今年もよろしくお願いします。頑張って月日に追いつきま~す(笑)


by rm1015

プロフィールを見る
画像一覧

S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31

カテゴリ

全体
洋画 [あ~お]
洋画 [か~こ]
洋画 [さ~そ]
洋画 [た~と]
洋画 [な~の]
洋画 [は~ほ]
洋画 [ま~も]
洋画 [や~よ]
洋画 [ら~ろ]
洋画 [わ~]
映画 [アジア系]
邦画 [あ~こ]
邦画 [さ~と]
邦画 [な~ほ]
邦画 [ま~よ]
邦画 [ら~ ]
[過去の鑑賞記録]
みーのつぶやき

タグ

(131)
(112)
(93)
(74)
(60)
(58)
(50)
(48)
(43)
(41)
(38)
(34)
(29)
(27)
(27)
(26)
(20)
(15)
(12)
(9)

お気に入りブログ

素晴らしき哉映画人生
シネマ親父の“日々是妄言”
samuraiの気になる...
映画の心理プロファイル
Stampede
映画館の暗闇に包まれて
かたすみの映画小屋
のんびり映画日記
☆ Inusukeなブログ ☆
利用価値のない日々の雑学
MY PLAGUE
みいと塁のおっさんな毎日
映画のへや
It's a wonde...
太陽がくれた季節
KIBE.POSSIBL...
記憶の滴
Sweet* Days*...
華鈴 の blog
I'm Gonna Be...

リンク。

ブログパーツ

最新のトラックバック

『ロミオとジュリエット』..
from 【徒然なるままに・・・】
ダブル・ミッション
from piece of life ..
幸せはシャンソニア劇場から
from ただの映画好き日記
きな子〜見習い警察犬の物語〜
from ただの映画好き日記
ソルト
from piece of life ..
バウンティー・ハンター
from piece of life ..
NINE
from ただの映画好き日記
シャーロック・ホームズ
from ただの映画好き日記
それでも恋するバルセロナ
from ただの映画好き日記
ラブリーボーン
from ただの映画好き日記

ライフログ


ALWAYS 三丁目の夕日 豪華版


三丁目の夕日


パイレーツ・オブ・カリビアン デッドマンズ・チェスト スペシャル・エディション


パイレーツ・オブ・カリビアン 呪われた海賊たち コレクターズ・エディション


Shall we Dance ?(初回限定版)


フットルース


サウンド・オブ・ミュージック プレミアム・エディション


インファナル・アフェア 限定デラックス DVD-BOX


雨に唄えば


いぬのえいが プレミアム・エディション


スウィングガールズ スタンダード・エディション


十二人の怒れる男


天使にラブ・ソングを 2


パッチ・アダムス ― コレクターズ・エディション


スティング


大脱走


ミスタア・ロバーツ 特別版


絹の靴下 特別版


情婦


私を野球につれてって


第十七捕虜収容所


バンド・ワゴン 特別版

以前の記事

2012年 02月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 07月
2010年 06月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 03月
2010年 02月
2010年 01月
2009年 12月
2009年 11月
2009年 10月
2009年 09月
2009年 08月
2009年 07月
2009年 06月
2009年 05月
2009年 04月
2009年 03月
2009年 02月
2009年 01月
2007年 11月
2007年 10月
2007年 09月
2007年 08月
2007年 07月
2007年 06月
2007年 05月
2007年 04月
2007年 03月
2007年 02月
2007年 01月
2006年 12月
2006年 11月
2006年 10月
2006年 09月
2006年 08月
2006年 07月
2006年 06月
2006年 05月
2006年 04月
2006年 03月
2006年 02月
2006年 01月
2005年 12月
2005年 11月
2005年 10月
2005年 09月
2005年 08月
2005年 07月
2005年 06月
2005年 05月
2005年 04月
2005年 03月
2005年 02月
2005年 01月

検索

その他のジャンル

ファン

記事ランキング

ブログジャンル

画像一覧

カテゴリ:邦画 [ら~ ]( 9 )

