今年もよろしくお願いします。頑張って月日に追いつきま~す(笑)


by rm1015

プロフィールを見る
画像一覧

S M T W T F S
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30

カテゴリ

全体
洋画 [あ~お]
洋画 [か~こ]
洋画 [さ~そ]
洋画 [た~と]
洋画 [な~の]
洋画 [は~ほ]
洋画 [ま~も]
洋画 [や~よ]
洋画 [ら~ろ]
洋画 [わ~]
映画 [アジア系]
邦画 [あ~こ]
邦画 [さ~と]
邦画 [な~ほ]
邦画 [ま~よ]
邦画 [ら~ ]
[過去の鑑賞記録]
みーのつぶやき

タグ

(131)
(112)
(93)
(74)
(60)
(58)
(50)
(48)
(43)
(41)
(38)
(34)
(29)
(27)
(27)
(26)
(20)
(15)
(12)
(9)

お気に入りブログ

素晴らしき哉映画人生
シネマ親父の“日々是妄言”
samuraiの気になる...
映画の心理プロファイル
Stampede
映画館の暗闇に包まれて
かたすみの映画小屋
のんびり映画日記
☆ Inusukeなブログ ☆
利用価値のない日々の雑学
MY PLAGUE
みいと塁のおっさんな毎日
映画のへや
It's a wonde...
太陽がくれた季節
KIBE.POSSIBL...
記憶の滴
Sweet* Days*...
華鈴 の blog
I'm Gonna Be...

リンク。

ブログパーツ

最新のトラックバック

『ロミオとジュリエット』..
from 【徒然なるままに・・・】
ダブル・ミッション
from piece of life ..
幸せはシャンソニア劇場から
from ただの映画好き日記
きな子〜見習い警察犬の物語〜
from ただの映画好き日記
ソルト
from piece of life ..
バウンティー・ハンター
from piece of life ..
NINE
from ただの映画好き日記
シャーロック・ホームズ
from ただの映画好き日記
それでも恋するバルセロナ
from ただの映画好き日記
ラブリーボーン
from ただの映画好き日記

ライフログ


ALWAYS 三丁目の夕日 豪華版


三丁目の夕日


パイレーツ・オブ・カリビアン デッドマンズ・チェスト スペシャル・エディション


パイレーツ・オブ・カリビアン 呪われた海賊たち コレクターズ・エディション


Shall we Dance ?(初回限定版)


フットルース


サウンド・オブ・ミュージック プレミアム・エディション


インファナル・アフェア 限定デラックス DVD-BOX


雨に唄えば


いぬのえいが プレミアム・エディション


スウィングガールズ スタンダード・エディション


十二人の怒れる男


天使にラブ・ソングを 2


パッチ・アダムス ― コレクターズ・エディション


スティング


大脱走


ミスタア・ロバーツ 特別版


絹の靴下 特別版


情婦


私を野球につれてって


第十七捕虜収容所


バンド・ワゴン 特別版

以前の記事

2012年 02月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 07月
2010年 06月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 03月
2010年 02月
2010年 01月
2009年 12月
2009年 11月
2009年 10月
2009年 09月
2009年 08月
2009年 07月
2009年 06月
2009年 05月
2009年 04月
2009年 03月
2009年 02月
2009年 01月
2007年 11月
2007年 10月
2007年 09月
2007年 08月
2007年 07月
2007年 06月
2007年 05月
2007年 04月
2007年 03月
2007年 02月
2007年 01月
2006年 12月
2006年 11月
2006年 10月
2006年 09月
2006年 08月
2006年 07月
2006年 06月
2006年 05月
2006年 04月
2006年 03月
2006年 02月
2006年 01月
2005年 12月
2005年 11月
2005年 10月
2005年 09月
2005年 08月
2005年 07月
2005年 06月
2005年 05月
2005年 04月
2005年 03月
2005年 02月
2005年 01月

