今年もよろしくお願いします。頑張って月日に追いつきま~す(笑)


by rm1015

プロフィールを見る
画像一覧

S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31

カテゴリ

全体
洋画 [あ~お]
洋画 [か~こ]
洋画 [さ~そ]
洋画 [た~と]
洋画 [な~の]
洋画 [は~ほ]
洋画 [ま~も]
洋画 [や~よ]
洋画 [ら~ろ]
洋画 [わ~]
映画 [アジア系]
邦画 [あ~こ]
邦画 [さ~と]
邦画 [な~ほ]
邦画 [ま~よ]
邦画 [ら~ ]
[過去の鑑賞記録]
みーのつぶやき

タグ

(131)
(112)
(93)
(74)
(60)
(58)
(50)
(48)
(43)
(41)
(38)
(34)
(29)
(27)
(27)
(26)
(20)
(15)
(12)
(9)

お気に入りブログ

素晴らしき哉映画人生
シネマ親父の“日々是妄言”
samuraiの気になる...
映画の心理プロファイル
Stampede
映画館の暗闇に包まれて
かたすみの映画小屋
のんびり映画日記
☆ Inusukeなブログ ☆
利用価値のない日々の雑学
MY PLAGUE
みいと塁のおっさんな毎日
映画のへや
It's a wonde...
太陽がくれた季節
KIBE.POSSIBL...
記憶の滴
Sweet* Days*...
華鈴 の blog
I'm Gonna Be...

リンク。

ブログパーツ

最新のトラックバック

『ロミオとジュリエット』..
from 【徒然なるままに・・・】
ダブル・ミッション
from piece of life ..
幸せはシャンソニア劇場から
from ただの映画好き日記
きな子〜見習い警察犬の物語〜
from ただの映画好き日記
ソルト
from piece of life ..
バウンティー・ハンター
from piece of life ..
NINE
from ただの映画好き日記
シャーロック・ホームズ
from ただの映画好き日記
それでも恋するバルセロナ
from ただの映画好き日記
ラブリーボーン
from ただの映画好き日記

ライフログ


ALWAYS 三丁目の夕日 豪華版


三丁目の夕日


パイレーツ・オブ・カリビアン デッドマンズ・チェスト スペシャル・エディション


パイレーツ・オブ・カリビアン 呪われた海賊たち コレクターズ・エディション


Shall we Dance ?(初回限定版)


フットルース


サウンド・オブ・ミュージック プレミアム・エディション


インファナル・アフェア 限定デラックス DVD-BOX


雨に唄えば


いぬのえいが プレミアム・エディション


スウィングガールズ スタンダード・エディション


十二人の怒れる男


天使にラブ・ソングを 2


パッチ・アダムス ― コレクターズ・エディション


スティング


大脱走


ミスタア・ロバーツ 特別版


絹の靴下 特別版


情婦


私を野球につれてって


第十七捕虜収容所


バンド・ワゴン 特別版

以前の記事

2012年 02月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 07月
2010年 06月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 03月
2010年 02月
2010年 01月
2009年 12月
2009年 11月
2009年 10月
2009年 09月
2009年 08月
2009年 07月
2009年 06月
2009年 05月
2009年 04月
2009年 03月
2009年 02月
2009年 01月
2007年 11月
2007年 10月
2007年 09月
2007年 08月
2007年 07月
2007年 06月
2007年 05月
2007年 04月
2007年 03月
2007年 02月
2007年 01月
2006年 12月
2006年 11月
2006年 10月
2006年 09月
2006年 08月
2006年 07月
2006年 06月
2006年 05月
2006年 04月
2006年 03月
2006年 02月
2006年 01月
2005年 12月
2005年 11月
2005年 10月
2005年 09月
2005年 08月
2005年 07月
2005年 06月
2005年 05月
2005年 04月
2005年 03月
2005年 02月
2005年 01月

検索

その他のジャンル

ファン

記事ランキング

ブログジャンル

画像一覧

カテゴリ:洋画 [は~ほ]( 97 )

北北西に進路を取れ(午前10時の映画祭)

キャプラという男と間違われて誘拐されてしまった広告マン、ロジャー・ソーンヒルは、謎の人物タウンゼントからある仕事への協力を要請される。そして、人違いが判明すると今度は泥酔運転に見せかけて殺されそうになる。窮地を脱したロジャーは、翌日、真相を確かめようと国連ビルへ赴くが、そこに現れたタウンゼントは全くの別人だった。
c0045529_22415524.jpg