RAILWAYS~49歳で電車の運転士になった男の物語

一流企業のエリートサラリーマン筒井肇は、50歳を目前に取締役への昇進を告げられる。その一方で、リストラのために親友の川平が工場長を務める工場の閉鎖を進める責任者を任されることに。さらに、家庭を顧みず仕事一筋だったばかりに、妻や娘との間に知らず知らずのうちに溝が深まっていた肇。そんなある日、故郷の島根で一人暮らしをしていた母・絹代が倒れたとの連絡が入る。
c0045529_20424824.jpg

ほほ~、「RAILWAYS」ですか。ほかに付けようはなかったですかね。
どうしても「ALLWAYS」を想像するやん。まったく関係ないのに。
純も堤くんも出てないし(そらそうよ)

でも、話はよかった(なんやそれ)
実話なんですね。
その歳でそんなでかい冒険する人ないですよね。
(だから映画になるのか^^;)

田舎の電車「バタデン」。京都で言う「嵐電」ですかね。(でも嵐電は手で開けない^^;)
路面電車っていいですね~。風情あるよね。
田舎の景色や季節も、とてもきれいに描かれてました。

ビミョーな間柄になってた父ちゃんと娘の関係が、だんだん近くなっていく雰囲気がとてもよかったです。

百友の息子のデビュー作らしい。どちらにもよく似てる。

監督:  錦織良成
キャスト:中井貴一
     高島礼子
     本仮谷ユイカ

    (by 東宝シネマズ西宮OS)

[PR]
by rm1015 | 2010-06-03 20:38 | 邦画 [ら~ ]

ROOKIES~卒業

乱闘騒ぎを起こして、出場停止になった野球部の部員たちに一人の教師が再び野球をさせようと奔走する熱血ドラマ。大ヒットドラマの劇場版。
c0045529_23435114.jpg

ドラマも観てなかった^^;
映画好きで野球好き、しかもトラキチなのに、これ観てなかった(笑)

ヤンキーが野球する。
役名はみんな阪神の歴代選手。

こんなことくらいしか思ってなくって、小出君だけは優等生ってことも知らなかったんです。

実は、去年の暮れに、TBSチャンネルで「ROOKIES一挙見せます!」とかで、
1日で全話放送してたんですよ。
それを、ロクに用事もしないで(笑)見入っちゃって・・・。
ボロボロ泣きながら見たのでした(笑)
そして「あ~、ちゃんとオンタイムでドラマ観て、映画館で観ればよかった~。早く観たいよ~」
となったのであります。

しかし。

結局今まで見なかった( ´∀`)ゲラゲラ

やっと観れました。

進化してる!

赤星くんがいる(笑)
濱ちゃんもいる~!(ウチにはもういないけど^^;)

でもやっぱりわしは小出くんがかわいい(笑)
濱ちゃん役の彼は、わしの苦手な石田卓也。

キライとかの苦手じゃなくって、顔が覚えられない苦手さ(笑)
ほんまに全然だめなんですよ。
「鴨川ホルモー」、大好きな「GSワンダーランド」、結構観てるのに。
何でこんなに印象薄い?( ´∀`)ゲラゲラ

まあしかし、あり得んわな~。
そんな簡単に甲子園目指せんやろ。

だけど、ワルいかっこしてても、中身は野球少年。
勝つために真剣になるところとかはかわいかった。

でも、試合中、泣いたり止まったり考えたり・・・

「相手待ってんで」と思ったのはわしだけじゃないっしょ(笑)

甲子園、ほんまにロケやったのね。
初戦からあんなに入る高校野球、関西対決でもないのにあり得へ~ん(笑)

ドラマから思ってたけど、役に「秀太」がいたのにびっくり。
一番大好きな選手でした。

監督:  平川雄一郎
キャスト:佐藤隆太
     市原隼人
     小出恵介

      (DVD鑑賞)

[PR]
by rm1015 | 2010-06-01 23:39 | 邦画 [ら~ ]

ロミオとジュリエット(午前10時の映画祭)