検索

その他のジャンル

ファン

記事ランキング

ブログジャンル

画像一覧

カテゴリ:邦画 [さ~と]( 37 )

スープ・オペラ

母親代わりだった叔母が家を出たため一人になった35歳の女性が、ひょんなことから二人の男と共同生活を始めることになるファンタジックな人間ドラマ
c0045529_024554.jpg

「愛のむきだし」で知った西島くん、これでも笑顔がかわいかったww
ってか、これを観た後で、AAAをテレビで観たんですけど、
彼って、歌もうまいのね~。意外な人を発見でした(笑)
このグループ、名前しか知らなくて、曲もメンバーも何にも知らなかったから、
歌って踊って芝居も上手い西島くんって子を、知るきっかけをくれた「愛のむきだし」には感謝ですな(笑)

なかなかほのぼのしたいい話やったけど、最後の夢の中の出来事はちょっとダレたな・・・

あ、入江若葉が出てた!あの東映時代劇「宮本武蔵」シリーズのヒロインですな。
ご健在でなによりです。

監督:瀧本智行
キャスト:坂井真紀
     西島隆弘
     加賀まりこ

    (by MOVIX京都)

[PR]
by rm1015 | 2010-10-02 23:12 | 邦画 [さ~と]

十三人の刺客

江戸時代末期。将軍・家慶の弟で明石藩主・松平斉韶(なりつぐ)の暴君ぶりは目に余った。斉韶は近く、老中への就任も決まっている男。幕府の存亡に危機感を募らせる老中・土井利位は、かねてより良く知る御目付・島田新左衛門に斉韶暗殺の密命を下す。
c0045529_23293917.jpg

オリジナル未見で観賞しました。
東映時代劇好きな私ですが、多分、好きな中村錦之助様が出てないので見逃してたんですかね(笑)

いや~、よく斬りましたな~。
なんたって、「斬って斬って、きりまくれぇ~!」やもんね(笑)
すごい大量の惨殺。
殺陣のシーンがめっちゃ長かったし。

昔の殺陣シーンに比べたら、やっぱりちょっと見劣りするかもしれんけど、
みんなそれなりに個性的な俳優さんばっかりで面白かったです。
個人的には山田孝之びいきなので(笑)「迎え火焚いて…」の台詞にはシビレましたV( ̄◆ ̄)V

あと、新太兄ちゃんがよかったですね。

しかし…

伊勢谷の役は人間か?(;´Д`A ```

ってか、「みなごろし」のお姉さんが怖かった。
CGとはいえ、残酷すぎです…

吾郎ちゃん、新境地ですかね。
「いたいよ~」には笑いました。木村なら絶対に受けない役でしょうな(笑)

監督:  三池崇史
キャスト:役所広司
     山田孝之
     伊原剛士
    
    (by 東宝シネマズ二条)

[PR]
by rm1015 | 2010-09-29 23:27 | 邦画 [さ~と]

THE LAST MESSAGE 海猿

巨大天然ガスプラントで発生した大事故の救助に向かった主人公たちが、国家レベルの非常事態と人命救助のはざまで翻弄(ほんろう)されながらも、自らの命を賭した行動に出る。
c0045529_21382299.jpg

1は劇場で観ました。伊藤淳史くんに泣かされました。
で、確かその後ドラマが始まって、何だか大輔くんのイメージが変わっちゃった感じがして、
面白くな~い!と感じ、観るのをやめちゃって(笑)
2も結局未観賞。
なのに何故か、この3だけ観に行っちゃったよ。だから、なんで佐藤隆太が後輩なのか知りませんV( ̄◆ ̄)V

で、どうなんですかね。
オチ読めるのはまあ仕方ない。絶対のヒーローですからね。

でもどれもこれも、必ず「お前なんか」って上司が出てくるのもね^^;
命は大事でしょ。
何億円かかってるプロジェクト、大ごとになったら、実際もこういうことが裏で行われてるのか?
ほんまにありえそうで怖いんですけど・・・

