今年もよろしくお願いします。頑張って月日に追いつきま~す(笑)


by rm1015

プロフィールを見る
画像一覧

S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31

カテゴリ

全体
洋画 [あ~お]
洋画 [か~こ]
洋画 [さ~そ]
洋画 [た~と]
洋画 [な~の]
洋画 [は~ほ]
洋画 [ま~も]
洋画 [や~よ]
洋画 [ら~ろ]
洋画 [わ~]
映画 [アジア系]
邦画 [あ~こ]
邦画 [さ~と]
邦画 [な~ほ]
邦画 [ま~よ]
邦画 [ら~ ]
[過去の鑑賞記録]
みーのつぶやき

タグ

(131)
(112)
(93)
(74)
(60)
(58)
(50)
(48)
(43)
(41)
(38)
(34)
(29)
(27)
(27)
(26)
(20)
(15)
(12)
(9)

お気に入りブログ

素晴らしき哉映画人生
シネマ親父の“日々是妄言”
samuraiの気になる...
映画の心理プロファイル
Stampede
映画館の暗闇に包まれて
かたすみの映画小屋
のんびり映画日記
☆ Inusukeなブログ ☆
利用価値のない日々の雑学
MY PLAGUE
みいと塁のおっさんな毎日
映画のへや
It's a wonde...
太陽がくれた季節
KIBE.POSSIBL...
記憶の滴
Sweet* Days*...
華鈴 の blog
I'm Gonna Be...

リンク。

ブログパーツ

最新のトラックバック

『ロミオとジュリエット』..
from 【徒然なるままに・・・】
ダブル・ミッション
from piece of life ..
幸せはシャンソニア劇場から
from ただの映画好き日記
きな子〜見習い警察犬の物語〜
from ただの映画好き日記
ソルト
from piece of life ..
バウンティー・ハンター
from piece of life ..
NINE
from ただの映画好き日記
シャーロック・ホームズ
from ただの映画好き日記
それでも恋するバルセロナ
from ただの映画好き日記
ラブリーボーン
from ただの映画好き日記

ライフログ


ALWAYS 三丁目の夕日 豪華版


三丁目の夕日


パイレーツ・オブ・カリビアン デッドマンズ・チェスト スペシャル・エディション


パイレーツ・オブ・カリビアン 呪われた海賊たち コレクターズ・エディション


Shall we Dance ?(初回限定版)


フットルース


サウンド・オブ・ミュージック プレミアム・エディション


インファナル・アフェア 限定デラックス DVD-BOX


雨に唄えば


いぬのえいが プレミアム・エディション


スウィングガールズ スタンダード・エディション


十二人の怒れる男


天使にラブ・ソングを 2


パッチ・アダムス ― コレクターズ・エディション


スティング


大脱走


ミスタア・ロバーツ 特別版


絹の靴下 特別版


情婦


私を野球につれてって


第十七捕虜収容所


バンド・ワゴン 特別版

以前の記事

2012年 02月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 07月
2010年 06月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 03月
2010年 02月
2010年 01月
2009年 12月
2009年 11月
2009年 10月
2009年 09月
2009年 08月
2009年 07月
2009年 06月
2009年 05月
2009年 04月
2009年 03月
2009年 02月
2009年 01月
2007年 11月
2007年 10月
2007年 09月
2007年 08月
2007年 07月
2007年 06月
2007年 05月
2007年 04月
2007年 03月
2007年 02月
2007年 01月
2006年 12月
2006年 11月
2006年 10月
2006年 09月
2006年 08月
2006年 07月
2006年 06月
2006年 05月
2006年 04月
2006年 03月
2006年 02月
2006年 01月
2005年 12月
2005年 11月
2005年 10月
2005年 09月
2005年 08月
2005年 07月
2005年 06月
2005年 05月
2005年 04月
2005年 03月
2005年 02月
2005年 01月

検索

その他のジャンル

ファン

記事ランキング

ブログジャンル

画像一覧

カテゴリ:洋画 [な~の]( 12 )

NINE

待望の新作「ITALIA」が撮影開始目前の世界的な映画監督グイド。ところが、脚本は未だ完成せず、頭の中も白紙状態。それでも周囲では準備が着々と進み、制作発表の記者会見はどうにか乗り切ったものの、いよいよプレッシャーは限界を超えてしまう。
c0045529_0313451.jpg

グイド~!!
何て男やねん(;´Д`A ```
何人と関係あんねん!