ルネッサンス期の1450年頃、春まだ浅きヴェロナの町。二大名門として知られるモンタギュー家とキャピュレット家は、仇敵視しあう仲で日々血で血を洗う争いが絶えなかった。ある日、舞踏会で出会ったロミオとジュリエットは、一目で魅かれ合う。
c0045529_1542100.jpg

有名なお話ですが、未見でした。
もちろん「オチ」は知ってたけど^^;

これまた有名なテーマ曲も、知ってるのに出てくるのは「ある愛の詩」(笑)
無知ですな^^;

いや~、しかし、オリビア・ハッセーのかわいいこと!
上手い下手は別として(正直ようわかれへん^^;)この一言に尽きます。

物語は、とにかく戯曲なので難しい言葉のオンパレード(笑)
若者がふつー、こんな言葉使わんやろ~!しかし時代が時代やからあり得るのか?
なんて思いながら観てましたわ、わし(笑)

結局一番悪いのは、間に立ってた大公さんやろ。

原題:  『ROMEO E GIULETTA』
監督:  フランコ・ゼフィレッリ
キャスト:オリヴィア・ハッセー
     レナード・ホワイティング
     マイケル・ヨーク

    (by 東宝シネマズ二条 1968年作品)

[PR]
by rm1015 | 2010-05-18 10:00 | 邦画 [ら~ ]

RISE UP

パラグライダーに熱中する男子高校生と、ひき逃げ事故によって失明してしまった少女の心の交流を描く青春ラブストーリー。
c0045529_20204415.jpg

林くん、スポーツシリーズです(# ̄ー ̄#)
相変わらず線が細い。

観る予定のなかったこの作品、何となく観に行ってみました。

これは、私的には主演の林くんより(いえ、好きとか好きじゃないとかじゃなく^^;)
親友役の大賀くんの方が良かった気がするな。

彼、「バッテリー」で林くんの「女房役」でありましたが、
当時より線も細くなり、「シュッとした」若者になってましたね。

それに、正直、林君より上手いやん♪
いい役者になるでしょうね。
期待度UPです!

ヒロインの子は、イヤな役をうまくこなしてた。
「めっちゃムカつく」女の子やけど、寂しげな表情もよく出てたと思います。
林くんの役も、普通で考えたら「いい子ぶって(--〆)」ってなるよね。

時間が短すぎると思いました。
彼女が事故に遭ってから出会うまでの心の葛藤とか、
何で父ちゃんいないの?とか、
兄ちゃんの心の傷とか、
もっともっと掘り下げるべき部分があると思います。

彼女と兄ちゃんが許す過程も曖昧すぎるし・・・・

空がテーマなのか、友情や青春がテーマなのか、心の葛藤を描きたいのか・・・

もうちょっと知りたい部分が多すぎたな・・・。

監督:  中島 良
キャスト:林 遣都
      山下リオ
      大賀

       (by 京都シネマ)

[PR]
by rm1015 | 2009-12-11 20:17 | 邦画 [ら~ ]

笑う警官

北海道で実際に起きた警察の汚職事件を基にした、人気作家・佐々木譲による同名ベストセラー小説を映画化した社会派サスペンス。
c0045529_0282164.jpg

同じ日に3本観たいのが公開になり、「なくもんか」は試写会で観れたので
「ゼロの焦点」も観たいけどこっちを先にしました。
だって面白そうやってんも~ん。

あららら・・・これってどうよ。

警察の汚職事件?
実際にあった話が元に?

なんかねぇ~。
ありえなさすぎません?
っちゅうか、ほんまにあったんですか?
「犯人に仕立て上げて見つけ次第射殺命令」
なんてさ。

リアリティのかけらもないんですけど・・・。

松雪泰子、うまいと思ってたのに、ず~っと暗いままやし。
どんな場面もどんより・・・
ってか、あんな調子のままずっと過ごせるもんですか?
解決したのに・・・(笑)

怖いイメージの彼女ですが、ますます怖かった。
「五右衛門ロック」のはっちゃけた彼女がいいな~(笑)

大森さんが死んでしまってる。
宮迫はあんな下手なんすか?

