今年もよろしくお願いします。頑張って月日に追いつきま~す(笑)


by rm1015

プロフィールを見る
画像一覧

S M T W T F S
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31

カテゴリ

全体
洋画 [あ~お]
洋画 [か~こ]
洋画 [さ~そ]
洋画 [た~と]
洋画 [な~の]
洋画 [は~ほ]
洋画 [ま~も]
洋画 [や~よ]
洋画 [ら~ろ]
洋画 [わ~]
映画 [アジア系]
邦画 [あ~こ]
邦画 [さ~と]
邦画 [な~ほ]
邦画 [ま~よ]
邦画 [ら~ ]
[過去の鑑賞記録]
みーのつぶやき

タグ

(131)
(112)
(93)
(74)
(60)
(58)
(50)
(48)
(43)
(41)
(38)
(34)
(29)
(27)
(27)
(26)
(20)
(15)
(12)
(9)

お気に入りブログ

素晴らしき哉映画人生
シネマ親父の“日々是妄言”
samuraiの気になる...
映画の心理プロファイル
Stampede
映画館の暗闇に包まれて
かたすみの映画小屋
のんびり映画日記
☆ Inusukeなブログ ☆
利用価値のない日々の雑学
MY PLAGUE
みいと塁のおっさんな毎日
映画のへや
It's a wonde...
太陽がくれた季節
KIBE.POSSIBL...
記憶の滴
Sweet* Days*...
華鈴 の blog
I'm Gonna Be...

リンク。

ブログパーツ

最新のトラックバック

『ロミオとジュリエット』..
from 【徒然なるままに・・・】
ダブル・ミッション
from piece of life ..
幸せはシャンソニア劇場から
from ただの映画好き日記
きな子〜見習い警察犬の物語〜
from ただの映画好き日記
ソルト
from piece of life ..
バウンティー・ハンター
from piece of life ..
NINE
from ただの映画好き日記
シャーロック・ホームズ
from ただの映画好き日記
それでも恋するバルセロナ
from ただの映画好き日記
ラブリーボーン
from ただの映画好き日記

ライフログ


ALWAYS 三丁目の夕日 豪華版


三丁目の夕日


パイレーツ・オブ・カリビアン デッドマンズ・チェスト スペシャル・エディション


パイレーツ・オブ・カリビアン 呪われた海賊たち コレクターズ・エディション


Shall we Dance ?(初回限定版)


フットルース


サウンド・オブ・ミュージック プレミアム・エディション


インファナル・アフェア 限定デラックス DVD-BOX


雨に唄えば


いぬのえいが プレミアム・エディション


スウィングガールズ スタンダード・エディション


十二人の怒れる男


天使にラブ・ソングを 2


パッチ・アダムス ― コレクターズ・エディション


スティング


大脱走


ミスタア・ロバーツ 特別版


絹の靴下 特別版


情婦


私を野球につれてって


第十七捕虜収容所


バンド・ワゴン 特別版

以前の記事

2012年 02月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 07月
2010年 06月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 03月
2010年 02月
2010年 01月
2009年 12月
2009年 11月
2009年 10月
2009年 09月
2009年 08月
2009年 07月
2009年 06月
2009年 05月
2009年 04月
2009年 03月
2009年 02月
2009年 01月
2007年 11月
2007年 10月
2007年 09月
2007年 08月
2007年 07月
2007年 06月
2007年 05月
2007年 04月
2007年 03月
2007年 02月
2007年 01月
2006年 12月
2006年 11月
2006年 10月
2006年 09月
2006年 08月
2006年 07月
2006年 06月
2006年 05月
2006年 04月
2006年 03月
2006年 02月
2006年 01月
2005年 12月
2005年 11月
2005年 10月
2005年 09月
2005年 08月
2005年 07月
2005年 06月
2005年 05月
2005年 04月
2005年 03月
2005年 02月
2005年 01月

検索

その他のジャンル

ファン

記事ランキング

ブログジャンル

画像一覧

カテゴリ:洋画 [は~ほ]( 97 )