いい歳して、いつも誰かがそばにいないとあかんねんなぁ~。
一時の栄光にしがみ付いてるだけじゃ、おまんま食い上げでんな。

私は、正直、ペネロペが苦手。
こんな役が多いでしょ。
すぐにキレたりするし。
え~っと・・何て言うのかな・・愛人顔?(笑)
この映画でも、「もう、こんな男にはこんな女しかつかんのかい!」って思いながら観てた^^;

ケイト・ハドソンが可愛かった。
でも。

二コール・キッドマンのあの美しさは(;´Д`A ```
「私は本当はこうなのよ。きれいさもカツラと化粧なのよ」(こんなセリフっぽかった^^;)
って言いながら、ウィッグを外すけど、
いやいや、外しても髪が短くなっただけですから。
全然変わらずめっちゃきれいや~~~~~~~~ん!!
とでかい声を張り上げたくなった(笑)

あと、ジュディ・デンチがかっこよかったのと、
ソフィア・ローレンが「女はいくつになっても女なのよ」的な不敵な笑みに脱帽な作品でした。
歌や衣装は超豪華。
話は・・・二の次かな(笑)

原題:『NINE』
監督:  ロブ・マーシャル
キャスト:ダニエル・デイ=ルイス
     マリオン・コティヤール
     ペネロペ・クルス

    (by 東宝シネマズ西宮OS)

[PR]
by rm1015 | 2010-04-06 00:28 | 洋画 [な~の]

ニューヨーク、アイラブユー

大都会ニューヨークを舞台に、さまざまな愛の物語が展開する珠玉のアンサンブル・ムービー。各国の多彩な監督、11人が参加。
c0045529_0485097.jpg

いろんなお話がギュっと詰まったオムニバス映画です。
いっぱいありましたが、個人的に好きなのは
シャイア・ラブーフのやつ。
静かに淡々と進むけど、何となくホッとする雰囲気。
元スターのおばあちゃん、彼のおかげでよかったね・・って感じですかね。

日本の監督がオーリーを使って何となく粋な作品を撮ってました。
チョコッと日本ぽい感じも出してたのが面白かった。
壁のポスターとかね。

「バレンタインデー」とはちょっと違った「オールスター」映画って感じです。
あっちはスタスタ歩いて、こっちはのんびり、ってとこ?
好き嫌いはあるかも。
辛気臭い感じもあるし、静かなイメージの作品ばっかりやし。

隣でだんなは爆睡でした(笑)

原題:『NEW YORK,I LOVE YOU』
監督:チアン・ウェン
   岩井俊二
   ナタリー・ポートマン
 他 計11名
キャスト:ヘイデン・クリステンセン
     オーランド・ブルーム
     ナタリー・ポートマン

    (by 東宝シネマズ西宮OS)

[PR]
by rm1015 | 2010-03-04 23:39 | 洋画 [な~の]

ニュームーン/トワイライト・サーガ

今回はヴァンパイアの宿敵である狼族が登場、人間の少女ベラとヴァンパイアの青年エドワードの禁断の恋にもさらなる試練と危機が待ち受ける。
c0045529_0134146.jpg

昨夜観たばっかりなので、「?」と思うところがなくすんなり入り込めました(笑)

今回の方が面白かったかな。
見所は「ヴァンパイアVS狼族」?
ジェイコブが、すごいマッチョになっててびっくり。
何たって、「昨夜の今朝」ですからねV( ̄◆ ̄)V
普通は1年経ってるんですが(笑)

何でもこのために鍛えたそうです。

その上、エドワードも、皆のさらしものになるシーンがあるんやけど、
そのために鍛えたそうだ。
しかしヴァンパイアですからね、あんまりマッチョになってもいかんやろ(笑)
やっぱり細くて白かった。
でも強いんです。
飛べるし。
実際、めっちゃじいさんやのに。

エドワードはベラの血に反応しないのかな。
我慢できるものなのか?
それが愛なのか?

ん~・・・何だかすっきりしない部分もありますがね。
けんか別れ的な感じで離ればなれになっても、いつも近くにいてくれる(気がする)エドワード。
なのに飛び込んだベラに対し、死んだと思いこむなんて。
ジェイコブがそばにいたら見えないとか・・・(?)

でも、エドワードと別れたら今度はジェイコブ?
それもなんかなぁ~。
ちょっと自分勝手じゃね?
少しだけイラッと来た(笑)
ジェイコブが気の毒だ・・・・^^;あんなにまでして守ったのに(;´Д`A ```

でも続くんですよ、これ。
今度こそ来年まで待たないとな。

3ではベラがヴァンパイア?マジで?

原題:  『THE TWILIGHT SAGA: NEW MOON

監督:  クリス・ワイツ
キャスト:クリステン・スチュワート
      ロバート・パティンソン
      テイラー・ロートナー

      (by 東宝シネマズ西宮OS)

[PR]
by rm1015 | 2009-12-03 22:05 | 洋画 [な~の]

2012

2012年12月21日に地球滅亡が訪れるというマヤ文明の暦にヒントを得た終末説を基に、世界中で怒濤のごとく発生した未曾有の天変地異に人類が為す術なく襲われていくさまを驚異のスペクタクル映像で描く。
c0045529_0391715.jpg

これはすごい!!ド迫力!!