ヒッチコックの王道です。
今よくある「勘違いシリーズ」的な作品の原点ですよね。

ちょいちょいシャレも効いてるし、サスペンス色濃いし、
ハラハラするし(って、何度か観てるので最初だけやけど^^;)
さすがヒッチコック。

絶対出てくる彼を探すのも醍醐味やけど、
この映画ではわりと最初やったので(笑)

あと、ヒロインが中原理恵に見えました( ´∀`)ゲラゲラ

しかし簡単に間違えられるのね。
それにちゃんと確かめないのね。
昔やから、携帯もないし仕方ないかも知れんけど、
もう少し確認作業を行いましょう(笑)

原題:『NORTH BY NORTHWEST』
監督:アルフレッド・ヒッチコック
キャスト:ケイリー・グラント
     エヴァ・マリー・セイント
   ジェームズ・メイソン

    ( by 東宝シネマズ二条 1959年作品)

[PR]
by rm1015 | 2010-03-03 22:37 | 洋画 [は~ほ]

パーシー・ジャクソンとオリンポスの神々

神と人間のあいだに生まれた“デミゴッド”の少年が、神々の争いに巻き込まれ、仲間たちと過酷な冒険を繰り広げる姿を迫力の映像満載で描く。
c0045529_2271565.jpg

なかなか壮大で面白かったです。
ありえない話は、徹底的にありえない系で行ってほしいしね。

お話はハリポタに似てるけど、あっちは魔法使い、こっちは神さん。
ポセイドンの息子。
このポセイドン始め、神様がみんなかっこいい(笑)
主演の坊やは・・・^^;

あ、そうそう、「お友達」になるルークがかっこよかった。
それと「守護神」の子がおいしかったね。
こういうのって、主役・ヒロイン・太鼓持ちのトリオが定番ですね。
それに絡んでくるチームメイト的な子がいて。

これにはよくある「双子」はいなかったな(笑)

続きますか?
ハリポタは結局1話だけしかまともに観てないけど・・・
続いたら観ようかな(笑)

ママがリリィに見えて仕方なかった^^;


最後に一言。

「そんなに大事なら、簡単に盗まれるなって^^;」

原題:『PERCY JACKSON & THE OLYMPIANS: THE LIGHTNING THIEF』
監督:  クリス・コロンバス
キャスト:ローガン・ラーマン
     ピアース・ブロスナン
     ユマ・サーマン

    (by 東宝シネマズ二条)

[PR]
by rm1015 | 2010-03-01 22:04 | 洋画 [は~ほ]

バレンタインデー

バレンタインデーに色めき立つロサンゼルスを舞台に、ハリウッドを代表する俳優たちが悲喜こもごものストーリーを繰り広げる恋愛群像劇。
c0045529_21194638.jpg

この映画と「恋するベーカリー」どっちが面白いかな~と思ってた。
きっとこれは「ふつ~のラブコメ」やと思って、
パン屋さんを先観たのです(笑)

しか~し!

私はこっちの方が好き。めっちゃよかった♪

これ、いわゆる「オールスター映画」みたいなとこあるし~。
有名どころがバンバン出てくるし~。

有名人ほどちょこっとな出番やったりね(笑)

個人的には、ジュリア・ロバーツは「いしだあゆみ」に見えますV( ̄◆ ̄)V
あと、アシュトンはかっこいい。
それと、子役の少年は将来有望だ!(笑)

大御所も出て来るし、何だか大御所の昔の映画も出てくるし、
スカッとする場面もあるし、
本当に素敵な映画でした。

ロスのバレンタインって、まるでクリスマスなんですね。
あんなに盛り上がるもんなんや。
こっちじゃ今も女性がコクるって習慣(?)とか、ギリチョコばっかりが目立ってるのに
男性がめっちゃ誘ってるし。

何かすごい一大イベントなんですね~。
バレンタインに1人でいるのが耐えられないというのが、
こんな習慣ならわかる気がする(笑)

1つだけ。
いろんな話のオチがちゃんとあったのに対し、
ジェシカ・アルバの話だけが宙ぶらりんやったのが腑に落ちん。
男がいたわけじゃなし(笑)

原題:  『VALENTINE'S DAY』
監督:  ゲイリー・マーシャル
キャスト:ジェシカ・アルバ
     アシュトン・カッチャー
     ジュリア・ロバーツ

   (by 東宝シネマズ二条)

[PR]
by rm1015 | 2010-02-21 21:17 | 洋画 [は~ほ]