ブラックブック(2006蘭・独・英・ベルギー)

第二次世界大戦ナチス・ドイツ占領下のオランダで、家族をナチスに殺された若く美しいユダヤ人歌手の復しゅうを描いたサスペンスドラマ。
c0045529_22140100.jpg

京都のシネコンでやってないので、大阪まで行ってきました(笑)
戦争の映画やというだけの予備知識で、
こういう、ナチやスパイものだとはまったく知らず。
おまけに、知った俳優も1人もいないオランダの映画。

しかし、よかったです。面白かった。
わざわざ行った甲斐がありました~♪
たしかに、感動とか文学的なものはないけど、
でも145分ほどの長さをまったく感じず、一気にラストまで行った、って感じ。
主演の女優さんも、大尉も中尉もイメージぴったりでよかった。

裏切って裏切られて、騙して騙されて・・・
ほんまにこういう世界やったんやろなぁ・・・
誰が裏切ってるのか・・・ラストに結構「え゛( ̄Д ̄;;」ってなったわし・・・(笑)

汚いけど、生きるための手段。
当時に生きてたら、この国の人間やったら、
きっと今のように弱っちぃ性格ではなかったかもな~(笑)

最後にタイトルの意味が出てきます。
完全に解明されてない気もするけど・・・

原題:  『ZWARTBOEK』
監督:  ポール・ヴァーホーヴェン
キャスト: カリス・ファン・ハウテン
      トム・ホフマン
       セバスチャン・コッホ

        (by 東宝シネマズなんば)

[PR]
by rm1015 | 2007-04-11 22:13 | 洋画 [は~ほ]

パフューム~ある人殺しの物語(2006仏/独/西)

18世紀のパリ。悪臭立ちこめる魚市場で一人の赤ん坊が産み落とされる。危うく捨てられかけた赤ん坊は、間一髪で拾われ、グルヌイユと名付けられて育児所に引き取られる。グルヌイユは孤独な子供だったが、人にはない、特異な特技を持っていた・・。
c0045529_0255943.jpg

日曜のレイトショーは初めてです(笑)
ま、いつでも別に一緒なんやけど。

サスペンスな仕上がりを期待して行ったのですが、
「古畑任三郎」式で(笑)、最初から犯人はわかってる。

どうやって、何故そうなったか・・
それが肝心でして。

しかし・・・

グイグイ引き込まれます。
めっちゃ面白いです。
中盤までは。

私・・・

ラスト、こんなんなん?これなん?
ええのん???

唖然としました。
目がテンになりました(笑)

ひとこと・・・

「きっしょ~~~~~~~( ̄Д ̄;;」

人間を「そうさせる」匂い、香りってどんなんなんやろう・・・・

それにも増して思うことは・・・
あの女性陣の撮影、マジかなぁ。
いややったやろなぁ・・・
リアルすぎて、マジで「さぶかった」・・・・

c0045529_0325550.jpg


新聞には「主演:ダスティン・ホフマン」って書いてたけど・・・
ちゃうやん(笑)
あっちゅう間に出て来んくなったやん(゚▽゚=)ノ彡☆ギャハハ!!

よく「結末は誰にも話さないで」とかあるけど・・・
この映画、話したくても話せませんがな|* ̄ー ̄|

原題:  『PERFUME: THE STORY OF A MURDERER 』
監督:  トム・ティクヴァ
キャスト:ベン・ウィショー
      ダスティン・ホフマン
      アラン・リックマン

       (by 東宝シネマズ二条)

[PR]
by rm1015 | 2007-03-04 23:55 | 洋画 [は~ほ]

ボビー(2006米)

1968年6月5日、カリフォルニア州の予備選を勝利で飾り、次期アメリカ大統領候補として多くのアメリカ国民から大きな期待を寄せられていたロバート・F・ケネディ上院議員が暗殺される。この悲劇の16時間前、現場となったロサンジェルスのアンバサダーホテルには、人種も年齢も社会的な境遇もまちまちな人々が居合わせた。
c0045529_18483062.jpg

