今年もよろしくお願いします。頑張って月日に追いつきま~す(笑)


by rm1015

プロフィールを見る
画像一覧

S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31

カテゴリ

全体
洋画 [あ~お]
洋画 [か~こ]
洋画 [さ~そ]
洋画 [た~と]
洋画 [な~の]
洋画 [は~ほ]
洋画 [ま~も]
洋画 [や~よ]
洋画 [ら~ろ]
洋画 [わ~]
映画 [アジア系]
邦画 [あ~こ]
邦画 [さ~と]
邦画 [な~ほ]
邦画 [ま~よ]
邦画 [ら~ ]
[過去の鑑賞記録]
みーのつぶやき

タグ

(131)
(112)
(93)
(74)
(60)
(58)
(50)
(48)
(43)
(41)
(38)
(34)
(29)
(27)
(27)
(26)
(20)
(15)
(12)
(9)

お気に入りブログ

素晴らしき哉映画人生
シネマ親父の“日々是妄言”
samuraiの気になる...
映画の心理プロファイル
Stampede
映画館の暗闇に包まれて
かたすみの映画小屋
のんびり映画日記
☆ Inusukeなブログ ☆
利用価値のない日々の雑学
MY PLAGUE
みいと塁のおっさんな毎日
映画のへや
It's a wonde...
太陽がくれた季節
KIBE.POSSIBL...
記憶の滴
Sweet* Days*...
華鈴 の blog
I'm Gonna Be...

リンク。

ブログパーツ

最新のトラックバック

『ロミオとジュリエット』..
from 【徒然なるままに・・・】
ダブル・ミッション
from piece of life ..
幸せはシャンソニア劇場から
from ただの映画好き日記
きな子〜見習い警察犬の物語〜
from ただの映画好き日記
ソルト
from piece of life ..
バウンティー・ハンター
from piece of life ..
NINE
from ただの映画好き日記
シャーロック・ホームズ
from ただの映画好き日記
それでも恋するバルセロナ
from ただの映画好き日記
ラブリーボーン
from ただの映画好き日記

ライフログ


ALWAYS 三丁目の夕日 豪華版


三丁目の夕日


パイレーツ・オブ・カリビアン デッドマンズ・チェスト スペシャル・エディション


パイレーツ・オブ・カリビアン 呪われた海賊たち コレクターズ・エディション


Shall we Dance ?(初回限定版)


フットルース


サウンド・オブ・ミュージック プレミアム・エディション


インファナル・アフェア 限定デラックス DVD-BOX


雨に唄えば


いぬのえいが プレミアム・エディション


スウィングガールズ スタンダード・エディション


十二人の怒れる男


天使にラブ・ソングを 2


パッチ・アダムス ― コレクターズ・エディション


スティング


大脱走


ミスタア・ロバーツ 特別版


絹の靴下 特別版


情婦


私を野球につれてって


第十七捕虜収容所


バンド・ワゴン 特別版

以前の記事

2012年 02月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 07月
2010年 06月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 03月
2010年 02月
2010年 01月
2009年 12月
2009年 11月
2009年 10月
2009年 09月
2009年 08月
2009年 07月
2009年 06月
2009年 05月
2009年 04月
2009年 03月
2009年 02月
2009年 01月
2007年 11月
2007年 10月
2007年 09月
2007年 08月
2007年 07月
2007年 06月
2007年 05月
2007年 04月
2007年 03月
2007年 02月
2007年 01月
2006年 12月
2006年 11月
2006年 10月
2006年 09月
2006年 08月
2006年 07月
2006年 06月
2006年 05月
2006年 04月
2006年 03月
2006年 02月
2006年 01月
2005年 12月
2005年 11月
2005年 10月
2005年 09月
2005年 08月
2005年 07月
2005年 06月
2005年 05月
2005年 04月
2005年 03月
2005年 02月
2005年 01月

検索

人気ジャンル

ファン

記事ランキング

ブログジャンル

画像一覧

カテゴリ:洋画 [ら~ろ]( 29 )

ローラーガールズ・ダイアリー

テキサスの小さな田舎町に暮らす17歳の女子高生ブリス・キャヴェンダー。美人コンテストで優勝することが娘の幸せにつながると信じる母親に違和感を抱きながらも、言われるままにミスコン中心の退屈な日々を送っていた。そんなある日、都会のオースティンに出かけた彼女は、そこで“ローラーゲーム”の存在を知り…
c0045529_21511942.jpg