CGやん、って言ってしまえば終了してしまうけど(笑)
もンのすごい迫力。
本当に2012年になってこうなったらどうしよう?って思うような恐ろしい災害がどんどん起きる・・・。

でもでも。

ちょっと都合良すぎる気が・・・^^;

これって映像としては◎かもやけど、ストーリーとしてはないでしょ。
こんなに自分らだけうまいこと行ったら・・・(笑)

150分以上の大作です。
お金もめっちゃかかってます。
長く感じない迫力と話の展開。

でもさ~、ありきたりっちゅうか・・・

災害が起きて、逃げようとして、逃げてる最中に自分勝手な人が出てきて、その人が少しいい人になって、
主人公がピンチになって、最後は・・・・。

ま、劇場で観る価値はあると思います。
映像すごいし(それだけかい ( ´∀`)ゲラゲラ)

娘と息子がかわいかった♪

原題:  『2012』
監督:  ローランド・エメリッヒ
キャスト:ジョン・キューザック
      キウェテル・イジョフォー
      アマンダ・ピート

       (by 東宝シネマズ西宮OS)

[PR]
by rm1015 | 2009-11-21 21:36 | 洋画 [な~の]

ナイトミュージアム(2006米)

ニューヨークの国立自然史博物館を舞台に、新任の夜警となった主人公の目の前で、展示物が次々と動き出し大騒動を繰り広げるさまをコミカルに描く。
c0045529_0183929.jpg

早速行ってきました。

楽しかった~。
夫婦で行きましたが、これは小さい子供でも安心して見せられますな。

最初観る前に楽しみやったのはロビン・ウィリアムスを観ることと、
「ザッツ・エンターテイメント」でしか観たことなかったミッキー・ルーニーが見られること(笑)

でも、観たあとで気づいたんですけど、
あのトリオ・ザ・じーさんのボス(っていうのかな)はディック・ヴァン・ダイクなんですね。
あの「メリー・ポピンズ」の(゚◇゚;)!!!
何か見たことあるし、すごい「ええ声」やな~って思いながら観てたんですけどね。
c0045529_0292274.jpg


子供の頃に、「こんなことがあったらすごいよな~」って、多分誰もが1回くらいは思ったことがあるようなことが
現実に起こる、みたいな、
正真正銘のおとぎ話なんやけど、
これが大人が見ても笑えて楽しかった。

しかしやっぱり、ロビン・ウィリアムスはうまい。
観てるうちに、川谷拓三に見えてきた・・・( ̄Д ̄;;

エンドロールも楽しかったっす♪

原題:  『NIGHT AT THE MUSEUM 』
監督:  ショーン・レヴィ
キャスト:ベン・スティラー
      ディック・ヴァン・ダイク
      カーラ・グギーノ

[PR]
by rm1015 | 2007-03-19 00:29 | 洋画 [な~の]

ナインスゲート(1999仏・西)

禁断の書と言われる“悪魔の書”を手にした書物ブローカーに起こる迷宮的恐怖を描く。c0045529_1953921.jpg
私、これ結構面白かったんじゃないかと・・・
いろいろ突っ込みどころはあるけど、
映画っちゅうもんにはお約束やしね。
「あの女はなんやねん?」「ほんならあの女は?」「結局あのおっさんはぁ~?」とか、
考え出したらキリがない。
謎多すぎ。
でもそれなりに「なるほどねぇ~」となったのでした。

しかし謎の女の眉毛は・・・あれがイチバン謎だ・・・・

短髪のデップ様もかっこいいわ(。・_・。)_・。)_・。)_・。)_・。)ポッ

原題:  『THE NINTH GATE 』
監督:  ロマン・ポランスキー
キャスト:ジョニー・デップ
      フランク・ランジェラ
      レナ・オリン

[PR]
by rm1015 | 2006-08-25 19:47 | 洋画 [な~の]

ナイロビの蜂(2005英)

アフリカ・ケニアのナイロビ。ガーデニングが唯一の趣味という英国外務省の一等書記官ジャスティン。事なかれ主義の彼は、アフリカで精力的に救援活動を続ける妻テッサの行動には深く立ち入らず、見ない振りを決め込んでいた。ところがそんなある日、テッサは救援活動中に何者かに殺されてしまう。
c0045529_20545154.jpg

観て来ました。
映画館の予告POP見て、観たくなった次第で^^;

「ホテル・ルワンダ」のようなアフリカの景色。
こういう話は、何パーセントかは事実なんですかね。

あってほしくないけどあり得るしなぁ・・・
悪い人ばっかりがせせら笑い、懐を肥やしていく・・・
あ~・・やだやだ!!Σ(`Θ´)=3!!

