今年もよろしくお願いします。頑張って月日に追いつきま~す(笑)


by rm1015

プロフィールを見る
画像一覧

S M T W T F S
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31

カテゴリ

全体
洋画 [あ~お]
洋画 [か~こ]
洋画 [さ~そ]
洋画 [た~と]
洋画 [な~の]
洋画 [は~ほ]
洋画 [ま~も]
洋画 [や~よ]
洋画 [ら~ろ]
洋画 [わ~]
映画 [アジア系]
邦画 [あ~こ]
邦画 [さ~と]
邦画 [な~ほ]
邦画 [ま~よ]
邦画 [ら~ ]
[過去の鑑賞記録]
みーのつぶやき

タグ

(131)
(112)
(93)
(74)
(60)
(58)
(50)
(48)
(43)
(41)
(38)
(34)
(29)
(27)
(27)
(26)
(20)
(15)
(12)
(9)

お気に入りブログ

素晴らしき哉映画人生
シネマ親父の“日々是妄言”
samuraiの気になる...
映画の心理プロファイル
Stampede
映画館の暗闇に包まれて
かたすみの映画小屋
のんびり映画日記
☆ Inusukeなブログ ☆
利用価値のない日々の雑学
MY PLAGUE
みいと塁のおっさんな毎日
映画のへや
It's a wonde...
太陽がくれた季節
KIBE.POSSIBL...
記憶の滴
Sweet* Days*...
華鈴 の blog
I'm Gonna Be...

リンク。

ブログパーツ

最新のトラックバック

『ロミオとジュリエット』..
from 【徒然なるままに・・・】
ダブル・ミッション
from piece of life ..
幸せはシャンソニア劇場から
from ただの映画好き日記
きな子〜見習い警察犬の物語〜
from ただの映画好き日記
ソルト
from piece of life ..
バウンティー・ハンター
from piece of life ..
NINE
from ただの映画好き日記
シャーロック・ホームズ
from ただの映画好き日記
それでも恋するバルセロナ
from ただの映画好き日記
ラブリーボーン
from ただの映画好き日記

ライフログ


ALWAYS 三丁目の夕日 豪華版


三丁目の夕日


パイレーツ・オブ・カリビアン デッドマンズ・チェスト スペシャル・エディション


パイレーツ・オブ・カリビアン 呪われた海賊たち コレクターズ・エディション


Shall we Dance ?(初回限定版)


フットルース


サウンド・オブ・ミュージック プレミアム・エディション


インファナル・アフェア 限定デラックス DVD-BOX


雨に唄えば


いぬのえいが プレミアム・エディション


スウィングガールズ スタンダード・エディション


十二人の怒れる男


天使にラブ・ソングを 2


パッチ・アダムス ― コレクターズ・エディション


スティング


大脱走


ミスタア・ロバーツ 特別版


絹の靴下 特別版


情婦


私を野球につれてって


第十七捕虜収容所


バンド・ワゴン 特別版

以前の記事

2012年 02月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 07月
2010年 06月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 03月
2010年 02月
2010年 01月
2009年 12月
2009年 11月
2009年 10月
2009年 09月
2009年 08月
2009年 07月
2009年 06月
2009年 05月
2009年 04月
2009年 03月
2009年 02月
2009年 01月
2007年 11月
2007年 10月
2007年 09月
2007年 08月
2007年 07月
2007年 06月
2007年 05月
2007年 04月
2007年 03月
2007年 02月
2007年 01月
2006年 12月
2006年 11月
2006年 10月
2006年 09月
2006年 08月
2006年 07月
2006年 06月
2006年 05月
2006年 04月
2006年 03月
2006年 02月
2006年 01月
2005年 12月
2005年 11月
2005年 10月
2005年 09月
2005年 08月
2005年 07月
2005年 06月
2005年 05月
2005年 04月
2005年 03月
2005年 02月
2005年 01月

検索

その他のジャンル

ファン

記事ランキング

ブログジャンル

画像一覧

ある日どこかで(午前10時の映画祭)

母校で初演を迎えていた新進の劇作家リチャードのもとへ現れた老婦人は、金時計を手渡すと“帰ってきて”という言葉を残し去っていく。数年後、再び母校を訪れたリチャードはその町のホテルで一枚の肖像画に心を奪われる。そこに描かれた美女エリーズは、かつての老婦人の若き日の姿だった。
c0045529_1643426.jpg

この作品、まったく知らなかったです。
よく映画を観てた頃なのに。
流行らなかったのかな?公開当時は・・。

あり得ない話なんやけど、何故か「はあ~?ありえへ~ん」とは思わせない何かがあるんですね。
だって、「この人に会いたい!」って思って「その写真の時代」に行けるなんて。
なのに、観てて「会えてよかったね」って思えるんですね(笑)
そして、訪ねてきたその男を「キショい兄ちゃん」とは思わないヒロイン。
何故か魅かれていく。
ふつーないっしょ。
時代が時代なら「いやん、ストーカー!?」ってなるよ。
時代に合わないスーツ姿。自分のことを何故か知ってる気味の悪さ。
でも魅かれていく。

主人公を演じてたクリストファー・リーヴ、こんな役もやってたなんてビックリしました。
スーパーマンのイメージがあまりに強すぎて・・・。

まさに「愛は時を超えて」。
一途な思いが遂げられたってことね。
エリーズに逢いに行く方法も、思いっきり古典的ではあるけど、
「バックトゥザヒューチャー」のハシリとも取れるな^^;
あれは進歩してたしな(笑)

でも、冒頭のシーンを思い出すと・・・

時代がクルクル廻ってる?時計持ってたしな~^^;

原題:  『SOMEWHERE IN TIME』
監督:  ジュノー・シュウォーク
キャスト:クリストファー・リーヴ
     ジェーン・シーモア
     テレサ・ライト

   (by 東宝シネマズ二条 1980年作品)

[PR]
by rm1015 | 2010-05-26 16:39 | 洋画 [あ~お]