でもなんだかんだ言いながら、泣かされたんですけどね。
オチもすべてわかってるくせに( ´∀`)ゲラゲラ
でももう、お腹いっぱいです。

2Dで観ました。違う日に3Dで観た同僚が、「酔いました」って言ってたよ。こっちでよかった(笑)

監督:羽住英一郎
キャスト:伊藤英明
     加藤あい
     佐藤隆太

   (by 東宝シネマズ二条)

[PR]
by rm1015 | 2010-09-22 21:32 | 邦画 [さ~と]

トロッコ

急死した父の遺灰を届けるため、日本人の母とともに父の故郷である台湾の小さな村へとやって来た兄弟のひと夏の出来事をノスタルジックなタッチで綴るヒューマン・ドラマ。
c0045529_031315.jpg

日本でしか暮らしたことのない母子が訪れる、亡き父の祖国台湾。
いきなり台湾人に「おじいちゃんだよ」「おじちゃんだよ」なんて言われても
そりゃ戸惑うよね。

でも、そんな知らない土地で、母ちゃんと兄ちゃんと3人でどんどん成長していく姿が
うまく描かれていたと思います。

日本の片田舎的な台湾(ここも台湾の中でも田舎なんでしょうね)で、
「帰りたい」と思いながらも馴染もうと頑張る兄ちゃん。

腹立ちまぎれに弟にあたって、母ちゃんに怒られて…
自分ばっかり怒られると、姉や兄みんながよく思うことをやっぱり考える…

この兄ちゃんの目に見えての成長ぶりに、涙が出ました。

おじいちゃん、日本語上手かったね^^;
この兄弟、大きくなったらまたここを訪れるんでしょうね。

監督:  川口浩史
キャスト:尾野真千子
     原田賢人
     大前喬一

    (by 京都シネマ)

[PR]
by rm1015 | 2010-08-30 23:28 | 邦画 [さ~と]

シュアリーサムデイ

 中止になった文化祭を復活させようと教室を占拠したものの、ハッタリのつもりだったニセの爆弾がなぜか爆発し、学校を退学処分になり、以来良いことナシのタクミ、キョウヘイ、カズオ、ユウキ、シュウトの悪友5人組。それから3年が経ち…
c0045529_21252285.jpg

もうすぐ上映終了、ってことで東宝シネマズに駆け込んだのですが、
プレミアスクリーン、もう完売(;´Д`A ```
そんな人気?監督効果?

どうする?ってんで、梅田戻りウロウロ…
梅田は東宝じゃないし…
で、チケットショップにあった!
わしはレディースデーなので、だんなの分1枚買って、松竹系のシネコンへ。

やっぱり結構混んでました。

小出くん目当てで観たこの作品ですが。

どうなん?これ?
まあ役者さんはいいとして、この話どうなん?(笑)

面白い面白くない、なんとも言えん、学芸会的なオハナシV( ̄◆ ̄)V
意外とオカムラがおいしい役どころ。

監督:小栗 旬
キャスト:小出恵介
     勝地 涼
     綾野剛
     鈴木亮平
     ムロツヨシ

    (by 梅田ピカデリー)

[PR]
by rm1015 | 2010-08-12 21:22 | 邦画 [さ~と]

シーサイドモーテル

“シーサイド”とは名ばかりの山に囲まれたひなびたモーテルを舞台に、その中の4つの部屋で繰り広げられるワケあり男女11人の奇妙な人間模様を描く。
c0045529_21494652.jpg

基本、山田孝之もタマテツも好きな部類の俳優なので、
コメディと言うこともあり、東宝系じゃないのに観に行ってみました。

正直、「まあまあ面白い系かな」くらいのレベル。

めっちゃ爆笑なギャグ満載でもなし、
何だか全部が中途半端。

キャッチコピーの「だましてる?だまされてる?」ってのは、生田部屋と山田部屋の2つの話だけですよね。
新太兄ちゃん部屋は、だましてるなら嫁は帰ってくるとか、
池田部屋なんか、別にギックリなるだけやし・・・

もっと1つ1つの話が行きつくところは1つの話やった!