劇場予告で、観たくなった作品でして。

とにかく、豪華な俳優陣。
あの人もこの人も見たことある(笑)
「セルラー」の人のいい刑事さんとか、レクター博士、「ロード・オブ・ザ・リング」のにーちゃん、
おまけにこないだ観た「守護神」の【金魚】は、
「あっと驚くタメゴロ~♪」みたいやったし(゚▽゚=)ノ彡☆ギャハハ!!
その嫁まで出てるし。「ゴースト」からは別人やった・・・( ̄Д ̄;;

まるで、(未見やけど^^;)「グランド・ホテル」とか、去年観た邦画「THE有頂天ホテル」ってカンジでした。

しかし、ロバートなのにボビー・・・(?)
あだ名って不思議やね~。

ラストの「サウンド・オブ・サイレンス」が感動を誘います。
涙ボロボロになっちゃった・・・。

いい作品でした。

原題:  『BOBBY』
監督:  エミリオ・エステヴェス
キャスト:ハリー・ベラフォンテ
      アンソニー・ホプキンス
      シャロン・ストーン

      (by 東宝シネマズ二条)

[PR]
by rm1015 | 2007-03-01 18:57 | 洋画 [は~ほ]

ピンクパンサー(2006米)

怪優ピーター・セラーズがドジな警部、ジャック・クルーゾーに扮した往年の人気シリーズを、スティーヴ・マーティン主演でリメイクしたドタバタ・コメディ。c0045529_17581465.jpg

正直、ピーター・セラーズのクルーゾー警部をあまり知らないのです。
ただ、「クルーゾーはピーター・セラーズ、コロンボはピーター・フォーク」
ってイメージがあって(笑)
みんなありますよね。
そういう出来上がったイメージ。
ロクに観たこともないのに、知ってるように思ってる(笑)

でも、これ、大爆笑とまでは行かないけど、ソコソコ笑えておもしろかったです。
ありえなすぎるけど。
ジャン・レノ、あんなことするんや(゚▽゚=)ノ彡☆ギャハハ!!

それに、やっぱり映画は知らなくても、このテーマは永遠ですな。
名曲だ♪

原題:  『THE PINK PANTHER 』
監督:  ショーン・レヴィ
キャスト:スティーヴ・マーティン
      ケヴィン・クライン
      ビヨンセ・ノウルズ

[PR]
by rm1015 | 2007-02-06 18:06 | 洋画 [は~ほ]

プラトーン(1986米)

大学を中退して、ベトナム戦争に志願したクリス・テイラー。その実体験を基に、オリバー・ストーン監督が描くベトナム戦争の狂気と愚かさ。c0045529_0245812.jpg
ふぅ~・・・
見ごたえありました。
うわ~・・って感じで怖かった・・・
こういう風に、戦争にかこつけて、嫌な同僚を始末しちゃう・・・って事も
多々あったんやろな~って実感・・・
「敵にやられました」って言えば済むもんね・・・

チャーリーシーンって「メジャーリーグ」で観てるんですよね・・・
何でこんなに印象ないんやろ。。。(笑)

この映画、ほんまのチョイ役で出てました。
彼が(゚▽゚=)ノ彡☆ギャハハ!!

それから・・・
このジャケット、チャーリー・シーンじゃないのね・・・
主役なのにね。。。


原題:  『PLATOON 』
監督:  オリバー・ストーン
キャスト:チャーリー・シーン
      ウィレム・デフォー
      トム・ベレンジャー

       (by ムービー・プラス)

[PR]
by rm1015 | 2006-10-08 00:17 | 洋画 [は~ほ]

フェイス/オフ(1997米)

