・チェスト スペシャル・エディション


パイレーツ・オブ・カリビアン 呪われた海賊たち コレクターズ・エディション


Shall we Dance ?(初回限定版)


フットルース


サウンド・オブ・ミュージック プレミアム・エディション


インファナル・アフェア 限定デラックス DVD-BOX


雨に唄えば


いぬのえいが プレミアム・エディション


スウィングガールズ スタンダード・エディション


十二人の怒れる男


天使にラブ・ソングを 2


パッチ・アダムス ― コレクターズ・エディション


スティング


大脱走


ミスタア・ロバーツ 特別版


絹の靴下 特別版


情婦


私を野球につれてって


第十七捕虜収容所


バンド・ワゴン 特別版

以前の記事

2012年 02月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 07月
2010年 06月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 03月
2010年 02月
2010年 01月
2009年 12月
2009年 11月
2009年 10月
2009年 09月
2009年 08月
2009年 07月
2009年 06月
2009年 05月
2009年 04月
2009年 03月
2009年 02月
2009年 01月
2007年 11月
2007年 10月
2007年 09月
2007年 08月
2007年 07月
2007年 06月
2007年 05月
2007年 04月
2007年 03月
2007年 02月
2007年 01月
2006年 12月
2006年 11月
2006年 10月
2006年 09月
2006年 08月
2006年 07月
2006年 06月
2006年 05月
2006年 04月
2006年 03月
2006年 02月
2006年 01月
2005年 12月
2005年 11月
2005年 10月
2005年 09月
2005年 08月
2005年 07月
2005年 06月
2005年 05月
2005年 04月
2005年 03月
2005年 02月
2005年 01月

検索

その他のジャンル

ファン

記事ランキング

ブログジャンル

画像一覧

<   2006年 03月 ( 16 )   > この月の画像一覧

タイムライン(2003米)

時空間転送装置の事故により、14世紀にとり残された父親を救出するため息子とそのチームが英仏戦争の真っただ中に飛び込む。 c0045529_001764.jpg

ほほ~・・。なかなか興味深く観ましたで。
冒頭に見つける男女の遺跡が「オチ」につながってるとか、
面白かった。

でも。
ムリありすぎでんな~。
しゃーないかな、SFやし。タイムマシンものって、やっぱりムリあるよね。
時間移動するのが昔すぎる。
「バックトゥザヒューチャー」は、自分の両親の若き日に戻ったけど、
これは7世紀も前やもんなぁ。

「何でほっといて帰った~?!」とか、あんたら遊びに行く感覚で過去へ遡ってんのか?とか、
「過去を変えちゃいかん」といいながら、14世紀の人間を殺してもーてるとこなんか、
その時点で過去変えてるやん。とか・・・
14世紀の人間が21世紀の人間に殺されちゃいかんっしょ。
その反対もまた然り(゚▽゚=)ノ彡☆ギャハハ!!

でも・・・
オチにちょっとだけ感動しちゃったよ。
いけ好かないおっさんのオチにも、ちょっとスカッとしたかも|* ̄ー ̄|


原題:  『Timeline』
監督:  リチャード・ドナー
キャスト: ポール・ウォーカー
      フランシス・オーコナー
      ジェラルド・バトラー
       
       (by eonetシアター)

[PR]
by rm1015 | 2006-03-29 00:00 | 洋画 [た~と]

ファーゴ(1996米)

最初の思惑は、他愛無い偽装誘拐だったのに~

こわ~~・・・c0045529_20364425.jpg
ま、犯罪なんてこんなもんなんかも知れないけど。
実話に基づいて、らしいが、正直実話ではないらしい。
なんていうかな、「本当に会った事件を、かなり強烈に脚色した」作品って感じ?
でもほとんど作った話でしょうな。

人間ってバカですねぇ。
欲深くなると、こうもみっともなくなるのか~・・・
大事な家族だったはずなのに。
息子はどうなるねん!!