ずっと観たかったんです。
この日の「本命」はこの映画。
これも今日がラストで、夜1回しか上映がなく…^^;

でも観に行った甲斐あった♪
すごく楽しかった。
ブリスが楽しそうに滑る姿が、本当に素敵でした。

この彼女、「インセプション」のあの娘です。
このときはほんまに10代に見えたし。
女優さんってすごいね(笑)
って、「インセプション」の時も確かに「若いな~」って思ったけどさ。

話の持って行き方がイイと思った。
何となく毎日が退屈で、街に出かけて知ったゲームにのめりこんでいく過程が。
最初は、もしかしたら出会った彼氏の気を引くためだけやったのかもね。

できすぎちゃうん?とも思うけど、これはこれでいいと思うのだが、どうか。

でも、ローラーゲームが今流行ってるかどうかは知らないけど、
日本でも一昔前(ふた昔?)めっちゃ流行って番組とかあったんですよね。
すごく子供やったから良さも何にもわからんかったけど、
そういや東京ボンバーズが活躍してた気がする。
(あとのチームは知らん)

ドリュー・バリモアがかわいいまんまです。



原題:  『WHIP IT』
監督:  ドリュー・バリモア
キャスト:エレン・ペイジ
     マーシャ・ゲイ・ハーデン
     クリスティン・ウィグ

    (by 京都シネマ)

[PR]
by rm1015 | 2010-07-30 21:48 | 洋画 [ら~ろ]

レポゼッション・メン

人工臓器により長寿が可能になった近未来、高額ローンの返済が滞るとレポ・メンと呼ばれる臓器回収人が強制的に人工臓器を取り立てていた。レミーは腕利きのレポ・メンとして恐れられていたが…
c0045529_010269.jpg

いやいや…怖かったな~。いろんな意味で。
ないとは言えん未来の話ってか^^;
ご利用は計画的に。ってか(笑)

しかしチケット取るまで絶対に「レボセッション」やとばっかり思ってた。
「レポゼッション」で回収なのか^^;
しかし原題は「REPO MEN」。「ゼッション」はどこ行った???
自分の無恥さに笑える。

正直逃げてる間、ちょこっと眠気が…
2本目ってこともあったけど(笑)それは言い訳。眠かったんです( ´∀`)ゲラゲラ

っちゅうか、仕事中の事故やん。
どんないきさつか、後でわかるけど、それはないやろ、労災認定されるべきやし。

と1人で怒ってたわし(笑)

ヒロインが加藤ローサに見えた^^;

原題:  『REPO MEN』
監督:  ミゲル・サポチニク
キャスト:ジュード・ロウ
     フォレスト・ウィッテカ―
     リーヴ・シュレイパー

    (by 東宝シネマズ二条)

[PR]
by rm1015 | 2010-07-07 23:05 | 洋画 [ら~ろ]

ローマの休日(午前10時の映画祭)

ヨーロッパ王国の王位継承者であるアン王女は、各国の公務を無難にこなしていたが、実は過度のストレスや疲れが貯まっていた。ある夜、ストレス緩和のために睡眠薬を投与されるが、気が高ぶり眠れないアンはこっそり宮廷を抜け出し、ローマの夜の街へ繰り出すことに。しかし薬が効いてきて街のベンチで眠ってしまう…
c0045529_21272784.jpg

おなじみのオードリー・ヘプバーン。言わずと知れた代表作ですね。

一度観てますが、ここはやはり大画面でしょ。
べっぴんさんを拝んできましたよ。

いや~、ほんまかわいい。
最初に国の貴賓の方々に迎えられて握手をしてるときの、「足モジモジ」から
「かわいい~♪」
クリンとでかい眼差しがたまらんですな(おっさんか、わしは)

今までふつーのお嬢さんがやってきて自分だけはできなかった

「勝手に髪をカット」してみたり、「カフェで一服」してみたり、べスパを乗り回してみたり。

本当に、楽しそうにやってるように見えたのがほんまにかわいかったです。

あとやっぱり、有名な「真実の口」(これであってた?)
本当にびっくりしてるんですってねぇ~。
グレゴリー・ペックもやるな(笑)

カメラマンの「手口」も、当時は斬新やったんでしょうな~。
ライターとかね。

このカメラマンの方、一番最近に亡くなってますね。
ちょっとバース・・・^^;