みたいな展開やったらよかったのにな。

まったく話変わっちゃうか( ´∀`)ゲラゲラ

山田部屋のも生田部屋のも、オチ読めた(笑)


監督:  守屋健太郎
キャスト:生田斗真
     山田孝之
     麻生久美子

    (by MOVIX京都)

[PR]
by rm1015 | 2010-06-23 21:46 | 邦画 [さ~と]

てぃだかんかん~海とサンゴと小さな奇跡

幼なじみの健司と由莉は、一度は沖縄を離れるも、結婚のため故郷・沖縄へ戻ってくる。そして健司は“サンゴのあるバー”を開店し、繁盛させる。ふたりの子どもにも恵まれ、店も支店を出し、幸せな日々を送っていたが、「開発や温暖化の影響で死滅しつつあるサンゴを、愛する妻と子どもに見せてあげたい」という理由で、健司は店をたたむと言いだす。
c0045529_19352011.jpg

実話らしい。
ほのぼのした話でした。

なかなかできないことやな~。大体、全く才能なさげに見えた男子が、店を出して繁盛させる、ってのもすごいし(実際、力量あったのね~)
サンゴが好きってだけで、「自分で育てる」とか「育てたサンゴを海に移植して産卵させる」とか考え付くかぁ?
サンゴって、卵産むのね(^^ゞ

いい話やったけど、いろいろキャストに無理があったように思う。
みんな上手く演じてるんやけど、
松雪泰子がどうしても沖縄の人には見えない。
原田美枝子が岡村の母ちゃん、ってのも無理がある。
どうサバ読んでみても、50歳そこそこでしょ?
岡村がいくつの設定なのか知らんけど、15歳足らずで息子産んだ計算?
あんたは「浅井雪乃」か( ´∀`)ゲラゲラ

それに、苦言を呈すと、ちょっと「しばきすぎ」ですな(;一_一)

この映画でも、國村準さんは、おいしい役でしたね。
長澤まさみは、いらんでしょ(笑)

監督:  李 闘志男
キャスト:岡村隆史
     松雪泰子
     吉沢 悠

    (by 東宝シネマズ二条)

[PR]
by rm1015 | 2010-04-28 19:30 | 邦画 [さ~と]

ダーリンは外国人

マンガ家を目指すさおりは、ひょんなことから出会った日本語ペラペラのアメリカ人ライターのトニーと付き合うことに。ある日、さおりは姉の結婚式で、初めてトニーを親に紹介する。純粋で礼儀正しいトニーは、すぐに家族と打ち解けるが、父親だけが猛反対。それを、彼に打ち明けられないさおりは、トニーとの間に隙間ができてしまい…。
c0045529_12738.jpg

人気マンガなんですね。
知りませんでした(;´Д`A ```
正直、実話とも知りませんでした(笑)
観ていて、「このヒロインが作者の話なのかな」って思ったくらい。
知らなさすぎ( ´∀`)ゲラゲラ

かわいい話でしたねぇ。
感動もさせてもらいました。

井上真央ちゃんって、キッズ・ウォーで「おれがさ~」って言ってたことばっかりが印象深くって(笑)
いつの間にか綺麗なお姉さんになっちゃっててさ。

この作者も素敵な家族に恵まれて幸せですね。
日本人以上に日本人ぽいトニーも優しすぎるほど優しいし。
お母さんもお姉ちゃんも、お父さんも、素敵ですよね。
こんな「お母さん」になりたい。

今は「ダーリンは外国人withBABY」になってるらしい。
読もうっと。

原作:  小栗左多里
監督:  宇恵和昭
キャスト:井上真央
     ジョナサン・シェア
     国仲涼子

    (by 東宝シネマズ二条)