コーエン兄弟の映画は、ブラック的なのが多いよね。
これはサスペンスっぽくなってるけど、ちょっと笑えるシーンもあった。
でもラストの「ミンチ」なんかは、絶対脚色やろなぁ。

この映画で主演の女優、Fマグドーマンドは、きっと本当に妊娠してたと思う。
この話の中で、妊婦である必要性はまったくなかったもんな。

しかし、スティーブ・ブシェミ、そんなに「変な顔」かなぁ(笑)
男前とは言えないけどさ。



原題:  『FARGO』
監督:  ジョエル・コーエン
脚本:  イーサン・コーエン
キャスト: フランシス・マクドーマンド
      スティーヴ・ブシェミ
      ウィリアム・H・メイシー

[PR]
by rm1015 | 2006-03-28 20:36 | 洋画 [は~ほ]

ブラザーズ・グリム(2005米・チェコ)

19世紀のドイツ。兄ウィルと弟ジェイコブのグリム兄弟は各地の村を旅して、その地に伝わる古い物語を集め回っていた。その一方で、村人たちを苦しめている恐ろしい魔物がいればそれを退治し、賞金を手にしていた。ところが、魔物の正体は兄弟とその助手たちがでっち上げたイカサマだった c0045529_13353633.jpg

なんかね~・・つまらないわけじゃないけど、「面白かった~」ともいえない作品だ。

いろんなグリム童話の「できるまで」を観てるような感じかな。
はは~ん、これは赤頭巾で、これは青い鳥で、白雪姫もか~・・・とか思いながら観てたけど。

すげ~金のかかったセットやCG、豪華なキャスティングなんやし、
もっと怖く、本当っぽくできなかったのかなぁ。
これじゃ完全に漫画やし。
もったいないと思いましたっ。


原題:  『THE BROTHERS GRIMM』
監督:  テリー・ギリアム
キャスト: マット・デイモン
      ヒース・レジャー 
      モニカ・ベルッチ 

[PR]
by rm1015 | 2006-03-27 13:38 | 洋画 [は~ほ]

哀愁(1940米)

舞台は第一次世界大戦下のロンドン。空襲警報が鳴り響く“ウォータールー橋”で出会った英国将校ロイとバレエの踊り子マイラ。ふたりは瞬く間に惹かれ合い、翌日には結婚の約束までも交わすほどその恋は燃え上がった。しかし時代はそんなふたりを引き裂きロイは再び戦場へ・・・ c0045529_23331676.jpg

有名な悲恋メロドラマ。初めて観ました。
ヴィヴィアン・リーがかわいかった~♪
「欲望という名の電車」は観たけど、同じ人とは思えなかった^^;

うまく行きそうな雰囲気なんやけど、タイトルを考えると絶対悲恋なんやな~と
穿った考えで観ていました。

大体最初が、お守りを握り締めながら回想に耽るシーンから入るもんな・・

時代が時代で、「マイラ」は仕方なく、もう人生捨てたって感じでそうなったのに、
きっとロイも理解したんじゃないのかなって思うのに・・・
やっぱり許せなかったのかな。自分が・・・
でも「そうなった時」の哀しいマイラの目は、ロイを見つめる純粋なマイラの目じゃなかった・・・
ちょっと怖かった・・・

哀しすぎるよ~(ToT)/~~~
ついでに親友も哀しいよ~


原題:  『WATERLOO BRIDGE』
監督:  マーヴィン・ルロイ 
キャスト:ヴィヴィアン・リー
      ロバート・テイラー
      マリア・オースペンスカヤ

         (by カミングスーンTV)

[PR]
by rm1015 | 2006-03-25 23:36 | 洋画 [あ~お]

百万長者と結婚する方法(1953米)

ニュー・ヨークのモデル女、シャッツィ、ポーラ、ロコの3人は幸せになるには金持ちと結婚せねばならぬと考え、百万長者を射とめるために最高級のアパート暮しをはじめるが・・・ c0045529_14545722.jpg

冒頭から「ニューヨークニューヨ~~ク♪」と「踊る大紐育」を思わせる始まり。
一瞬「ミュージカルか?」と勘違いするけど、
歌はこれだけ(笑)


なかなか楽しかったけど、この当時の洋画にしては映像が悪い。
クラシック映画たくさん観てるけど、モノクロのヒッチコック(20年くらいの作品)より
映像が荒かったかも。
カラーなのに。

レンタルで観てたらもっときれいかったのか?
それに、字幕に誤字が多いのも気になった。

「わかったよ」が「わかった
「ありがとうございます」なのに「ありがとうございます」とかね。

これが残念。
粗探ししてるわけじゃないけど、やっぱり英語が分からんから字幕見るやん^^;

モンローは主役じゃないんやね。
でも超ド近眼ぶりがコメディやってるぞ~!って雰囲気出ててかわいかった。
ぶつかったりけつまづいたり、ちょっとコメディエンヌ慣れしてなくて初々しい感じもかわいかった。

進み具合もオチもみ~んな読める「吉本新喜劇」的な作品やけど、
詰めの男性陣の表情、面白かったな~

しかしバコール、こわいな~。映画の中の彼氏との会話
「いくつだ?」
「40」
「ははは・・・わしには25歳にしか見えんけどね」
は?しっかり40に見えますけど・・・(゚▽゚=)ノ彡☆ギャハハ!!
(でも実際にはこのとき31歳∑( ̄ロ ̄|||)!?)