文句挙げたらキリがない。
マスターも何で加担してんのよ!!

松ケンがひょっこり出てましたが彼のセリフも意味わからん。
「津久井さんですね?」
って聞いといて
「何にも聞きません。名前も聞きません」

いやいや、聞いとるがな( ´∀`)ゲラゲラ

原作は面白いらしい。
角川が殺しちゃったのか・・・?(;´Д`A ```

監督:  角川春樹
キャスト:大森南朋
      松雪泰子
      宮迫博之

[PR]
by rm1015 | 2009-11-17 23:24 | 邦画 [ら~ ]

LIFE~天国で君に逢えたら

2005年にガンのために亡くなった世界的プロ・ウィンドサーファーの飯島夏樹さんの半生を映画化したドラマ。死と向き合いながらも最期まで前向きに生き続けるひたむきな姿を、愛する家族との深い絆とともに描く。
c0045529_2258936.jpg

劇場予告で気にはなってたのですが、
ゼッタイにボロボロになるという、「お約束映画」だと思い、
観に行くのを躊躇していたところ、
試写会が当たるという、驚きの結果が出て(笑)
結局上映開始前に観に行ってきました。


(悩んでた割りに、しっかり試写会応募出してるやん^^;)


予想通り、素敵な作品でした。

正直、もっと泣かすぞ~、的な要素が盛り込まれてるのかな~っとも
思ってたんですけど、
そんなたいそうなこともなく。

奥さま像が思ったよりもサラッと描かれてるのがよかったのかも。
あっさりしてるように見せてるけど、
現実を受け止めるまでに、どれだけ時間がかかったか・・・

それを想像するだけで涙があふれてくる。

愛する者を失う哀しみ、先に逝かなければいけない辛さ・・・

人は必ず亡くなるものやけど、早すぎるとそれだけ哀しみも大きいし、
病気やからといって、時間が解決してくれるとも思えないし。

もし、この寛子さんの立場になったら、私はこんなに強くいられるだろうか・・・
夫に感謝されるような妻に、今からでもなれるだろうか・・・
c0045529_2311548.jpg

何だかいろいろと考えてしまいました。

4人の子供たちの健やかな成長と、今さらながらウィンドサーファーの飯島夏樹氏の
ご冥福をお祈りしたいと思います。


哀川翔は声が高すぎ^^;

監督:  新城毅彦
キャスト:大沢たかお
      伊東美咲
      真矢みき

       (by 東宝シネマズ二条)

[PR]
by rm1015 | 2007-08-23 23:12 | 邦画 [ら~ ]

レイクサイド・マーダーケース(2005日)

監督:  青山真治c0045529_2034539.jpg
原作:  東野圭吾
キャスト:役所広司
      薬師丸ひろ子
      豊川悦司
      鶴見辰吾
      杉田かおる
      柄本 明
      黒田福美
[ストーリー]
ある日、中学受験を控えた子どもを持つ3家族が塾の講師を招き、湖畔の別荘で一緒に勉強合宿を開くことに。家族とは別居中の並木俊介も、中学受験には疑問を持ちつつも、妻・美菜子と娘のためとこの合宿に参加した。そして講師・津久見の指導のもと、子どもの勉強や面接の訓練などに打ち込む3家族。そんな時、俊介の仕事仲間で愛人でもある英里子が突然別荘にやって来る・・・。


とても悲しいお話でした・・。
受験生を持つ親の気持ちがわかるけど、あそこまでできないなぁ~・・。
「なるようになるやろ」的な、結構楽観視してきたタイプなので(笑)

しかし豪華キャストでしたねぇ。
鶴見辰吾と杉田かおるが再び夫婦やし♪(金八先生『15歳の母』)
おまけに、鶴見辰吾と薬師丸ひろ子も競演してるし(『翔んだカップル』)
柄本明と豊川悦司の、表情の変わらない役どころも、なかなか冷めていてよかったと思います。