バグダッド・カフェ〈ニューディレクターズカット版〉

アメリカの片田舎の砂漠にあるさびれたモーテル“バグダッド・カフェ”を、夫婦喧嘩の末に訪れた太ったドイツ女ジャスミンが、そこで暮らす人々の心の扉を開いて回りながら“砂漠のオアシス”に変えていくまでを描いた逸品。
c0045529_010544.jpg
リバイバル上映ですな。
当時は知りませんでした。
素敵な作品があったんや♪

なんか、2人の女性を軸に話は進むんやけど、
最初に出てくる太った方の女性とか、次に出てくるカフェの「女将」とか、
初めの方は2人とも怒ってるんですよね。

でもその2人が時折見せる寂しそうな表情がなんとも言えず・・・。

心通わすようになるまで随分かかるけど、
本当に友達になれた瞬間のようなときに、涙があふれました。

女将さんの力になりたい、友達になりたい、
そんな気持ちが「マジック」を覚えるまでになるんですね。
掃除して怒られたもんなぁ^^;

その太った女性、ジャスミンのだんなはどうなったのか(笑)

この女将さん、「アバター」に出てたぞ~?

ナヴィ族の母ちゃんか??

原題:  『BAGDAD CAFE』
監督:  パーシー・アドロン
キャスト:マリアンネ・ゼーゲブレヒト
      ジャック・パランス
      CCH・パウンダー

      〈by 京都みなみ会館)

[PR]
by rm1015 | 2010-01-12 23:06 | 洋画 [は~ほ]

パブリック・エネミーズ

大恐慌時代に義賊的な振る舞いとカリスマ性で民衆に支持された伝説のギャング、ジョン・デリンジャーの壮絶な運命を映画化した実録犯罪ドラマ。
c0045529_222073.jpg


物語がどうのこうの言う前に、とにもかくにもジョニー・デップがかっこよすぎ!!
七変化のジョニー・デップですが、これはほとんど素に近いんではないですか。
こんな46歳、素敵過ぎます♥

ってか、難しいっちゅうか何ちゅうか、
話は暗いです。笑うところはないです^^;
そんなん期待して行ったわけちゃうけど、もっとリズム感っちゅうか
トントンと話が進むのかと思ってましたから、
ノラリクラリっちゅうイメージに(;´Д`A ```でした。

ジョン・デリンジャーの仲間と、刑事さんたち仲間の区別がつきにくかったりとか
(それは、わしだけか^^;)
この人だれやったっけ?ってなったりとか(笑)

そういうのはわしのただの勉強不足なのかも知れんけど
物足りなさを感じつつ、
ジョニー・デップのかっこよさだけを2時間半堪能したって感じでありました。

ヒロインの女優さん、きれいでした。

原題:  『PUBLIC ENEMIES』
監督:  マイケル・マン
キャスト:ジョニー・デップ
      クリスチャン・ベイル
      マリオン・コティヤール

      (by 東宝シネマズ二条)

[PR]
by rm1015 | 2009-12-14 22:06 | 洋画 [は~ほ]

パイレーツ・ロック

ブリティッシュ・ロックが世界を席巻していた1966年。民放ラジオ局の存在しなかったイギリスでは、国営のBBCラジオがポピュラー音楽を1日45分に制限していた。若者の不満が渦巻く中、イギリスの法律が及ばない領海外の北海に、24時間ロックを流し続ける海賊ラジオ局“ラジオ・ロック”が誕生、熱狂的な支持を集める。そんなラジオ・ロックの船に高校を退学になった青年カールが乗り込んでくる。
c0045529_2352208.jpg

もっと早く観たかったんですけど、あんまりたくさんの時間やってないんですよね。
予告観て、「絶対面白い!」と確信してたのに、何でかなぁ~・・・。

なるほど。

お下品だわ(笑)

私は別に、「可憐な乙女」ではないので(爆)、こんな下ネタでも下品なセリフもなんてこた~ないんですけど^^;
観る人によっちゃ「聞き捨てならん」セリフがいっぱい出てきますな。

たしかに、朝10時の開映でしたが、10人もいませんでした(笑)

でもね。
音楽は最高ですよ。

全部が全部じゃないかもやけど、当時の曲らしいのがいっぱい流れます。
でも60年代って、英国じゃこんなに音楽の規制があったのか?
ビートルズ全盛期じゃないの??
ま、ここまでハチャメチャじゃないやろうけど、
こういう「海賊局」は実在したらしいですな。