かつて冷酷無比のテロリスト、キャスター・トロイによって狙撃され、その際に最愛の息子を失っているFBI捜査官ショーン・アーチャー。彼は飛行場での壮絶な追撃戦の末、ついにトロイを捕らえたが、トロイがLAのどこかに細菌爆弾を仕掛けている事が判明。当のトロイは植物人間となっており、唯一の情報源は獄中にいるトロイの弟ポラックスだけだった。そこでFBI特殊班はある仕掛けを・・・・c0045529_0273896.jpg

うっひょひょ~(゚▽゚=)ノ彡☆ギャハハ!!
ありか~!!こんなんありか~!?
めっちゃありえないんですけど~。
トラヴォルタとニコラス・ケイジの体格の違い。
ありえんでしょ。
嫁も夫婦として仲良~したんなら^^;わかるでしょ。
そこまでわからんはずないでしょヾ(@>▽<@)ノぶぁっはははっははは♪

話はかなり面白かったよ。
アクションもかっこよかったし、スピード感もハラハラ感もあったし。
ドラマ性もバッチリやったしさ。

でもね。

この2人じゃなくてさ。
もっと身長差とか、太り具合とか、似たタイプを使って、「ありえるな~」って風にしてほしかった気もするな~(笑)


原題:  『FACE/OFF 』
監督:  ジョン・ウー
キャスト:ジョン・トラヴォルタ
      ニコラス・ケイジ
      ジョーン・アレン

[PR]
by rm1015 | 2006-07-29 00:12 | 洋画 [は~ほ]

パイレーツ・オブ・カリビアン/デッドマンズ・チェスト(2006米)

前作で、不死の海賊バルボッサからブラックパール号を奪い返した孤高の海賊ジャック・スパロウ。自由な大海原に船出したはずの彼の前に、逃れられない宿命が立ちはだかる。彼は13年前、ブラックパール号を手に入れるためジョーンズと“血の契約”を交わしていて、その契約の刻限が迫っていたのだ。
c0045529_040347.jpg

先行上映へ行ってきました。
先行を観るほどの大ファンでもなかったけど(何せ、10日ほど前に1作目を観たばかりやし(笑)今日じゃないと行く日がなかったわけで。)

わお~!
こりゃ面白いよな~。
レイトショーやのに(1200円で観れるもん|* ̄ー ̄|)いっぱいやったし。
おまけに大雨やのに。
期待作ってのがよくわかりました。
c0045529_0571179.jpgやっぱりJデップは何やってもかっこいい。
シリーズもんは1を越えられへんってよく言うけど、
これはそんなことも思えんかったし。
あっちゅう間の150分でしたわ。

始まる前に[第3弾、2007年5月26日公開]ってのには参ったけどな。
まだあるんかよ!って思ったし(笑)
すっかり「3の為の映画」になっちゃってたのは残念かも知れんし、
ラスト観たときに、「1観てやなわからんかったな」と思ったのも事実やけど。
面白かったので良し、です。
音楽も迫力もピカイチでした。

あと・・22日公開ですが、これから観る方へ

エンドロール後に、本作上映中に生じた疑問が解明します。
(少なくともわしは気になってました。「どうなったんやろ~?」って・・・)
だから最後まで席立ったらだめよん。



原題:『PIRATES OF THE CARIBBEAN: DEAD MAN'S CHEST』
監督:  ゴア・ヴァービンスキー
キャスト: ジョニー・デップ
      オーランド・ブルーム
      キーラ・ナイトレイ

         (by東宝シネマズ二条)

[PR]
by rm1015 | 2006-07-18 00:55 | 洋画 [は~ほ]

パイレーツ・オブ・カリビアン/呪われた海賊たち(2003米)

時は17世紀。海賊たちが海を荒らしまわっていた遥かなる時代。
提督の美しい娘エリザベスは、少女時代に助けた少年が持っていた海賊のメダルを、
今も密かに大切にしていた。そのエリザベスがさらわれる・・・
c0045529_16293963.jpg

「何か(いくつも同時期に観に行ってたので忘れた^^;)」観に行った劇場での予告編を観て、「これ観たいかも」と思い、
予習しとかんとね、と、レンタルしてきた。
ジョニー・デップの魅力満載の。超娯楽大作でした。