原題:  『ROMAN HOLIDAY』
監督:  ウィリアム・ワイラー
キャスト:オードリー・ヘプバーン
     グレゴリー・ペック
     エディ・アルバート

    (by 東宝シネマズ二条 1953年作品)

[PR]
by rm1015 | 2010-06-01 21:15 | 洋画 [ら~ろ]

ライムライト(午前10時の映画祭)

カルヴェロはミュージック・ホールの道化師で、かつてはイギリス最大の芸風を謳われたが、中年をすぎた今はすっかり落ちぶれてしまった。ある日、彼が酔ってアパートに帰ってみると、美しい女が自殺を企てて意識不明になって倒れていた。カルヴェロは大急ぎで医者を呼び彼女を手当てする・・・。
c0045529_22212599.jpg

チャップリンの映画は、多分「黄金狂時代」だけ観た記憶があります。
それも3年くらい前(笑)
でも「例の格好」のチャップリンしか知らなかった。どっかで素顔の彼を見たことあるんやけど、
忘れてたし。
だから、この映画見て「いつ出てくるのかな」(笑)
冒頭から出てるのに( ´∀`)ゲラゲラ

素敵なお話ではあるけど、出来すぎな気もしますな。
いくら命を助けられたからって、好きになるには・・・ねえ(笑)
だって好きな人いたんでしょ?
その人にもまた逢えたんでしょ?
ふつ~そっちに傾くでしょ。

チャップリンの息子、男前ですな(笑)

原題:  『LIMELIGHT』
監督:  チャールズ・チャップリン
キャスト:チャールズ・チャップリン
     クレア・ブルーム
     バスター・キートン

    (by 東宝シネマズ二条 1952年作品)

[PR]
by rm1015 | 2010-03-26 22:13 | 洋画 [ら~ろ]

ラブリーボーン

わずか14歳で残忍なレイプ殺人犯の犠牲となり天国へと旅立った少女が、崩壊していく家族に魂を寄り添わせ、その再生を見守る中で自らも悲劇を乗り越えていく姿をつづる。
c0045529_2222371.jpg

いや~、こういう物語なんですね~。
死んだ人間は、すぐに天国に行くんじゃないのよ、と教えてくれたような気がします。
心配でならなかったんですね。
こういう死後の世界の描き方もいいですね。

自分の愚かさから命を落としてしまったことと、
自分の死で、家族もバラバラになってしまったこと。
娘の死を信じたくない両親。
真相を暴こうと頑張ってくれる妹。

バラバラになってしまったようで、やっぱり繋がってる家族。
おばあちゃん役のスーザン・サランドンが少し清涼剤になってるでしょうか(笑)

マーク・ウォールバーグの作品、結構どれも好きなんですけど、
観た中で父親役ってのは初めてかも?
まだ若い俳優さんのイメージがあったので、少し意外でした。

スージー役のシアーシャ・ローナンも、すごいかわいくてよかった♪

あのラスト近く、「金庫開け~!!」って密かに必死になったのは私だけじゃないでしょ?(笑)
でもそういう系じゃないんですね(笑)
そういう力があるわけじゃないか。
そっちの話なら、また変わってくるよね( ´∀`)ゲラゲラ

でもあっさりなオチに、「ま、いっか」とも思いました(笑)

原題:『THE LOVELY BONES』
監督:ピーター・ジャクソン
キャスト:マーク・ウォールバーグ
     レイチェル・ワイズ
     スーザン・サランドン

     (by 東宝シネマズ西宮OS)

[PR]
by rm1015 | 2010-02-04 21:59 | 洋画 [ら~ろ]

理想の彼氏(2回目)

とうとう、フリーパスの終了するときがやってきてしまいました(T_T)/~~~

最後はぜひ、「カイジ」で締めたかったんですが(笑)
時間が合わず諦めました・・・。

これが一番時間的にも、映画の長さ的にも最適でした。

それにどうしても1日4本鑑賞、ってのをやってみたくって( ´∀`)ゲラゲラ

これと「SAW6」が短かったのでできました。

できればフリパで「沈まぬ太陽」も観たかったのですが
何せ長いため諦めました。
これを観ると1日4本は絶対できない(笑)

さて、終わっちゃったので、今までのように片っ端から何回も鑑賞、っていう「困った癖」を治さないとね(笑)