[PR]
by rm1015 | 2010-04-12 21:58 | 邦画 [さ~と]

食堂かたつむり

失恋の痛手から一時的に心因性失声症を患った主人公が実家に戻り、食堂を開いて人々を料理で癒やしていく様を描く。
c0045529_22455161.jpg

ほのぼのとあったかくなる作品でしたが。

少し、いろんなことを端折りすぎじゃなかろうかと。

ヒロインの凛子が言葉が出なくなっちゃう設定なんですが、
それまでの過程を「歌に収めただけ」なので、
おちゃらけてるだけのようにも思えて・・・。
その過程が大切なんじゃないのかなぁ。
凛子にとっては、相当のダメージだったわけで。
だから言葉が出なくなったわけで。

あと、オカンの人生もね。

でも、配役みんなよかったです。
凛子も、オカンもトムさんも(トムさん配役名わからん^^;)

ありえないけど、ありそうなお話。
女性監督らしいアニメチックなかわいい演出も、ま、ありですかな。

友達とは、どういう風に理解しあったのか。
凛子が「なんとなく」許したのか?

でも、食べてみたくなる料理がいっぱい出てきましたな。
「ジュテームスープ」か・・・。うまいネーミングだな(笑)

監督:  富永まい
キャスト:柴崎コウ
     余 貴美子
     ブラザー・トム

   (by 東宝シネマズ二条)

[PR]
by rm1015 | 2010-02-14 22:37 | 邦画 [さ~と]

GSワンダーランド

GS(グループ・サウンズ)ブームの狂騒が渦巻く1968年を舞台に、ブームに乗ってひと山当てようと画策する大人たちが巣くう音楽業界に、純粋な夢を抱いて飛び込んだ4人の若者の青春を描く音楽コメディ。
c0045529_156173.jpg


去年劇場鑑賞して、ベスト3に入るんじゃないか?っていうくらい好きやった作品です(笑)
こういう「昭和モノ」大好きなのだ♪

これはまた好きな音楽映画でもあり、コメディタッチでテンポよく進む楽しい映画。

生まれる前のことなので、GSブームはよくわからんけど、
すごい、何十ものグループがあったんですねぇ~。
有名どころしか知らんよな~。

でも、子供の頃好きになった「LAZY」は、その流れを汲んでたな~。
同じ衣装着て、アイドルチックなニックネームつけて(笑)
そういえば、LAZYは当時、タイガースの森本太郎さんがプロデュースに関わってましたな。
デビューさせたのも「ムッシュ」でしたな。
追っかけしてたもので(タイガースちゃうで、LAZYやで^^;)

「タイツメン」グループ1の人気者は「ミック」
その他のメンバーは、そんなに見向きされない。
そんなもんすかね。
ボーカルより売れるとか・・・あ、LAZYもそういえば「POCKY」が1番人気でした。
(今はあのアニメや声優で有名なランティスの社長っす!)

でもじつはミックは男じゃない。
でもファンは男と信じて追っかける・・・。
夢はかなったけど自分は「本当の自分」で歌手を目指したい・・・
悩むミック。でも毎日が楽しい・・・
そんなとき「ミックは女」という話が広まり始め・・・

そんな感じですが、
ボーカルの子がこれがまた「石田卓也」なんですね。
やっぱり顔が覚えられない(笑)

それにドラムが水嶋ヒロ。
このときはそんなに売れてなかったのですか?
知らなくてすみません(笑)

この歌結構心に残ります。
イントロはまるで「男の子女の子」です。
よく口ずさみます(笑)

「世界がぼくをま~っていた~♪」

岸辺一徳さんが出てます。ジュリーにも出てほしかった(笑)


監督:  本田隆一
キャスト:栗山千明(ミック)
      石田卓也(マサオ)
      水嶋ヒロ(シュン)
      浅利陽介(ケンタ)

      (by 日本映画専門チャンネル)

[PR]
by rm1015 | 2009-12-28 01:53 | 邦画 [さ~と]