結末は・・・あれじゃなく、実はやっぱり・・・じゃないのかな。
同じ靴やし・・・・

薬師丸ひろ子も、お母さん役かぁ・・・・
わしも年取るはずやな^^;

結果的に、興行成績がよくなかったらしいけど・・・
ドラマで充分かな~。
個人的には、鶴見辰吾と杉田かおるの夫婦が見たくてレンタルしたんですけどね(爆)
[PR]
by rm1015 | 2005-07-30 20:05 | 邦画 [ら~ ]

理由(2004日)

監督:  大林宣彦
キャスト:岸辺一徳
      勝野 洋
      久本雅美
      (その他いっぱい!)
[ストーリー]
c0045529_15285749.jpg荒川のマンションで発生した一家4人殺人事件に端を発する不可解な謎を、多数の人々の証言から解き明かしていく。
人気作家宮部みゆき原作のミリオンセラー「理由」を、
大物スターたちを贅沢に使い、原作に忠実に映画化された。
(元々はWOWWOW用にドラマ化されたものを、放送後に映画化)


原作は読んでないけど、この話を活字で読んで、わけわからなくならんの?
そんな心配しながらみていた。
とにかく登場人物が多い。
すげ~、この人も、この人も出てる!
次から次に有名俳優が出てきて、映像でもわからなくなる。
(カメオも多し)

90年代なのに、街並みがめっちゃレトロなのは、
今もそうなんですか?
塾、美容院、宿・・・
荒川地区って、金八先生で見るくらい(笑)やけど、
ドラマ見ててもあんなことないと思うんですけど・・・。

それで事件のあったマンションだけは、めっちゃ「今」なんですよね。
だからマンションでの部分が、なんかちょっと違和感あったり。

有名女優さんがすっぴんで出てるのにも驚き(老けメイクしてたかも)
でもそれだけじゃなくて、ちゃんと「ケバイ」所もあり、
女優さん(ま、女はそうですが)って変わるなぁ、と言うところも見せていただきました。

家族の絆、ってのがキーワードかな・・。
子を思う親の気持ちは、親になってみないとわかりづらいですね・・・。

長い映画なので、休日前しか観られないと思い、
例の安い店でレンタルしました。
毎日新作を1枚借りてきては、翌日返却してまた借りてます(笑)
[PR]
by rm1015 | 2005-06-19 15:36 | 邦画 [ら~ ]

笑の大学(2004日)

監督:  星譲
キャスト:役所広司
      稲垣吾郎

[ストーリー]
人気脚本家・三谷幸喜の傑作舞台劇を三谷幸喜自らの脚本で映画化したコメディ・ドラマ。太平洋戦争突入目前、言論・思想統制が厳しさを増す時代を背景に、一人の喜劇作家とカタブツな検閲官が台本の中の“笑い”を巡って熾烈な攻防を繰り広げる中で、次第に奇妙な連帯感を築いていく姿を緊迫感とユーモアを織り交ぜ描く。c0045529_131568.jpg


劇場の予告編で見て、ぜひ観に行きたかったけど、機会を逃したので、初日にレンタルしてきました。
時代風景がおもしろかった。
看板とか建物とか、「あ~、戦前なんか~」って感じやったけど、
稲垣吾郎の髪型が、どうも時代錯誤ってイメージが・・・(^^ゞ
でも話は楽しかったなぁ~。
舞台劇の映画化だけあって、ほとんど2人だけで話は進んでいく・・・。
ま~ったく面白みのないお巡りさんが、脚本家との付き合いによって、
笑いを考えるおじさんになっていくとことか、
こっそり劇場に足を運ぶ姿とか・・・。
佳境になっていくにつれて、だんだん面白い「ええおっちゃん」になっていく
役所広司の芝居が、最高によかった。
c0045529_1315499.jpg


あと、お肉の件、個人的には「おくにちゃん」の方が好き~(笑)
[PR]
by rm1015 | 2005-04-29 13:18 | 邦画 [ら~ ]