ジョニーデップの作品はいつ観ても「ヒーローなはずなんやけど、なり切れてない」楽しさがあるなぁ。

「スリーピー・ホロウ」もそうやったしなぁ。

それに、作品はともかくとして、「役柄として」の彼に、はずれがない気がするなぁ。
うまいし、どれ観てもちゃう人に見えるし。

かっこいいんやけど、鼻につく嫌味なかっこよさじゃなくって、
殴られて気ぃ失ったり、逃げ損ねて落っこちたり。
「なり切れてないけどヒーローのはず」っちゅう姿が、いつも楽しい。

完全に「漫画」なんやけど、「なんじゃ、こりゃ?」的な馬鹿にした笑いが出るんじゃなくて、
ちゃんと笑えるコメディな部分もしっかりしてるし。

音楽もいいですよね。
劇場で観たかったなぁ。
迫力がちゃうもんな~。

やっぱり「2」は観に行くかなぁ~

原題: 『PIRATES OF THE CARIBBEAN: THE CURSE OF THE BLACK PEARL』
監督:   ゴア・ヴァービンスキー 
キャスト: ジョニー・デップ 
      オーランド・ブルーム
      キーラ・ナイトレイ

[PR]
by rm1015 | 2006-07-04 16:31 | 洋画 [は~ほ]

ハイド・アンド・シーク~暗闇のかくれんぼ(2005米)

ある日、幸せだったキャラウェイ家に突然の悲劇が訪れた。デビッドの妻アリソンが浴室で自ら手首を切り、その命を絶ってしまったのだった。そして9歳の一人娘エミリーは、この衝撃的な出来事を目の当たりにしてしまう。以来、心を閉ざしてしまったエミリー。心理学者でもある父デビッドは、娘の心が癒えるようにとニューヨーク郊外の湖のほとりにある静かな町へと引っ越すが・・・

c0045529_19534621.jpgロバート・デ・ニーロですな。
最初はのんきで気の効かん、ぼんくら親父って感じやったんやけどね|* ̄ー ̄|

しかし、ダコタちゃん、ほんまうまいんでびっくりでした。
『宇宙戦争』のときは、ただ叫んでるだけ、ってイメージやったんやけど、
目とか表情で、ちゃんと怖さを表現してる。
チャーリーよりある意味かなり怖かったもんね(笑)

オチもわかっちゃったし、ホラーっぽくもなんでもなかったけど、
ラストはあれでいい。
「もうひとつのエンディング」、あれはいかん。いただけましぇん(笑)


原題:  『HIDE AND SEEK』
監督:  ジョン・ポルソン 
キャスト:ロバート・デ・ニーロ
      ダコタ・ファニング

[PR]
by rm1015 | 2006-05-20 19:46 | 洋画 [は~ほ]

ブルーレクイエム(2004仏)

ある日、アレックス・ドゥマールという独り身の男が現金輸送会社ヴィジラントに警備員として入社した。どこか陰のあるその男は、密かな計画を持っていた・・・ c0045529_13324887.jpg

ほとんど予習ナシにレンタルした作品ですが、(正直観始めてからフランス映画だと知った^^;)

はは~ん。。。復讐もんですか。
暗いけど、ド~ンとのしかかってくるようなのではなく、
結構見入ってしまいました。
地味な俳優ばっかりなんやけどね・・・^^;

でも少々重いかなぁ。
こんなに死なんでもええのになぁ。

ハリウッドでリメイク決定らしいけど、誰が主人公をやるんやろう・・・・
ブルース・ウィリス?^^;


原題:  『LE CONVOYEUR』
監督:  ニコラ・ブークリエフ
キャスト:アルベール・デュポンテル 
      ジャン・デュジャルダン
      フランソワ・ベルレアン

[PR]
by rm1015 | 2006-05-12 01:22 | 洋画 [は~ほ]