またゆっくり鑑賞します。
観たいのも多いしね♪

わしの面白くない独り言にお付き合いくださる読者がいらっしゃるなら、ありがとうございました。
まだ独り言は続きます。すんません(笑)
[PR]
by rm1015 | 2009-12-03 23:58 | 洋画 [ら~ろ]

理想の彼氏

離婚して引っ越してきたばかりの40歳シングルマザーと、24歳の青年が惹かれ合うロマンチック・コメディー。
c0045529_22244784.jpg

何か久々ですな。新しい映画(笑)

比較的苦手なジャンル^^;ラブコメであります。

だけど、これ、結構面白かった。

何か今の時代を反映してるのか、

女子がバリバリ働いて、バイトといえども、男子が子守に炊事。
そんな相手に惚れちゃう女子(っちゅうても40のええオバハンやけど)

優しいんですね。彼が。
そりゃ「理想の彼氏」だわ。

自分の子供の面倒を見てくれて、疲れて帰ったらご飯もできてて、おまけに「あっち」もV( ̄◆ ̄)V
何がいいって、子供がなついてくれたことでんな。
その子供がまた、ええキャラしてまんねん( ´∀`)ゲラゲラ
大きくなったらどんな子になるんやろ(笑)

よくあるパターンで、ささいなことからけんか別れしちゃうんやけど
(女子にとっては些細ではないかもしれない)
その腹いせ(?)に彼女に言われた通り、世界を巡る旅をする。
その姿はまるで、「沈まぬ太陽」の恩地さん(笑)

それに、他の作品と違うのは気難しいようで物分かりのいい「彼氏の親」
難しいよね。息子が15も歳の離れた女を連れてきたら・・・って考えたら・・・(;´Д`A ```

でもでも、この彼氏、離婚はどうなってん!?(笑)

しかし、「ゼタさん」はきれいだ。おまけにかっこいい♪女子の憧れだ~♪♪

原題:  『THE REBOUND』
監督:  バート・フレインドリッチ
キャスト:キャサリン・ゼタ=ジョーンズ
      ジャスティン・バーサ
      リン・ウィットフィールド
  

       (by 東宝シネマズ西宮OS)

[PR]
by rm1015 | 2009-11-27 22:21 | 洋画 [ら~ろ]

レボリューショナリー・ロード

1950年代半ばのアメリカの郊外の街で、夢と希望に人生を懸けようとする若い夫婦の葛藤(かっとう)と運命を描く
c0045529_22343624.jpg

思ったより早く結婚した・・・・それが観始めの感想。
結婚するまでの夢と、結婚してからの現実の違いで、夫婦の意見の相違が生まれてくる・・・
そんな話なのかと勝手に想像(笑)
でも違いました。

正直、この映画私には(っちゅうか、一緒に観ただんなは『サイアク』と吐き捨てた^^;)
合いませんでした・・・。

結局何が言いたいのか、どうしたかったのか、何もわからずあの結末・・・

夫婦って、そんなもんなんですか?
言いたいことだけ言い合って、こんなにしたいことを押し通そうとする嫁ってどうなん?

世の若い男性が、結婚したくなくなるだけじゃないんですかね・・・

始終、どっちかが怒ってる怒鳴ってるばっかりで
気持ちが滅入りました・・・

1番かわいそうなのは子供たち。
1番うなずけたのは、あのおじいちゃん(笑)

これ、ノミネートなんですか?
怒鳴り声に?^^;


原題:『REVOLUTIONARY ROAD』
監督:  サム・メンデス
キャスト:レオナルド・ディカプリオ
      ケイト・ウィンスレット
      キャシー・ベイツ

       (by東宝シネマズ二条)

[PR]
by rm1015 | 2009-01-28 22:48 | 洋画 [ら~ろ]

ラッシュアワー3(2007米)

ある日、ロスで行なわれたシンポジウムで、中国マフィアの“シャイシェン”の存在を突き止めた、との発言をしたハン大使が何者かの銃弾に倒れてしまう。その警護に当たっていたリーは、暗殺者を確認し追跡を開始。交通係に左遷されて腐っていたカーターも、情報を聞きつけ加担するが・・・。
c0045529_23122135.jpg

絶妙なトークと、イカしたアクション(ん?死語か?)のシリーズ3作目!