船の上で何年も過ごしてて、ま、欲しくなったときに女性がやってくる。
好き放題の毎日。
好きなこと放送して好きな曲だけ流して・・・

気楽でええな~って正直ちょこっと思っちゃった(笑)
1日中ロックが流れてるラジオ局、いいよね。
でも、驚いたのが、ちゃんと「ニュースと天気」もあるってこと( ´∀`)ゲラゲラ

素敵な曲がいっぱい流れて、友情が溢れてて。

でも、お話の内容は薄いです。ただ「女と酒と友情」(笑)
それでも、誰が主役、と決めつける衒いはなく、それぞれみんなのエピソードを盛り込んでるのはよかったと思います。

言えば、頭の固い大臣とのいさかいは、もっと掘り下げてほしかった。

ラストの「タイタニック」的な流れはお約束・・・かな^^;

エンドロールで、いっぱい懐かしいジャケットが出てきます。
「ニルヴァーナ」当時印象的でした。懐かしかったな。

タイトル観た時、勝手に想像してた出演者。
予告観て「あれ?ジャック・ブラックは??」・・・・・出てません^^;

原題:  『THE BOAT THAT ROCKED』
監督:  リチャード・カーティス
キャスト:フィリップ・シーモア・ホフマン
      トム・スターリッジ
      ビル・ナイ

        (by 東宝シネマズ二条)

[PR]
by rm1015 | 2009-11-05 22:33 | 洋画 [は~ほ]

バーン・アフター・リーディング

CIAの機密情報を含んだCD-ROMが、ひょんなことからお調子者の男の手に渡ってしまったばかりに、様々な人物を巻き込み大騒動へと発展してしまうドタバタ劇が軽妙なタッチで綴られる。
c0045529_2162798.jpg

まあまあ、こんなもんなんですね。
前評判の悪さにちょっと躊躇したんですけど、その前に近所のチケットショップで1200円で前売り券買ってたんですよ^^;
おまけに、93分しかない(ーー;)
シネマズのポイント、貯まってたからタダで観りゃよかったし。

オーシャンズな面々で(っちゅうても、ジョジクルとブラピだけやけど^^;)その他も結構な豪華キャスト。
お金はかかってますね。
面白いのかと思ってました。
予告編で。

いや、面白く「なくはない」んです。
ある意味、予告編どおり「衝撃の結末」やし(笑)

でもなんかな~。
鼻血出しても脅迫するブラピに、超浮気モンのジョジクル。
ちょっと趣味悪~(ーー;)な所も、見せ場なのかな(笑)

コーエン兄弟の映画、いくつか観てますが、どれもあんまり「良趣味(こんな言い方せんかな^^;)」なものがない。
「バーバー」も「バッドサンタ」もちょっといや~な気分になったし、「ファーゴ」なんか・・・
あ~。。。いやな後味・・・。

こういう作品多いのかなぁ。
評判いいのが多いけど、わしには合わんのかな(笑)

ま、いいや。
エンディングテーマ、面白かった。「♪CIAメ~ン♪」


原題:  『BURN AFTER READING』
監督:  イーサン・コーエン/ジョエル・コーエン
キャスト:ブラッド・ピット
      ジョージ・クルーニー
      ジョン・マルコヴィッチ

       (by 東宝シネマズ二条)

[PR]
by rm1015 | 2009-05-03 21:00 | 洋画 [は~ほ]

ベンジャミン・バトン 数奇な人生

80歳の老体で生まれ、歳を取るごとに若返っていく男の波瀾に富む人生を描いたファンタジー。
c0045529_03886.jpg

166分。長いかなぁ~と思ってました。
サスペンスじゃなし、ドキドキ感もなさそうなので・・・。

だけど、全然長く感じなかった。
「ちっちゃなおじいちゃん」として生まれたベンジャミンが、歳を取るにつれて「艶々」していく様が
なんだかとっても哀しくて、でも素敵で・・・。

この作品で、1番素敵だったのはクイニーですね。
捨てられていた赤ん坊を、何の迷いもなく引き取って育て上げ、
自分の子供が生まれても邪険にしなかった・・・。
フィクションとはいえ、この人なしにこの映画は成り立たなかったですよねぇ。
「しわくちゃで醜いけど、あなたも神の子ね」(うろ覚え)
「人生はわからない」
名言だな~(^^)