サスペンスであり、夫婦愛もあり、友情話もあり・・・
見事な社会派ドラマって感じでした。

しかし主演女優のレイチェル・ワイズ、こないだまで見たことなかったのに
いきなり2本目です(前回は『コンスタンティン』)c0045529_20551662.jpg
眉が印象的で、きれいな目の女優さん。
この人の声好きです。
妊婦姿は特殊メイクか~?
マジに見えたんですけど~^^;

さて・・・来週くらいに行けるかな~
『ダヴィンチ・コード』
観て損か得か・・・さてどっち?|* ̄ー ̄|


原題:  『THE CONSTANT GARDENER』
監督:  フェルナンド・メイレレス
キャスト: レイフ・ファインズ 
      レイチェル・ワイズ
      ユベール・クンデ 

        (by 東宝シネマズ二条)

[PR]
by rm1015 | 2006-05-17 20:56 | 洋画 [な~の]

ノーウェイ・アップ(2005米・劇場未公開)

深夜の地下駐車場で正体不明のトラックに襲われた男の
絶望的な逃走を描くアクション・スリラー


これ・・・
昨日観た「事件」を返却に行って、何か借りよう~っと思ったけど、
観てもよさそうな「フォーガットン」「アイランド」、その他新作はみんなレンタル中。

どないする?
c0045529_2114563.jpgあ、「最新入荷作品」の欄に3つある。

その中で気になったのがこれ。

「アクションスリラー」だの、「21世紀の『激突』」だの、いろいろなキャッチに惹かれたのもあって、
聞いたことないタイトルと配役やったけど借りてみた。

結構面白かった。これ結論?
いえいえ、それがね。

犯人はすぐわかってもたし、無理ありすぎやし、
脚本が良かったらもっと面白く出来たと思うし、
それやったらきっと劇場公開になってたんちゃうのかなぁ。
脚本で、このクラスの俳優しか(ってお好きな方すみません)出演できなかったんではないか?
だって、ほとんど知らん顔やったねんもん|* ̄ー ̄|

犯人、最後の最後にわかるとか、やったらもっとおもしろかったかも。
ダラダラと愚痴を並べられてもねぇ・・・^^;

ちょっと安易すぎやし、過程はなかなかハラハラドキドキしたのに、
ラストで

「なんだかなぁ」

っちゅうのはねぇ。

でもまあ、こんなもんかな。


原題「No Way Up」
監督:  ジェームズ・シール
キャスト:グレイソン・マッコーチ 
      エイドリアン・ポール

[PR]
by rm1015 | 2005-12-03 02:14 | 洋画 [な~の]

偽牧師(1923米)

監督:  チャールズ・チャップリン
キャスト:チャールズ・チャップリン
      エドナ・パーヴィアンス
脱獄囚のチャーリーが、牧師になりすまして繰り広げる騒動

40分の中に、ギュッと面白さを詰め込んだチャップリン。
日本で言う、「大正時代」の映画やけど、
今でも充分笑えるし、「いいな~」って思える優しさも入ってます。
今も昔も、「憎たらしいクソガキ」はおるもんで・・(笑)
バナナの皮で滑るとか言うのは、昔からあったんですね。
[PR]
by rm1015 | 2005-09-07 16:34 | 洋画 [な~の]

ネバーランド(2004英・米)

監督:  マーク・フォスターc0045529_1519034.jpg
キャスト:ジョニー・デップ
      ケイト・ウィンスレット
      ダスティン・ホフマン
[ストーリー]
永遠の名作“ピーター・パン”誕生にまつわる真実の物語を描いた感動のヒューマン・ストーリー。父を亡くし心を閉ざした一人の少年と劇作家ジェームズ・バリとの心の触れ合いと、2人の交流が新作劇“ピーター・パン”へと結実していく過程を、事実をベースに、繊細かつハートフルに綴る。


よかったですね~。
ジョニー・デップがちょっと違う感じがしたけど・・・。
J・バリって、つかみどころのない少年のような人やったらしいけど、
つかみどころのない・・・と言えばJデップなのか?
特に好きなわけでもないし、正直「シークレット・ウィンドウ」しか観てないので
偉そうには言えないんですけど(笑)

ピーターのかわいい顔と、涙が見る見るうちに浮かんでくるあの目には、
正直やられました。泣かされました。

Dホフマンの出方がもったいなかった。
もっといい役なかったのか???
って、バリ、ピーター、他の子供たち、子供の母親、ピーターパンのほかに、
これと言ったいい役ってなかったけど。。。
すっかりおじいちゃんぽくなってたけど、とても味のあるいい役者さんですよね。
端役に回るのは早い気がするなぁ~・・・・
[PR]
by rm1015 | 2005-08-28 15:19 | 洋画 [な~の]