な~んて、利いた風なことを言っとりますが、
このシリーズ初体験(゚▽゚=)ノ彡☆ギャハハ!!
1も2も、何にも観ずに観に行った(爆)

っていうか、レンタル中なんですよね。
劇場でやるシリーズものの前回のヤツって、ほんまにほとんど借りてる。
今なら「オーシャンズシリーズ」とこの「ラッシュアワー」、あと「TAXI」、それともうすぐ公開の
「ファンタスティックフォー」。
観る前に予習、って感じかな。

この私も、同じ考えで借りに行ったけど、時すでに遅し。
(前日に行ったってムダやわな^^;)
おまけにこのときは半額デー。
そりゃムリか(笑)

でも。

1も2も知らずに行っても、充分楽しめました。

50歳超えたジャッキーも、お顔はさすがに50歳やけど^^;
思わせない動き。

真田広之も、お顔はさすがに年取ったけど、
やっぱりさすがJAC。
よかったな~。アクションも。
c0045529_011427.jpg
それから工藤夕貴。
年取っててびっくりしたけど(こればっかり 笑)
見事やった。

クリス・タッカーは、あれでいいのか?
ちょっと度が過ぎるのは、キャラで片付けていいのか?
声は特長あるなぁでいいけど、
ちょっと鼻についた。
あれがああなので、ジャッキーが抑えに回ってて、それでうまく収まってるのかな。
1も2も、それで来たのかな。

オチがスカッとして、よかったです。


原題:  『RUSH HOUR 3』
監督:  ブレット・ラトナー
キャスト:ジャッキー・チェン
      クリス・タッカー
      真田広之

       (by MOVIX京都)

[PR]
by rm1015 | 2007-09-01 22:50 | 洋画 [ら~ろ]

ロッキー・ザ・ファイナル(2006米)

NEVER GIVE UP~自分をあきらめない
第一作目から30年の月日を経て、シリーズ6作目にして完結編。

c0045529_2351498.jpg

行ってきました。先行上映。
まず、第一に思ったのが、「『1』観といてよかったぁ~(~_~)」

本当に、いろいろ繋がってるんですよ。
あの人もこの人も、『1』観てないと「ふ~ん・・こんな人がいたんか~」ぐらいしか思えなかったやろうし・・・

正直、夕べ見た『1』では泣かなかった。
感動はしたけど、泣くことはなかった。

でも、今日のは、泣けました。
セリフの1つ1つがあったかくて重くて。
ずっしりと心に染み渡る・・・っちゅうかね。

最初のポーリーのセリフ、「お前はエイドリアンを大切にした。でも俺は悪い兄貴だった。
いい思い出なんかない。過去はキライだ」

こんな感じで来られて、まずボロボロ(笑)
始まってまだ30分足らずでっせ?(笑)

息子のセリフも、あの(1では)不良少女のセリフも、何だかみんな感動的でしたねぇ・・・

1から今回の6まで、全部出たのはポーリーのみ?
ミッキーは、本当に1997年に亡くなっていました。

エイドリアンにも出ていて欲しかったけど、でももし生きてたら大反対して、
復活は幻になったんやろな~。だから亡くならせた・・・

どっかのサイトに、「エイドリアンはアマゾネス」って言葉があった。
そういえば、アマゾネスもいつの間にか亡くなってた・・・
(by3年B組金八先生)
いつも見守ってるよね。エイドリアンもアマゾネスも。

息子も父ちゃんを誇りに思ってる。
c0045529_024291.jpg
それに、このエキシビジョンで、また親友が増えたね。
試合中の一言
「おい、じいさん」
「お前もそうなる」

大納得!!!!(゚▽゚=)ノ彡☆ギャハハ!!

しかし、何とかなりませんか?この邦題。
「ロッキー・バルモア」じゃダメなんですかぃ?(笑)
もしも、万が一、「もっかいやろっかな~」ってなったら(笑)
「ロッキー・ザ・アゲイン」とかして繕うか??ヾ(@>▽<@)ノぶぁっはははっははは♪


原題: 『ROCKY BALBOA』
監督:  シルベスタ・スタローン
キャスト:シルベスタ・スタローン
      バート・ヤング
      マイロ・ヴィンティミリア

      (by 東宝シネマズ二条)

[PR]
by rm1015 | 2007-04-16 00:07 | 洋画 [ら~ろ]