しかし、CG効果かなんか知らんけど、
あのシーンのブラピは・・・・うひょ~♪わっけぇ~~~~~~~~~~♪⌒ヽ(*゚O゚)ノ スゴイッ!!!
ファンでなくても、あの若返ったブラッド・ピットを「かっこいい~♪」と思わない女性はいないんじゃないかなぁ。
わしもそうやし(笑)
ただ、どのブラピが今のブラピやね~ん!?的な突っ込みは入れたくなりましたけど、何か?(笑)

デイジーは、若い頃は自分本位で少し思いやりが・・・なところがあるけど、
実際思い続けてたんですね。
同じ人間なのに、自分は年老いていくのに対し、愛する人は若返っていく。。。
年老いていくのが当たり前なんやけど、実際に若返る彼を見ていたら
そりゃ悩むよね。自分だけばあちゃんに近づいていくんやもん・・・
自分の名前も忘れちゃったベンジャミンだけど、体は子供で幼い。
わかってるつもりでも哀しいよね・・・。デイジーの寂しい目が印象的でした。

だんなが観終わって一言

「ブラピショーやった」・・・・・

この映画、女性向き・・・?^^;

原題:  『THE CURIOUS CASE OF BENJAMIN BUTTON』
監督:  デヴィッド・フィンチャー
キャスト:ブラッド・ピット
      ケイト・ブランシェット
      タラジ・P・ヘンソン

       (by東宝シネマズ二条)

[PR]
by rm1015 | 2009-02-23 00:44 | 洋画 [は~ほ]

ヘルボーイ~ゴールデンアーミー

地獄生まれの異色ヒーロー、ヘルボーイが活躍するファンタスティック・アクションのシリーズ第2弾
c0045529_113259.jpg


アメコミで観たのは「スーパーマン」「スパイダーマン」「X-MEN」「ファンタスティック・フォー」
「ゴースト・ライダー」ぐらいがすぐに出てくるって感じ。
これはタイトルは知ってたけど、面白くない、って思い込んでました。
「マンガやん」
いや、ほとんどマンガですから(笑)
結構楽しんで、どれもこれも観てましたから(笑)

「やほー」(ナイツ的に)の口コミランクが高かったので、観てみようかなと。
1観てないけど、ま、えっか。的に気楽に。

なるほど、気楽に観られました。
ちょいと、今の世間を皮肉る場面もあり、愛だの恋だのってほのぼのシーンもあって楽しめた。

でも、姫はべっぴんさんじゃなかった|* ̄ー ̄|

しかし、モンスターなのに、ちゃんとコドモから大人に成長するし、
モンスターなのに赤ちゃん作るし(笑)
一体何者なんやろ、ヘルボーイ(゚▽゚=)ノ彡☆ギャハハ!!

原題  『HELLBOY II: THE GOLDEN ARMY』
監督:  ギレルモ・デル・トロ
キャスト:ロン・パールマン
      セルマ・ブレア
      ダグ・ジョーンズ
(by東宝シネマズ西宮OS)

[PR]
by rm1015 | 2009-01-14 23:00 | 洋画 [は~ほ]

ヘアスプレー(2007米)

あからさまな差別や偏見が存在した60年代のアメリカを舞台に、人気TV番組のダンサーを目指す天真爛漫な太めの女子高生とその周囲の賑やかな人間模様。
c0045529_224921.jpg

劇場予告で知って、「ゼッタイ観たい!」と楽しみにしていた作品。
上映開始日に行ってきました。
期待通り、楽しかったです。

愉快な進み具合。
「クリストファー・ウォーケンも、こんな役やるんや~(゚◇゚;)」的な驚きとか
小気味良いダンスや曲。
「コーニー・コリンズ」があの人やった!!的なびっくりとか
それに何よりもトラボルタの楽しそうなダンスとか(*≧m≦*)ププッ
c0045529_2301465.jpg

とにかく楽しかった。

私は、「ドリーム・ガールズ」より楽しめました。
オチも痛快やったし。

それにあの主人公の女の子、あの体であのダンスは素晴らしかった♪

とにかくあっちゅう間の2時間でした。
肩も凝らず、頭痛もせず(笑)
観てるこっちまで自然にリズム取ってる感じ。

踊りたくなるよ~(笑)

原題:  『HAIRSPRAY』
監督:  アダム・シャンクマン
キャスト:ジョン・トラボルタ
      ニッキー・ブロンスキー
      ミシェル・ファイファー

       (by MOVIX京都)

[PR]
by rm1015 | 2007-10-20 22:44 | 洋画 [は~ほ]