原題:『HOW TO MARRY A MILLIONAIRE』
監督:  ジーン・ネグレスコ
キャスト: ローレン・バコール
      マリリン・モンロー
      ベティ・グレイブル

      (by カミングスーンTV)

[PR]
by rm1015 | 2006-03-24 14:55 | 洋画 [は~ほ]

ソウ2(2005米)

ある共通点をもとに出口のない家に監禁された者たちが、凶悪犯“ジグソウ”の仕掛けた凄惨な“ゲーム”の数々に翻弄され、逃げ場のない死の恐怖を体感していく。
前作に続きヒットした「SAW」から1年、驚愕の第2弾。
c0045529_23541048.jpg

う~ん・・・
はっきり言うと、勢いだけの作品。
これはこれなりに面白かったけど・・・
正直、1の方が怖かった。インパクト強かったし。
これ、「きしょい」だけだ。
じわじわくる怖さが足りない。
確かに、顔の中に鍵を閉じ込めたり、妙な暗号を解読させたり、
そういう「不思議な怖さ」はあったけど・・・
やっぱりドジョウは2匹いなかったか~^^;

だって、前作からたったの1年やもんね。
もうちょっと時間かけて練ったほうが怖いもの作れたんじゃないんかな。
大体「カモ」が多すぎるし。

ラストはちょっとだけ「なるほどねぇ~」って思ったけど|* ̄ー ̄|
迷惑なのは息子。
父ちゃん、残念。

続きあるのかな~。
もうええか。
結論出ちゃったし(*≧m≦*)ププッ
でもここから広げるなら、また面白いものができるかな。
今度はじっくり練ってね。作るならね。


原題:  『SAW II』
監督:  ダーレン・リン・バウズマン
キャスト: ドニー・ウォールバーグ 
      ショウニー・スミス
      トビン・ベル

[PR]
by rm1015 | 2006-03-21 23:58 | 洋画 [さ~そ]

キャプテン・ウルフ(2005米)

アメリカ海軍特殊部隊が誇る無敵のソルジャー、シェーン・ウルフ。ある時彼は、誘拐され殺害されたプラマー教授の遺された家族を守るため、ハウスキーパーとなって一家と行動を共にすることに。ところがそこに待ち構えていたのは、上は反抗期真っ只中の19歳の長女から下はオムツをはいた赤ちゃんまで、勝手し放題のわがまま5人姉弟だった。
c0045529_19453231.jpg

子供にも安心して見せられる映画ですな。
ま、ディズニーらしく、どぎつくもなく、やらしさもなく(笑)
犯人も嫌な先生も間抜けやし|* ̄ー ̄|

ま、「面白かったぁぁ!!」とまではいかんけど、それなりに楽しめる作品。

バラバラの子供たちが、なついていく様とか、
強くなっちゃった次女とか、
めっちゃ素直になっちゃった長男とか、
運転うまくなったね~!な長女とか・・・

父ちゃんいなくなった悲しみを一人背負い込んだ姉ちゃん、
がんばりすぎてたのかな。
この辺はちょっとしんみりしちゃったな~。

家族で楽しめるファミリー映画です。


原題:『THE PACIFIER』
監督:  アダム・シャンクマン 
キャスト: ヴィン・ディーゼル 
      ローレン・グレアム
      フェイス・フォード

[PR]
by rm1015 | 2006-03-20 19:54 | 洋画 [か~こ]

シザー・ハンズ(1990米)

化粧品のセールスウーマン、ペグはある日、何気なしに尋ねた丘の上のお城で、1人の青白い顔の青年エドワードと出会う。この青年、見た目は普通の男性なのになぜか手先だけがハサミで、おかげで顔は傷だらけ。かわいそうになったペグは、自分の家に連れて帰る・・・ c0045529_19151740.jpg

このタイトルは以前から知ってたんですが、ホラーかと思ってたんです。
でも、「違うよ、哀しい物語やで」と教えてもらい、
観たくなってレンタルしました。

切なかった・・・本当にあったかくて哀しくて・・・
ジョニー・デップの目の演技にやられました・・・
最高に素敵なおとぎ話ですね。
それにまた、ジョニー・デップの違う一面を観られた。
いつみても違う人だ。素晴らしい!

「エドワードのために本当のこと言ってやって~や~」ってじれったくなったり、
自分でも何も言わないエドワードに感涙やったり。

しかし、あの住宅街ってちょっと住んでみたくなるな~。
家も車もカラフルで、
「みんな同じ会社に勤めてんのか?」と思うほど、みんな同じ時間に車を出す(笑)
妙に意気投合する近所周りの奥様方とか、
何かあったらすぐに集まってくる近所、
気に入ってたくせに、自分の思い通りにならんと、急に悪人扱いするおばはんとか・・
いそうやな~。どこにでも|* ̄ー ̄|

でも、のどかでいい街でした。
わんこ飼いにはたまらん街だ(笑)

エドワードの優しさを知ってるキム、
いつまでも思い続けてる2人・・・

大好きな人を抱きしめることもできないもどかしさ・・・

号泣。・°°・(((p(≧□≦)q)))・°°・。ウワーン!!

この映画で、主演の2人は「ええ仲」になったんでしたね~


原題:  『EDWARD SCISSORHANDS』
監督:  ティム・バートン
キャスト: ジョニー・デップ
      ウィノナ・ライダー
      ダイアン・ウィースト

[PR]
by rm1015 | 2006-03-16 19:20 | 洋画 [さ~そ]

ホテル・ルワンダ(2004英・伊・南ア)

'04年度アカデミー賞3部門にノミネートされた実話を基にしたドラマ。おぞましい大虐殺が発生したアフリカのルワンダで、市民の命を守った男の苦闘を描く。
c0045529_1730161.jpg


何人もの署名によって、公開されることとなったノンフィクション映画。
ネットでの評判を見て観てみたいと思い、行って参りました。

すごかった・・・
同じ民族で同じ肌の色で、こういう殺戮がほんの10年ほど前にも起こってたんですね・・・

怖いと思ったし涙も出たし、かなり衝撃的でした。
映画というより、ドキュメンタリーのようやった・・・
c0045529_18451587.jpg


こんなに恐ろしい、むごい、意味のない戦争がおきているなんて、
日本でノホホンと過ごしていると気付かない・・・

かっこ悪い勝ち方で儲けもんやった「WBC」の対JAPANの試合みたいに、
自分たちの国の人間だけ救おうとする某国・・・

ホアキン演じる記者が言ってた
「みんなこの虐殺をニュースで見ても『怖いね』と言いながらディナーを続けるんだ」
このセリフがズッシリと心に残っています・・・・・
確かにニュースで見ても「怖いよな~」とは言うけど、
次のシーンではもう爆笑してたりする現実・・・

何もできないけど何かできないか・・・
「怖いね」って思うなら何か行動を起こせないか・・・

結局、思うだけで行動できない自分がここにいます・・・

ごめんなさい・・・

原題:  『HOTEL RWANDA』
監督:  テリー・ジョージ 
キャスト: ドン・チードル
      ソフィー・オコネドー 
      ホアキン・フェニックス 
  
       (by京都みなみ会館)



この記事に点数をつける←ポチッといってみて~
[PR]
by rm1015 | 2006-03-14 18:49 | 洋画 [は~ほ]

リトルショップ・オブ・ホラーズ(1986米)

売れない花屋で働くシーモアは、ある日街の中国人の店で買った不思議な花に出会い、その花を店頭に置いてみる。するとその日から店は大繁盛。その不思議な花のおかげと信じたシーモアは、「オードリーⅡ」と名づけ、世話をするが・・・c0045529_10594990.jpg

楽しかった~♪
冒頭から歌う歌う!
何かあると歌いに出てくる3人娘がおかしかった。
秘密の行動も、ぜ~んぶ見てるんやもん(笑)

「ゴースト・バスターズ」に出てた小さいメガネのにーちゃん、あの人ほんまに歌ってんの?
うまかった~。

ヒロインの声もかわいいし、Sマーティンはぶっ飛んでるし、
ベルーシの弟やビル・マーレイ、何かめっちゃ楽しいオールスター映画って感じ。

「オードリーⅡ」とか名づけた妙な花は、正直かわいくなかったけど、
さすがに最高にきしょく(気味悪く)作られてた。

レンタルで観てたら、おまけ映像で「オードリーⅡ」ができるまで・・・とか見られたのかな。

恋する男は強し。
結局は、大した悪さはしなかったしね♪(ん?そんなことない?笑)

原題:  『LITTLE SHOP OF HORRORS』
監督:  フランク・オズ
キャスト: リック・モラニス
      エレン・グリーン
      スティーヴ・マーティン

        (by eonetシアター)

[PR]
by rm1015 | 2006-03-13 11:01 | 洋画 [ら~ろ]